« 今後の浦和の行く方向 | トップページ | 久しぶりの勝利 »

2008年10月26日 (日)

第30節 新潟戦(10/26@東北電力ビックスワン)

 ACLを敗退してしまうと、日程は随分とあいてしまうのですね。今日の試合から、2週間おき、おっと天皇杯がありましたか。勝たないことには、楽しみがどんどん減って行く。今日の試合は、勝ってください。しかし、永井造反で帯同せず。まあ、何かと外野はうるさいがやるべきことはやりましょう。

F1040090 F1040087

 スタメンは
---高原--エジ---
-----ポンテ----
山田-阿部--細貝-平川
-堀之内-闘莉王-坪井-
-----都築-----
サブは、堤・ウッチー・岡野・達也・セル・梅崎。ウッチー・岡野がはいるが、ユースの選手は高橋・原口は日本ユース、山田はユースの試合の日程の関係で出れない様子。若手をメンバーに入れてほしいという要望もあるとこですが、物理的に無理のようです。

 前半、やってくれましたね。ダメダメの展開。何で山田を左サイドに入れるの、だめなことは神戸戦でわかりきったことではないですか。いきなりのネガティブモード炸裂でしたね。実際、山田は神戸戦で悪いとこを修正して試合に、臨むわけないですよね。いつもながらの、マイペース。山田は、左サイドで持っても、縦に突破することはない。これではチームとして機能するわけがない。
 高原・エジミウソンのFWも、前からボールを追うがいい球が来ない。きても、フォローの絶対人数が少なく、新潟の2ラインのDFを崩すには攻めにさく人数が少ない。ポンの、前の試合に比べれば、まだましだったかも、しれないが、思うようにいかずいらいらモードは全開だと思います。
 山田以外の選手も、動きが少ないし、攻めにかける選手の数がすくない。チャンスはセットプレーからの闘莉王くらい。新潟は、河原・アトムらを使ってダイナミックな攻めをしてくるのかなと思ったが、矢野・アレッサンドロへのロングパスに終始する。しかし、セットプレーでは危険なプレー多い。矢野には堀之内がつくが、これがまたミスマッチで、堀之内は矢野のスピードの対抗出来ず。矢野ってそれほど、スピードあったっけ?と思えるくらい堀之内は矢野にやられまくり。ファウルで止めるしかない。イエローは後半にもらったのでしたっけ。後半は2枚目のイエローをもらうのではという内容のひやひやのプレーぶりでした。

 後半に入ると、山田と平川のポジションチェンジ、当たり前でしょう。山田を左サイドで使うなんて愚行は絶対に今後一切行って欲しくない。また、阿部・細貝のボランチが積極的に前線に飛び出すようになる。これによって、攻めにかける人数が厚くなり、前半よりはましかなという感じです。でも、だんだんと足が止まりだす。
 新潟は、セットプレーから絶好機を作るが、都築がファインセーブを連発、闘莉王のゴール前のクリアがあって、どうにか失点を防いでいる。攻めは相変わらずの低調状態。高原→達也で、少しは攻めは活性化するが達也の裏を狙う動きも、いまいちスピードないか?
 相変わらず、堀之内は矢野へのマークでひやひや状態。2枚目のイエローくらってもおかしくないプレーとか、簡単に振り切られと、このミスマッチが勝負の綾かなと思いました。
 今日も点が入らないかと思い始めた後半35分頃、前線に細貝が上がり、細貝がPAでポストプレー。エジの動きにつられ、細貝のマークが薄くなった瞬間、細貝はうまくターンしてDFを振り切り、ゴールを決める。FWの動きのような得点でした。後は、時間を使い、ポンテ→岡野後退しタイムアップ。まことに不格好ながら、久々の勝利でした。まあ、今の浦和にとっては、内容より勝利のほうが重要であることは間違いない。

 今節は、鹿島・大分敗退、名古屋引き分けで上位が崩れたことにより、また一段と激しい混戦模様となる。大分は、鹿島・名古屋との対戦を残している。これが、結構ポイントかもしれない。また、ACL敗退により浦和も日程的余裕がでてきており、うまく立て直しができれば、また違った展開もありえるかもしれない。浦和は残り全部勝つしかない。

|

« 今後の浦和の行く方向 | トップページ | 久しぶりの勝利 »

コメント

前半はいつもの糞サッカーでしたね。
でも、後半はかなりよかったと思います。
細貝のゴールもまだまだ個の力に頼ってる感は否めませんが、細貝があの位置にいることが大事なのです。
前半の7-0ー3のシステムはもう勘弁です。
都築は前半は精彩を欠いてましたが、千代反田と寺川のシュートを止めたのは大きかった(寺川って、まだやってたんですね(笑))
坪井も後半は読みが冴えてて、動きもキレてたような気がします。
山田は右サイド以外なら無しで。
相変わらず、ゲルトは交替枠を全て使わないですね~。
時間稼ぎのためにも、ロスタイムで2人を交替させればいいのに・・・。
なぜか岡野投入もギリギリまで待つし、わけがわかりません。

投稿: kobatake | 2008年10月27日 (月) 00:51

首の皮一枚残った感じですね。とにかく全勝しかないですね!三年前も何度となく上位がこけてました。ただ勝たないと話にならないので。自信を失っていたら、勝者のメンタリティーを思い出すことが大切です。

投稿: さいもん | 2008年10月27日 (月) 07:39

しかし、山田から進んでポジション・チェンジを進言されるゲルトは?

投稿: ホイチョイ | 2008年10月28日 (火) 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第30節 新潟戦(10/26@東北電力ビックスワン):

« 今後の浦和の行く方向 | トップページ | 久しぶりの勝利 »