« 第15節 瓦斯戦(7/5@埼スタ) | トップページ | 元ブラジルU-20代表DF獲得か? »

2008年7月 7日 (月)

相互信頼関係

 昨日は、G大阪vs柏の一戦をテレビ観戦した。
柏が運動量のあるプレスとフランサの丁寧なボールさばきにより、李の決勝点を演出し快勝した一戦でした。
 柏は不思議なチームだ。プレスを仕掛ける運動量とその真逆のフランサのプレー。フランサはボールと関係ないとこでは、まさに散歩人ですね。しかし、いったんボールに触るとボールに魔法をかけるというか、ボールに精気を与えてくれる。あの運動量は、闘莉王の動きのほうが、あの倍はあるだろうなという感じです。
 しかし、フランサにボールが渡るとボールが出てくるから、柏の選手は必死でボールを追い越しに掛かる。「必ずボールが出てくると信じ走る」信頼感がなせる技と言うことなのか?
 しかし、フランサにボールが渡った瞬間、柏の選手はくものこを散らすように走りまくりますね。近代サッカーでは、決して通じない戦術ですよね。浦和も出来なかったが、フランサへ渡るバスコースを消せばいいわけです。だけど、それが出来ない。スローモーションのような動きのフランサに翻弄されてしまう。フランサにボールが渡る時は相手DFからもプレッシャーを受けているわけで、それを交わしてボールコントロールしてしまうのは、やはりフランサの技術の高さか?信じるものは救われる?

 ところで、鹿島戦のチケットはおさえられましたか?私はゴール裏はおさえることが出来ず、2Bをおさえたした。ここでも、浦和戦のチケット争奪戦を実感しました。鹿島スタほどキャパがあれば、今まではおさえるのに苦労はしなかったのですが。一昨年からゴール裏の2Fになり、今年からは2Bゾーンです。時の流れを感じます。ところで、2Bの並びと売店事情はゴール裏より少しはましなのでしょうか?

|

« 第15節 瓦斯戦(7/5@埼スタ) | トップページ | 元ブラジルU-20代表DF獲得か? »

コメント

フランサ絶賛ですね。
言われるほどとは思わないけど。

投稿: k | 2008年7月 7日 (月) 08:49

Kさんへ >
そう取りますか。決してフランサ礼賛ではない。フランサを信じて、柏選手が動くからフランサが生きてくる。それを言いたいだけです。

投稿: ホイチョイ | 2008年7月 7日 (月) 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相互信頼関係:

« 第15節 瓦斯戦(7/5@埼スタ) | トップページ | 元ブラジルU-20代表DF獲得か? »