« 五輪代表ナイジェリア戦 | トップページ | 名誉ある撤退 »

2008年8月12日 (火)

勝者のメンタリティー

 北京五輪の男子百㍍平泳ぎで、北島が見事に五輪2連覇を達成した。
当初はライバルのハンセンとの一騎打ちの展開が予想されたが、新鋭のダーレオーエンが予選、準決勝を通じ、五輪新を連発し、一躍優勝候補に名乗りを上げていた。準決勝の記録では、0秒39の大差で内心焦っていたに違いない。
 しかし、前半は大きくゆったりと泳ぎラスト15㍍で勝負。実際のレースもプラン通りで、前半はダーレオーエン・ハンセンに先行を許すか、折り返して浮上した時点でトップ、これで勝負ありという感じでした。
 それにしても、場数を踏んだだけで、これだけクールなレースが出来るようになるものだろうか?時がくれば、自然と自分の世界を築く抜群の集中力が北島の勝負強さの源泉にある。今回も、ダーレオーエンという新鋭の登場も、神経を研ぎ澄ます材料にして、大舞台で集中力を発揮してきた。これぞ、まさに勝者のメンタリティーだと思います。

 かたや、柔道の金丸、調子は良かったと思います。消極的な試合運びが多い日本勢ですが、積極的な試合運びで、ポイントを奪ったまでは良かったが、その後、肩を脱臼してしまい一本負け。その後の敗者復活戦でも右手一本で戦うが敗退。
 金丸はじめ日本の柔道代表はメダル候補だと思います。しかし、北島とは何が違う?それは、メンタリティーなんでしょうか。勢い一気にいってしまうということはあると思います。しかし、今回の北島も山あり、谷ありです。その中で、いかに実力を出せるようにメンタル面も鍛えておかねばならない。そして、それが、大舞台で出すことが出来る、これが勝者のメンタリティーと言うことなのでしょうか。

|

« 五輪代表ナイジェリア戦 | トップページ | 名誉ある撤退 »

コメント

あまり興味が無くなってしまったんですが、オグシオの試合は最後まで見ちゃいました。
中国の圧勝でしたね。
中国ペアも相手が日本で2人とも美人じゃ、いつも以上の力が出たんではないでしょうか。
見た目は美人をイジめる・・・でした。
オグシオが中国人だったら、日本vs中国でも自分は間違いなく中国を応援してたでしょうね(笑)

投稿: kobatake | 2008年8月12日 (火) 10:24

バトミンの中国のあのパワーちょっと異常のような気がします。女子の対戦ですよね?
ただオグシオも苦手意識が先行したようで、その時点でアウトだったんでしょう。
北島には頭が下がります。200mでも「天使の羽」でカッ飛んでもらいたいです!

投稿: さいもん | 2008年8月13日 (水) 07:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝者のメンタリティー:

« 五輪代表ナイジェリア戦 | トップページ | 名誉ある撤退 »