« 速報川崎戦 | トップページ | 危機感 »

2008年7月22日 (火)

第18節川崎戦(@埼スタ)

 完全な実力負けでした。川崎はシーズン当初のフッキ騒動、関塚監督の交代を乗り越えていました。それは、チーム戦術の浸透ということでしょうか。
 攻撃がもともと売りのチームでしたが、それをペースに堅守速攻の素早くカウンターを仕掛けてきた。戦術浸透力の差というか、今の浦和には戦術は無い。
 確かにオジェックに代わった時に、ポゼッション重視のアクションサッカーを志向するはずでしたよね。しかし、それってACLの予選を戦う中で、雲散霧消してしまった。幸いに、当時はワシントンという絶対的なエースがいたため、良くも悪くも個人の力に頼れば良かった。DFラインは深く、サイドの選手を入れ5バック、時にはボランチまで吸収して7バックで、相手の攻撃を交わしていた。
 しかし、そのDFは研究され通用しないことは川崎戦を見れば明らかです。今日の川崎の鮮やかなカウンター、または2列目からの飛び出しに弱いのです。また、2点差で負けているのに何故3バックに拘る?
 エメ・ワシントンという絶対的なエースがいたため、浦和の戦術は彼らでした。しかし、深いDFライン、間延びした中盤、モダンなサッカーとはほど遠いものです。勝負である以上勝ち負けが第一です。でも、それで良かったのか?選手達も、負けなかったから、今までの方法の踏襲で良かったのか?Jリーグは興業です。そこには、非日常的なワクワク感というものがあっても良いと思います。勝ち負けにこだわり過ぎると、興行としては、非常に味気ないものになってしまいます。レッズワンダーランドとは、その辺を見込んでのことかと思います。
 今日の試合終了後、「ゲルトくそったれ!」コールがゴール裏から響きました。かつて、こんなことはありましたでしょうか。私は暗黒時代は知りません。しかし、降格・J2での苦闘を通じても、このコールはなかったと思います。(カズオ、くそったれ!ケンゾー、くそったれ!が響いてもおかしくなかった。)時代が変わっているということでもあると思います。しかし、今のやり方では明日はありません。加速度がついてしまったら止める術はありません。フロントの決断が求められます。

|

« 速報川崎戦 | トップページ | 危機感 »

コメント

オジェック<エンゲルスではあると思いましたが、無策ぶりはほとんど変わらず。
闘莉王の前で使うというのは、奇策としていい試みだった思いましたがそれがうまくいくとそれを続けるという愚策に出ました。
あれでは奇策もバカの一つ覚えでしかない。
昨日の誤審を抜きにしても、腹の立つ酷い試合でした。
自分はもう今シーズンは中継があっても、試合は見ません。

投稿: kobatake | 2008年7月22日 (火) 09:25

このままでいいわけない!

投稿: ホイチョイ | 2008年7月23日 (水) 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第18節川崎戦(@埼スタ):

« 速報川崎戦 | トップページ | 危機感 »