« 第20節 柏戦(8/9@埼スタ) | トップページ | 勝者のメンタリティー »

2008年8月11日 (月)

五輪代表ナイジェリア戦

北京五輪の日本代表はナイジェリアに敗れ、予選敗退が決まった。負ければ予選敗退が決まる試合、攻撃的に序盤から積極的に前に出ていく意図は感じました。
内田・安田がサイドを突破しチャンスを作る。谷口に合わせ絶好の場面を作るが、谷口のシュートはGKの正面へ。
ナイジェリアはスピードとフィジカルで日本を圧倒するが、ミスで得点機を逃す。しかし、日本の攻勢をしのぐと、日本の後半からの失速を見透かしたような試合運びで、後半に立て続けて得点を上げる。2失点ともドリブル突破がきっかけとなり、日本の守備網は切り裂かれ、日本にはない豪快な攻めで、反則で止めるしかない。日本のDF陣も必死に食い下がったが及ばない。
試合の行方が見えた終盤に相手GKのミスキックから豊田が1点を返すのが精一杯でした。
しかし、内容は過去の試合のビデオを見せられているような展開でした。選手は懸命に走り、好機は作るのだが、肝心のシュートの段階になると、技術不足から、ゴールの枠を捉えられない。これは日本代表についても言えることで、日本サッカー界が抱える構造的な問題であるとも言えます。翻って、Jリーグの得点ランキングは外国人に占められ、日本人ストライカーはいない。日本人得点王も福田しかいない。気持ち的にも中山ほど熱いハートをもった選手は出てきていない。安易にFWを外国人に頼ってきたつけが一気に出ている感じがします。
また、ワールドユースで準優勝したシドニー世代から、アテネ世代への世代交代が上手くいっていないと言うか、シドニー世代の貯金をすっかり食いつぶしている印象があります。北京世代で誰がなるのか。内田・安田・香川らがいます。しかし、チームの柱にる選手は?

また、AFCの4チームの8試合消化して勝ち試合は0です。恥をかきに五輪に行っているのか?

|

« 第20節 柏戦(8/9@埼スタ) | トップページ | 勝者のメンタリティー »

コメント

ナイジェリア戦の失点は相手の見事な崩しやカウンターですが、やっぱり選んだ選手に問題があったような気がしますね。
この強豪国がひしめく予選リーグはとにかく負けない事が大事。
セットプレーでの得点も期待出来る青山はぜひ残しておいて欲しかった気がします。
ナイジェリアの1点目は、ラグビーのオープン攻撃を見ているような本当に美しいゴールでした。
ああいう風に前がかりになった時に次々と選手がゴール前に飛び出してくる攻撃をしてほしいですね(A代表もレッズも!)

啓太が不調なんで、細貝だけでも早く帰国させてくれませんかね~(笑)

投稿: kobatake | 2008年8月11日 (月) 09:25

ナイジェリアは強いですね。スピード・上手さも!一人でもいいので、レッズに来ていただきたい気がします!

投稿: さいもん | 2008年8月12日 (火) 07:34

反町ジャパンはあっけない終戦。もう少し、やり方があったのでは?

投稿: ホイチョイ | 2008年8月14日 (木) 08:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五輪代表ナイジェリア戦:

« 第20節 柏戦(8/9@埼スタ) | トップページ | 勝者のメンタリティー »