« 土合駅に行ってきた! | トップページ | 北京五輪日本女子チーム奮闘 »

2008年8月21日 (木)

代表ウルグアイ戦

 W杯アジア最終予選開幕に向けた強化試合に、南米の古豪ウルグアイを迎えての対戦となった。ウルグアイはFIFAランクは24位で、メンバーには欧州組も含まれており、日本の実力を図るには絶好の相手となった。
 日本代表は、欧州組は伸二・長谷部のみ。スタメンは
FWー玉田・達也
MFー中村憲・伸二・長谷部・青木
DFFー駒野・中澤・高木・阿部
GKー楢崎
 岡田ジャパン初召集で、最近好調な達也はどんな動きをするか?久しぶりの伸二は?内田・安田と生きの良いSBは怪我の為、欠場で駒野・阿部の起用となる。闘莉王は怪我で高木の先発。FWは矢野・巻・田代ら電柱系はいない。
 前半、ウルグアイも南米予選の最中で、ほぼレギュラーに近いメンバーで、親善試合とはいえ本気で臨んできた。中盤のパス回しは、日本は良かった。達也が入ったことにより、DFの裏を取る動き、そしてゴールを狙う気持ちは日本の攻撃にアクセントをつけていた。また、右サイドからは駒野が積極的に攻撃を仕掛けていたが、全体的な押し上げがいまいちだったような気がした。
 後半に入ると、伸二のパスから右サイドを抜け出した中村憲のクロスがOGを誘う。このあたりから、ウルグアイにもエンジンがかかる。対人プレーでも本番さながらのコンタクト、プレスをかけて位置も的確で、高い位置でボールを奪うと一気に攻勢を仕掛けてくる。その後、3失点、闘莉王がいないとセットプレーから得点の匂いはしない。
 伸二は、前線の動きに絡んだ時間帯もあったが、消えている時の方が多かった。やはり、少ない運動量は致命的で、監督からもダメ出しされた様子でした。
 やはり、ウルグアイは強がった。本番を前に、本気モードでたたかってくれたは収穫と考えるしかないですね。

|

« 土合駅に行ってきた! | トップページ | 北京五輪日本女子チーム奮闘 »

コメント

伸二の運動量は厳しいですね。伸二は上手いけど周りが連動しない。ポジションが違うから比較にならないけど、達也は皆にアクセントをつけてくれる。
天才と言われる伸二がどうもフィットしないのはなんでですかね?それにしても昨日の三点目の失点はお粗末でした。

投稿: さいもん | 2008年8月21日 (木) 19:59

ウルグアイ強かったですね~。
これでもワールドカップに出られないなんてことがあるんだから、南米のレベルの高さには驚かされます。
終了間際の絶好のチャンス、山瀬じゃなくてフリーで右にいた大黒に出してほしかったなぁ(気付いてなかった?)

投稿: kobatake | 2008年8月21日 (木) 23:51

日本、韓国、イラン、サウジの4カ国とオーストラリアとウルグアイの勝った方、どっちのほうが強い?アジア枠は2つでいいかも。

投稿: ホイチョイ | 2008年8月22日 (金) 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表ウルグアイ戦:

« 土合駅に行ってきた! | トップページ | 北京五輪日本女子チーム奮闘 »