« 角界汚染! | トップページ | W杯最終予選開幕 »

2008年9月 4日 (木)

ナビスコ杯準決勝

ナビスコ杯の準決勝が昨夜行われた。清水vsG大阪、名古屋vs大分の組み合わせで、浦和、鹿島も既に敗退しており、非常に地味な対戦となった。
現在のリーグ戦の調子からすれば、名古屋vs大分は、事実上の決勝戦と言っていいかも知れないが、内容的にはしまらないものだった。クリアボールがヨンセンに当たりゴールインしたり、バックパスがウエズレイにわたり同点となったり、そんな内容でした。大分は5バックの完全に専守防衛戦法ですね。浦和も、13日の対戦相手は大分ですので、大分の戦い方を良く研究しておく必要あります。大分は、これで13試合負けなしだそうです。相手にとって不足は無いですね。
G大阪は、バレーが移籍してしまったら攻撃に迫力は無くなってしまったようだ。Jのレベルが落ちてきているような気がしてならない。浦和にしてもそうだが、見ていてワクワク感のある試合が少なくなってしまった。勝負なのだから、勝敗に拘るは当然だが、興業という側面もあるわけですから。

|

« 角界汚染! | トップページ | W杯最終予選開幕 »

コメント

お約束ですが、準決勝がやってることさえ知りませんでした(笑)
G大阪はバレー移籍が大きいですね。
バレー移籍後、すぐにロニーを獲得したことは浦和も見習いたいもんですが、ACLでは浦和より先に消えそうな気がします。

浦和は大学屈指の左SB、阪南大の野田の獲得に動いているらしい。
野田は元FWで大学からSBにコンバート。
以前はセレッソの香川と一緒にプレーしていて、そのセレッソが受け入れている強化指定選手とのこと。
今のところはレッズとセレッソが獲得に動いてるらしい。
中村さん、受け入れ先とは言えセレッソ相手に「獲れませんでした」はあり得ないですよ(仏の顔も三度まで)


投稿: kobatake | 2008年9月 4日 (木) 12:26

kobatake さんへ>
お約束のそのコメントを待っていました。

投稿: ホイチョイ | 2008年9月 4日 (木) 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯準決勝:

« 角界汚染! | トップページ | W杯最終予選開幕 »