« 五輪代表アルゼンチン戦 | トップページ | てんこもり@本川越 »

2008年8月 1日 (金)

さいたまシティ杯バイエルンM戦

 毎年恒例のさいたまシティ杯、いわゆる真夏の花試合です。欧州リーグ開幕前の欧州チームが、調整とアジアマーケットの開拓を兼ねてやって来る。一昔前は、レギュラークラスは出場せず、看板に偽りありという試合が多かったが、最近はそうでもなくなったきており、バイエルンもベストメンバーで望んできた。
 浦和のスタメンは
FWーエジミウソン・セル
MFー梅崎・相馬・平川・阿倍・啓太
DFー堤・堀ノ内・坪井
GKー都築
達也、永井はベンチにもいない。
バイエルンは、
FWークローゼ、ポドルスキー
MFーシュバイシュタイガー、アルティントップ、ゼロベルト、ファンボメル
DFールッシオ、ラームら、怪我のリベリー、ユーロ絶不調だったトニ以外はフルメンバーです。
 前半で、試合的な興味は失われました。クローゼの先制点は、坪井の足がもう少し長かったらということです。でも、ゼロベルトのクロスはいやらしい、本当に紙一重のとこに上げていました。2失点目は、シュバイシュタイガーの浮き球に対して、GKとDFがかぶってしまいました。ポドルスキーには触れていないのでは?3失点目は、ミスからカウンターをくらい、ポドルスキーに決められたもの。相馬・平川のサイドはいつになく積極的だが、FWへの納まりが悪い。
 後半に入り、高橋・原口の若手、闘莉王を入れて巻き返しを図る。相馬の左サイド突破から、いきなり中に切れ込む。こほれたボールを梅崎が決める。
 しかし、またポドルスキーに決められる。これも、2失点目と同じでロビングボールをDFの裏に上げられた。こういうシーンでJリーグではお目にかかりませんよね。浦和も参考にしたらと思うようなプレーでした。後半に入ってから、テレビの画面を切り裂き前線に駆け上がる選手が目につく。高橋・原口・阿部の3選手、やけくそ気味に見えたが、阿部が執念のオーバーヘッドで一点返す。後半だけみれば、2−1で勝っていたんですね。前半と後半で試合内容に大きな差があった試合でした。まあ、若手が活躍したということで。

|

« 五輪代表アルゼンチン戦 | トップページ | てんこもり@本川越 »

コメント

トニやリベリーは来なかったですが、それでもレギュラーのドイツ代表組をほとんど揃えてきましたからね。
達也も永井もいないのでは、こんなもんじゃないでしょうか。
エジも出るようなことを聞いていて本当に親善試合って感じだったので、試合自体はあまり興味は無かったです。

投稿: kobatake | 2008年8月 1日 (金) 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さいたまシティ杯バイエルンM戦:

« 五輪代表アルゼンチン戦 | トップページ | てんこもり@本川越 »