« 北京五輪日本女子チーム奮闘 | トップページ | 速報磐田戦 »

2008年8月23日 (土)

惨敗、星野ジャパン!

 北京五輪の野球も準決勝が、韓国との間で行われた。結果は、序盤のリードを守り切れず、2-6の敗戦、惨敗といってもいいでしょう。

 序盤に、2点を取り、6回まで2-1のリードで7回から、藤川→岩瀬→上原の必勝リレーの展開に持って行けたが、藤川が同点打を喫して、8回には岩瀬が李にホームランをくらい、痛恨の逆転。9回には、反撃する気力さえ残っていなかった。

 しかし、必然の敗戦です。星野ジャパンは基本は守りの野球、先制しそれを投手陣を中心に守り切る。しかし、あまりにも、打てなすぎ。4番の新井はいいとこで打てないし、西岡・川崎の1・2番コンビは怪我のため普段の実力が発揮できず。また、打力を買われて代表入りした村田・GG佐藤も実力発揮できない。GG佐藤は、打線のブレーキだけでなく、肝心な場面で守備のエラーをしてしまう。

 やはり気持ちの問題ですね。韓国と違い勝ちたいという気持ちで負けていましたね。リードした場面で追いつかれると、一気に崩れてしまう。やはり、全員プロの金満集団ですから、勝負に対する執着心も薄くなってしまうのですかね。

 

|

« 北京五輪日本女子チーム奮闘 | トップページ | 速報磐田戦 »

コメント

予選リーグの韓国戦は星野監督は、自分のミスと選手を庇っていたが、準決勝の韓国戦は間違いなく監督の采配ミスだった思います。
ポイントはやはり追い付かれた藤川を岩瀬に変えたところ。
その流れは勝利の方程式。
同点でやるべきではなかったと思う。
しかも岩瀬は予選リーグで打たれましたからね。
打てないこともありますが、精神的に脆すぎ。
予選リーグの阿部といい、準決勝のGG佐藤といい、あの失点で緊張の糸が完全にキレた。

投稿: kobatake | 2008年8月23日 (土) 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惨敗、星野ジャパン!:

« 北京五輪日本女子チーム奮闘 | トップページ | 速報磐田戦 »