« 五輪なでしこジャパン | トップページ | エジミウソン戦力外? »

2008年8月 8日 (金)

北京五輪U23米国戦

 北京五輪の男子予選米国戦がおこなわれた。日本は
FWー森本
MFー香川・谷口・本田
ボランチー梶山・本田拓
DFー長友・森長・水本・内田
GKー西川
 前半は完全に日本ベース。好機は再三作った。内田・長友・香川らが再三サイド攻撃を行い、テンポ良くボールを繋いで、好守の切り替えも早い。
 しかし荒れたピッチが災いしてか微妙なズレが生じ、米国ゴール前で逸機が続く。ショートコーナーから内田が折り返したが、中央でどフリーの森重が空振り気味にシュートを外した。終盤の谷口のシュートのヘッドも枠の外。前半最後のプレーのCKもボヤボヤしているうちに、前半終了の笛を吹かれてしまう。
 後半立ち上がり、いきなりの失点。クリアミスのようなボールをシュートされ、GKが触ったボールが脇の下をぬけ、コロコロとゴールイン。李・豊田・岡崎と選手交代するが、疲労からかボールと人が連動するプレーが影を潜め、後半は見所の少ない展開となってしまった。課題の決定力を露呈したまま終了のホイッスルを聞く。
 本当にまずい戦いをしたと思います。気持ちとか、メンタルの部分で集中がなく、何となく戦い何となく負けてしまった。選手達は後悔の念で一杯だろう。これが反町ジャパンの終着点と思いたくないが、現実は厳しい。
 この間のJOMO杯もそうだったが、国を代表して戦うという覚悟が希薄です。綺麗にパスを回してゴールに迫るが、ゴールは果てしなく遠い。サッカーに判定勝ちは無い。どんな泥臭い形で良いから、ゴールを上げなくてはならない。まさに、今のサッカー界が直面している問題の典型を示したような試合だった。
 今後の対戦相手を考えると予選突破は絶望的!しかし、日の丸をしょってる気概だけは示して欲しい。

|

« 五輪なでしこジャパン | トップページ | エジミウソン戦力外? »

コメント

本田の「3勝するつもり」は初戦で無くなりましたね。
本田自身も肝心な場面でボールが足につかなかったりで、本当にビッグマウスどまりでした。
他の試合結果を見る限り、出場国の中で一番弱そうな気がします。
なんか、男子サッカーはもう終わったって感じですね。
女子の方がまだ望みがあるような気がするんで、そっちを応援します。

投稿: kobatake | 2008年8月 8日 (金) 09:25

日本サッカーの問題点の典型のような試合でしたね。点を取るには、シュートをせねば。

投稿: ホイチョイ | 2008年8月10日 (日) 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪U23米国戦:

« 五輪なでしこジャパン | トップページ | エジミウソン戦力外? »