« ある休日の穏やかな午後 | トップページ | 速報アルカデシィア戦 »

2008年9月24日 (水)

今日はアルカデシィア戦

浦和の試合はありませんでしたが、昨日のJリーグは、何気に見所満載でしたね。
名古屋vs 千葉は、名古屋が先制するが、後半立ち上がりに連続得点して、守備陣の集中により、名古屋の反撃を抑え逆転勝ち、名古屋は6連勝ならずでしたが、決して調子を落としているわけではない。次節は、浦和との上位対決となり、これは後半戦を占う意味合いも大きい。
大分vs札幌は、大分は6連続無失点を逃すが、終了寸前のゴールで勝ち越し、札幌にロスタイムに同点に追いつかれるが、ロスタイムのラストプレーで勝ち越し、何か起こる時は、神懸かり的なことが起こる。浦和は来期の監督にシャムスカをロックアップするべし。
磐田はヤバいですね。オフト監督就任も実らず、瓦斯に大敗。失点するとDFラインがズルズルと後退し守備陣が崩壊する。自動J2降格圏へ突入、降格が現実味を増してきた。
広島は、そんな中J1復帰を決めた。まだ7試合を残し、シーズン終了まで2ヶ月という異例の速さで決定。ただし、広島の面子、展開しているサッカーを考えれば、J2いること自体がおかしかったと言う事ですね。

さて浦和ですが、今日はACLアルカデシィアとの一戦です。エジミウソンの終了間際のシュートで一点差に追いついたので、とにかく今日はどんなしょっぱい勝ち方でいいから、失点を一点に押さえて勝つ事です。特にアルカデシィアのペンシュアールのFKには要注意なので、ゴール前での不用意な反則はしないことが肝要です。ACLを一回戦っただけで敗退は嫌だ。そして、日本のチームも是非とも勝って下さい。中東への遠征は勘弁してもらいたいものです。勝って勢いをつけて、名古屋戦に臨んで欲しいものです。負けは許されない重要な一戦です。

|

« ある休日の穏やかな午後 | トップページ | 速報アルカデシィア戦 »

コメント

名古屋は相変わらずいいサッカーをしてるみたいですね。
調子は悪くなくても絶対的強さを感じないので、まだまだもつれそうな気がします。
千葉は監督が変わって最初は結果が出ませんでしたが、徐々に調子を上げてきてますね。
特に深井の加入は大きいと思います。
大分はやはり直接対決で止めておきたかったですね~。
ただどう見ても、大分の方がいいサッカーをしているので、浦和が先に取りこぼすと精神的余裕も与えてしまうことになり、抜くのは不可能になるような気がします。
圧倒的な強さで広島が昇格を決めましたが、それに続くチームの中で湘南が頑張っているのには驚きました。
トゥット、それなりに活躍してるみたいですね。
エジと交換ってのはありえませんかね?(笑)

今日のアルカデシィア戦。
ホームとはいえ、苦しい戦いになるでしょう。
アルカデシィアにつけこむところはいっぱいありますが、こちらがベストメンバー組めないのが痛い。
結局、達也は間に合わず名古屋戦も欠場が濃厚。
エジも捻挫とか言ってましたが、変に丈夫だから結局スタメンなんでしょうね(^^;)

投稿: kobatake | 2008年9月24日 (水) 11:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日はアルカデシィア戦:

« ある休日の穏やかな午後 | トップページ | 速報アルカデシィア戦 »