« 08鹿の国に行って来た! | トップページ | 五輪代表アルゼンチン戦 »

2008年7月30日 (水)

最適ポジション

 鹿島戦では、今までの固定的だったスタメン起用の変更を行い、一応の成果がでた結果となった。サポの代表と監督・フロントを交えての話し合いの結果だったようだ。サポの意見がどれだけ反映されたかは想像するしかないが、浦和的な出来事であることは確かです。
 しかし、エジミウソンの固定的なスタメン起用を取り止めたのが、一番の成果だと思う。でも、途中出場のエジミウソンが、精度の良いクロスで、達也の同点弾を演出したのだから皮肉と言えば皮肉。
 途中から出場したセルの動きも特筆ものでした。縦横無尽に動いて、同点弾はセルのおかげだった。中盤でボールをカットして、相手を引きつけサイドのエジミウソンにパスを送り、そのままニアにダッシュして、潰れ役となり達也の得点をアシストした。まさにトップ下らしい動きでしたね。調子を落としている永井・梅崎もうかうかしていられない。
 今の浦和にスタメンが約束されている選手はいない。チーム内で競争をすれば、また良い結果が出てくる。
 坪井は、一時のオドオドしたプレーぶりからは完全に復活した。坪井の復調は、闘莉王のDF起用と相まって浦和のDFを安定させるだろう。
 闘莉王も、鹿島戦では得意な攻め上がりを何故か封印していた。後半のイケイケの時間帯では闘莉王大作戦に出ると思いましたが、自重していました。鹿島のカウンターを警戒してのことか。でも、闘莉王が最終ラインでボールを奪いドリブルで攻め上がるのは迫力ありますね。
 坪井の復調とは逆に堀ノ内の出来が心配です。何故か,鹿島戦も堀ノ内のとこが狙われている気がします。
 堤は坪井の復調でスタメン落ちしたが、SBとしての、特に左足のクロスには定評あること、若いのだから運動量にもあるはずだから、4バックのSBとしての適性を伸ばしてやって欲しい。
 鹿島戦は梅崎を入れて、4バックにしたが、平川を下げての疑似4バックでしたね。闘莉王・坪井のCB、啓太・阿倍のボランチというか2人にはチャンスと見るや、積極的に前線まで駆け上がって欲しい。
 鹿島戦で出来こと、出来なかったことをもう一度良くおさらいしてもらい、2週間後の柏戦に望んで欲しい。浦和に良くあることだが、良化のきざしは見られたが、次の試合はもとのもくあみ。こんなことは是非止めて欲しい。本当の戦いは、これから秋口にかけてからだ。

|

« 08鹿の国に行って来た! | トップページ | 五輪代表アルゼンチン戦 »

コメント

アダイウトンが来日したみたいですね。
ということは、もう入団決定なのでしょうか?
でも外国人枠を無駄に空けておく余裕なんて無いんで、個人的には歓迎してます。
あとはアルパイみたいなことをして、勝てる試合を落とすことにならなければいいんですが。
川崎が「ロビーニョ2世」と言われているレナチーニョを獲得するようです。
川崎は本当にいい外国人を獲得してきますね(ここ数年はハズレがほとんどないのでは?)

投稿: kobatake | 2008年7月31日 (木) 17:26

レニチーニヨってそんなに良い選手なのいですか?アダイウトンは何か微妙ですね。4バックは採用できないのか?

投稿: ホイチョイ | 2008年7月31日 (木) 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最適ポジション:

« 08鹿の国に行って来た! | トップページ | 五輪代表アルゼンチン戦 »