« 大分戦に向けて | トップページ | 明治製菓経営統合 »

2008年9月10日 (水)

来期のACL&ナビのレギュレーション

 来期からACLのレギュレーションが大幅に変更になる。それに伴い、ナビスコ杯のレギュレーションも変更になるようです。
 ACLの今季の出場チームは、東アジアでは日本・韓国・オーストラリア・中国・タイ・ベトナムから各2チームの合計12チームでした。各リーグの実力を反映せずに、サッカーリーグのある国から一律に2チームの出場。(インドネシアからの参加がなくなった)12チームが3チームに分かれ、各組の1位のみがノックアウトステージに出場することにかる。
 Jリーグからとベトナムリーグからの出場チームが同じなのはおかしいですよね。というわけで、各リーグの実力を反映した出場チーム数に変更になる。日本・韓国・中国からは4チーム、オーストラリアから2チーム、他は予選勝ち上がりが2チームの合計16チームで、4組に分かれ2位までがノックアウト・ステージに出場する。ノックアウトステージ1回戦は一発勝負?、準々決勝と準決勝はホーム&アウェイ、決勝戦は中立国での一発勝負となる。
 決勝戦の中立国開催は微妙ですが、予選では韓国と中国のチームとは必ず当たる。予選からは2位まで勝ち上がれるため、変更としては面白い。
 この変更によりナビスコ杯のレギュレーションも変更になる。JリーグのACLに出場しない14チームを7チームの2組に分け、1回戦総当たりの予選リーグを行い、上位2チームが決勝リーグに出場する。ACLに出ると出ないでは面白みが随分と違ってくる。それから、ACLの優勝チームの特権はなくなる。これを考えると、去年の浦和の優勝は優勝の瞬間はホームでたちあえたし、予選免除もあってラッキーだった。

|

« 大分戦に向けて | トップページ | 明治製菓経営統合 »

コメント

前回までの各国2チームというのは、「平等にチャンスを」って考えじゃないですかね。
う~ん、リーグの実力を反映して中国も同じ4チームですか・・・。
韓国はわかるけど、中国は代表とか見てると技術以外のところで問題ありまくりですからね~。
確かに、前回出てた中国のチームは「つぇ~」と思いましたけど、なんか引っ掛かりますね(^^;)

投稿: kobatake | 2008年9月10日 (水) 12:14

移動を考慮して、東と西を分けたのは良いが、中国・韓国・日本に出場チームがかたよりすぎるのは?です。
決勝が中立国で一発勝負はなあ。かりに、中東の国と韓国との決勝で日本での開催なんてなったらガラガラだろう。

投稿: ホイチョイ | 2008年9月13日 (土) 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来期のACL&ナビのレギュレーション:

« 大分戦に向けて | トップページ | 明治製菓経営統合 »