« 「クライマーズ・ハイ」をみてきた | トップページ | 第18節川崎戦(@埼スタ) »

2008年7月21日 (月)

速報川崎戦

 DF陣が安定しない浦和、闘莉王のDFへのカムバックが期待されるとこだが、今日は阿部・堀ノ内・細貝と守備の選手が3人出場停止であり、さすがのゲルトも闘莉王はリベロでの起用。川崎の攻撃陣をいかに押さえ込むが今日のポイント。
スタメンは
FWーエジミウソン・高原・達也
MFー平川・相馬・啓太・山田
Dー堤・闘莉王・坪井
GKー都築
サブーウッチー・岡野・梅崎・高橋・永井・セル
主審ー扇谷
 半立ち上がりは浦和ペース。前の3人をペースに、サイド、2列目からの飛び出しもあり、浦和が中盤を支配。闘莉王中心のDF陣は安定感あり。坪井も復調気配、心配なし。
 達也→高原、闘莉王のタイミングの良いロングシュートあり。啓太のパスから、高原らしい動きから先制点を決める。
 時間の経過とともに浦和のミスが目につく。ジュニーニョ、ジュニオールの決定期あるが何とか防ぐ。CKの流れから前に残っていた伊藤に決められる。
 浦和は足が止まり、中盤にスペースが出来る。啓太が集中力不足からか、決定的なミスを2回犯す。川崎も足が止まり、消耗戦の様相を示す。
 後半に入ると、浦和のペース。達也→永井でサイドに基点を作り、この時間帯に得点が取れなかったのが致命的。2失点目の直前のプレーはハンド臭かったか、カウンターが見事にはまる。3失点目もミスから!負けるべくして負けた試合、高原が先制点を上げるという絶好の立ち上がりから3失点の逆転負け。今の浦和の状態を示した敗戦。
 ゴール裏からは、「ゲルトくそったれ!」コールが飛び出る。今の浦和には、のりしろはない。とうとう来るべきときがやって来た。

|

« 「クライマーズ・ハイ」をみてきた | トップページ | 第18節川崎戦(@埼スタ) »

コメント

出ました、また試合の結果に影響する得点に絡む大誤審。
あれは、間違いなくハンドでレッド&PKです。
テレ埼で見てましたが、2回程スロー再生で見せてくれたんで、間違いありません。
意義申し立ては厳しくなるせいか、今回はあまり言いませんでしたが、あの誤審は酷過ぎる。

ただ、あの采配ではどっちにしても引き分けが精一杯だったかもしれません。
今日のテレ埼中継の解説は信藤さんでしたが、監督やってほしいなぁと思うほど、適確な指摘でした。

永井投入の場面で誰と交替にするかに対して
「おそらく、エジミウソンでは?」
結局、交替は達也・・・。

山田をDFにして闘莉王をあげたことに対して
「2点差で負けているのに、なぜ3バックにこだわるのでしょうか?」

高原とエスクデロの交替に対して
「これでは、何も変わらない状態ですね。山田を下げてでも点を取りにいくべきでは?チャンピオンズリーグの予選リーグじゃないんですから、得失点差は関係ないんですから」

個人的には永井の交替がエジではなく、達也にした時点で終わったと思いました。
エジをスタメンにいれてる時点で10対11で戦ってるのと変わらないです(キックオフの時点で数的不利決定)

収穫と言えば、坪井が予想以上によかったことぐらいでしょうか。

テレ埼の中継を見るためだけに実家に戻ったのですが、連休最終日がこれじゃメチャメチャ疲れますわ。

投稿: kobatake | 2008年7月22日 (火) 00:38

あのプレーはレッド&PKでしたね。展開は変わっていたかもしれないが、でも誤審を指摘するのが嫌になる展開でした。

投稿: ホイチョイ | 2008年7月23日 (水) 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報川崎戦:

« 「クライマーズ・ハイ」をみてきた | トップページ | 第18節川崎戦(@埼スタ) »