« 第27節 名古屋戦(9/28@瑞穂) | トップページ | W杯最終予選メンバー発表 »

2008年9月29日 (月)

浦和4位後退

 昨日の名古屋戦は、双方痛み分けという内容で引き分けに終わり、順位を1つ下げ4位へ後退となった。
 エキサイティングでダイナミックなサッカーが出来たとストイコビッチ監督は語った。SBがサイドのMFの外を回って追い越していく。中央ではボランチがオーバーラップし、それによるダイナミズムとスムーズな連携。そこに浦和との決定的な差がある?そうかな、平川が高くは張ることによって、相馬は終始小川をケアしており、ボランチの上がりもそんなにたいしたほどでなかったような気がしました。
 さすがに、後半は連戦の疲れからか動きが止まってしまったが、浦和の時間帯の時は浦和の方がダイナミズムがあったような気がしました。内容的にはそんなに悲観するものではないと思いました。ただし、どうしても連携が続くわけで運動量を求めるのであれば、選手交代の必要性が求められるのではないでしょうか。昨日も選手交代は結局一人で、疲労困憊の選手もいるわけで、その辺が必要かと。
 梅崎は全く出場の機会が無くなってしまったし、セルも鹿島で見せてくれたパフォーマンスを見てみたい。後は、堀之内・堤を使い阿部・闘莉王に休暇を与えても良いと思う。
 リーグも後7試合(浦和は8試合)で終盤に突入です。浦和は昨日の名古屋戦で上位との対戦は終了した。後は着実に勝ち点を積み上げるのみ。今年は順位に一喜一憂はしない。

 さて、降格争いですか熾烈を極めてきました。札幌は鉄板として、その後を柏・大宮・東京V・千葉・磐田が争う。開幕からずっと調子の上がらなかった千葉も自動降格圏を脱出した。かえって、最近調子を崩して勝ち点を上げられなくなってしまった柏・大宮がヤバいような気がしました。

|

« 第27節 名古屋戦(9/28@瑞穂) | トップページ | W杯最終予選メンバー発表 »

コメント

チームはそれなりに上向きなので、あとはベンチワークだけなんですよね~。
オジェックとの時に思いましたが、臆病的采配が目立ちます。
若手をベンチに入れても使えない(信頼できていない)、オジェックのツケが出てますね(-_-;)

降格争いは大宮がやばそうな気がします。
最初はチーム全体に勢いはあったけど、リーグ中盤からデニス・マルケスの決定力でもっていたような気がします(そのデニマルも確か離脱中)
あとヤバいのは磐田ぐらいですかね~。
千葉は深井の補強が大きい。
柏はフランサがなんとかしてくれるでしょう(笑)

投稿: kobatake | 2008年9月29日 (月) 09:33

人の恨みをかうようなことをすれば必ずわが身に帰ってくるいい見本。大宮にはさっさと行ってもらいましょう。

投稿: ホイチョイ | 2008年9月30日 (火) 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦和4位後退:

« 第27節 名古屋戦(9/28@瑞穂) | トップページ | W杯最終予選メンバー発表 »