« さあ、寝よう! | トップページ | 【今日の更新に関するお知らせ】 »

2008年9月18日 (木)

速報アル・カディシア戦

  浦和にとって、今年のACLの開幕戦となる今日の一戦。また、これからの連戦で日程的にもきつくなり、ACLを勝ち上がれば、特に代表選手について言えば、これから2ヶ月は週2試合の超過密日程となる。出来れば今日一戦は、相手の出方を見つつ、余力を残して戦いたいところ。
 スタメンは、
FWーエジミウソン・永井
MFー相馬・山田・ポンテ・阿部・細貝
DFー坪井・闘莉王・堀ノ内
GKー都築
 アル・カディシアはクウェート代表と言えるチームのようですが、主力4人が欠場しているらしい。現地時間で夜11時の試合開始だが、スタジアムさ満員、浦和サポーターは狭いアウェイ・エリアに押し込まれている様子。
 浦和のファーメーションは、エジミウソンの1トップで永井が右に張っており、山田の位置はボランチなのか中途半端な感じ。お互いに手探り状態での立ち上がり。永井にいい感じでボールが回り、浦和のペースかと思ったところ、セットプレーから失点。右サイドのFKから都築の鼻先でバックヘッドですらされ、あっさりと失点。
 浦和も反撃に出て、永井が右サイドを突破して、GKとDFの間に絶妙なクロス、エジミウソンがスライディング・シュートを決めて同点。
 後半に入り、エジミウソンの折り返しを永井が決めたかに見えたが、エジミウソンの位置がオフサイドの判定。どうも山田の位置が中途半端で無駄人になっているような気がする。それでも、永井・相馬の両サイドの攻撃で浦和が有利にたっている。
 アルカドシャは、ゴール右45度のPAからFK。これを壁の大外から巻いて来る鮮やかシュートで勝ち越し。浦和は、細貝→平川で、永井を2トップの位置に戻して反撃に出る。
 しかし、カウンターから相手アタッカーに坪井がかわされ、堀ノ内がチャージにいくが、これがPA内の反則て判定され、堀ノ内は2枚目のイエローで退場、PKを決められ決定的な3点目が入ってしまう。
 その後、永井→高原と交代。アル・カディシアは逃げ切り体制に入りましたが、浦和はその隙をつく。
 闘莉王がPA内の右サイドで粘り、こぼれたボールをエジミウソンが決める。今日の勝敗には関係ない1点だが、ACLはホーム&アウェイのアウェイ・ゴール制を採用しており、貴重な得点。ただし、これを生かすのは来週の埼スタ決戦に持ち越された。

|

« さあ、寝よう! | トップページ | 【今日の更新に関するお知らせ】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報アル・カディシア戦:

« さあ、寝よう! | トップページ | 【今日の更新に関するお知らせ】 »