« 鹿スタ到着 | トップページ | 第19節 鹿島戦(7/27@鹿島) »

2008年7月27日 (日)

速報鹿島戦

 どうしても今日は勝ち点3が欲しい試合です。今後の先行きに対して非常に不安を感じる浦和。それは目先の勝ち負けよりも、戦術的なものに対しての不安です。とにかく、今の浦和に戦術的な戦いを感じられるのは出だしの15分だけです。その後はグダグダという試合が続いている。ゲルトは、そのへんにようやく気づきつつある。
 試合前いきなり飛び出た浦和レッズ・コール、イソの出鼻を挫くには十分でした。
スタメンは、
FWー高原・達也・永井
MFー平川・相馬・啓太・阿部
DFー闘莉王・堀ノ内・坪井
GKー都築
サブは、堤・山田・高橋・梅崎・セル・エジミウソン。主審ー吉田。
 エジミウソンは、ようやくスタメン落ち、闘莉王はDF起用、ようやく進むべき道が分かったか!五輪代表はいない。好調の内田がいない分、どんな展開になるか。
 前半、選手の動きは良い。前の三人とサイドが絡んでいい攻めをする。左サイドは浦和で、右サイドは鹿島。平川のミスが目につく。
 テンポよくボールをつなぎ、相馬の抜け出しから平川のシュート、達也の裏を取る動きから抜け出してのシュートあり。
 鹿島は新井場のサイドからチャンスを掴む。展開としては、浦和がやや優勢。しかし、突然の雷雨により試合は中断。屋根の下の2Bシートだったので、雨への対応しなかったため、あっという間にびしょ濡れに。ぐすん(T_T)
 約1時間の中断後、再開されるが小笠原にミドルをくらい失点。
後半も、ペースとしては浦和。ボールは大分いい感じで繋げるようになる。梅崎・エジミウソン・セルの投入。梅崎の投入で4バック気味に、これが浦和には良かった。梅崎が高い位置をとり、鹿島もラインを下げ、右も平川の単騎でなく、セルとからんだ崩し。永井に代わり入ったセルは、前線で動きまわりチャンスメークする。終了前に、セルのカットから、右に流れたエジにつなぎ、最後は達也か執念で押し込む。
 負けと引き分けは大違い。暗闇の中に光明が見えた一戦だった。試合終了後、封印されていた、We Are REDS!久々に流れた内容だった。

|

« 鹿スタ到着 | トップページ | 第19節 鹿島戦(7/27@鹿島) »

コメント

やっと、やってくれましたね。
闘莉王はDF起用、エジのスタメン外し(ついでに山田外しも)
試合後にスタメンを知ったのですが、自分の中ではメンバー的に今の戦力でのベストメンバーに近いかったんでちょっとビックリしました。
今節はガンバが敗れ他の試合も引き分けが多かったんで、鹿島相手に追いついてのドローなら、今のチーム状況を考えれば上出来ではないでしょうか?

話は逸れますが、フッキが今度はポルトに移籍するみたいですね。
バレーは許せるけど、フッキは
「Jを舐めんな!」
って感じです。

投稿: kobatake | 2008年7月28日 (月) 01:53

選手の戦う気持ちが伝わってきましたし、雷雨でびしょ濡れのなったサポも、かたしたいという気持ちが一つに纏まりました。ナイス・ゲームでした。

投稿: ホイチョイ | 2008年7月31日 (木) 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報鹿島戦:

« 鹿スタ到着 | トップページ | 第19節 鹿島戦(7/27@鹿島) »