« 09シーチケのご案内 | トップページ | 浦和4位後退 »

2008年9月28日 (日)

第27節 名古屋戦(9/28@瑞穂)

 今日の1戦は今年のリーグ戦の行方を決めるといっても過言ではない。水曜日のACLでは、今シーズン最高の出来といっても良かった。その原因は、エジ・高原で前線から積極的に、前半から労を惜しまずプレスを掛け続けたこと。また、ポンテと高原・エジとのコンビが良くなってきている。名古屋云々より、水曜日の出来を今日も出せるかがポイントです。駒場の京都戦と合わせて2連勝すれば、浦和が1歩抜け出す。 

今日のスタメン
---エジ---高原----
 -相馬--ポンテ---平川-
 ---細貝----啓太---
 --阿部--闘莉王-坪井--
 -----都築-------
サブは、山岸、堤、堀之内、山田、梅崎、永井、エスクデロ。浦和は、山田に替え啓太をスタメン起用。主審は松村。

 前半、お互いにプレスがきつい。しかし、名古屋が左サイドからのサイド攻撃を中心に攻め立てる。しかしながら、クロスが不正確で怖さはない。名古屋は、ヨンセンが中盤まで下がり、起点となりボールは良く回るが、攻めの人数が少ないためか、怖さはあまりない。小川の攻めも余り目立たない。

 浦和も、中盤でボールがつながりだすと浦和のペースとなる。浦和は右サイドを中心に攻める。CKから阿部ノヘッド、右サイドから平川のシュートと惜しい場面が続く。ポンテと高原・エジの連携が良くなる。相馬はトイメンの小川を見ているのか、今日の攻めは右サイド中心となる。

 高原は確実に調子を取り戻しつつある。体のキレが戻ってきている。右サイドから切れ込んで、DFを切り返しでかわしてシュートと決定機を作る。この辺の動きは、好調時の高原が戻ってきている。

 その後、高原が切れ込んで左の相馬にわたり、相馬のクロスがDFの前で跳ね上がり、媚び超えたところに、エジが飛び込んでヘッドを決め浦和が先制。前の3人の動きが良く、啓太・細貝の動きもからんで中盤を浦和が支配して前半終了。

 後半立ち上がりに、右サイドからのクロスを巻に決められ同点。なんか、見てると巻が決めたのは、悪いが出会い頭の1発という感じで、もう少し集中力があればというとこなんでしょうね。その後は、浦和も名古屋も足がとまり、ぐたぐたした試合となる。お互いに見どころ無しです。名古屋は、攻めの選手をかえたが、結局最後は守りの米山を起用して引き分け狙い。名古屋がそれでも、3人選手交代したが、結局浦和は高原→永井の交代のみで、やはりバランスが崩れるのが怖かったのでしょうが、下位のチームだから積極的な選手交代をして欲しかった。光明が見て前半と違い、後半は本当にお寒い内容でした。

 勝つための戦術、選手交代はどうすべきなのか?バランスを崩すのを恐れたら、去年の二の舞いですね。そのために、獲得した選手もいるわけで、このところ全く使われなくなった梅崎は何を思う。

|

« 09シーチケのご案内 | トップページ | 浦和4位後退 »

コメント

なんか、梅崎は来期はいないような気がしてなりません。
交替も無難と言うか、予想通りの内容。
首位の名古屋相手とはいえ、大分が負けただけに勝っておきたかったですね。
浦和には抜かれもせず、名古屋には離されもせずの負けた大分の望んだ結果になってしまったような気がします。

投稿: kobatake | 2008年9月28日 (日) 23:45

負けない選択をしたのだから止むをえない。

投稿: ホイチョイ | 2008年9月30日 (火) 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第27節 名古屋戦(9/28@瑞穂):

« 09シーチケのご案内 | トップページ | 浦和4位後退 »