« 今日は東京V戦 | トップページ | DF陣ピンチ! »

2008年7月18日 (金)

第17節 東京V戦(7/17@ 埼スタ)

 前節の大分戦は、内容も全くなく、結果も0−2の完敗でした。まさに、結果に内容が負の方向で見事にマッチしたお粗末な一戦でした。負の連鎖をいかに断ち切るが課題と思いました。
スタメンは
FWー高原・達也
MFー闘莉王・平川・相馬・啓太・細貝
DFー堤・阿部・堀ノ内GKー都築
闘莉王はなんとトップ下での起用。ゲルトはチームの実情をどう理解しているか。この起用を聞いた、ゲルトに対する気持ちが萎えました。闘莉王に期待するのは攻撃ではなく、守備ではないかと。
 立ち上がり、いきなりフッキにやられました。PA内に侵入したフッキに対して、浦和DF陣は堀ノ内・阿部で止めいくが、簡単に抜かれ阿部がタックルするも、フッキを倒してPKの判定。フッキに決められて失点。
 その後、CKから闘莉王が決めて同点。また、CKから、高原が倒され、そのPKを闘莉王が決めて逆転。しかし、前半終了間際、中盤での悪いボールの取られ方から、フッキに抜け出され、ディエゴにゴールを決められる。最初に、堀ノ内がフッキと競り合うが、弾き飛ばされ時点で勝負あり。フッキがスピードに乗ってしまったら止める術はない。
 後半に入ると、闘莉王がまたCKからヘッドを決めて勝ち越し、闘莉王はハットトリック達成。結局、この1点を守りきり、何とか勝利するが、大いにフラストレーションの残る一戦であった。
 勝つには勝ったが、それ以外に何が残ったか?勝ち点3以外にも内容を求める方が贅沢なのか?
 確かに、トップ下起用に応えハットトリックを達成した闘莉王は立派、しかし、内訳はCKからヘッドで決めた2ゴールとPKで、別にトップ下でなくDFであっても決められたわけだ。この采配をゲルトのヒットするのは早計だと思います。むしろ、チームは深い闇の中に迷い込みそうな予感がします。一応の結果が出ているから、チーム戦術の浸透を図らず、現状維持を貫こうとするなら、後で大きなしっぺ返しがやってくると思います。もはや、浦和には蓄えはありません。その日暮らしで戦って行く?それはそれで一つの見識かと思います。浦和の選手層なら、それも可能かと思います。しかし、それでいいのか?
 今日の一戦も、CKで闘莉王を自由にしてしまった東京Vの戦略ミスだし、フッキクラスになると軽くあしらわれるDF陣、次節は、阿部が出場停止になるが、代わりに坪井が出るなんて采配は見たくない。闘莉王の後ろに、もう1人闘莉王が必要か?とにかく、闘莉王をDFの中核に据えてDFの安定を図って欲しい。

 ごめんなさい、堀之内も出場停止ですね、これなら、闘利王はDFだろう。坪井は危なっかしいが、ジュニーニョのスピードに負けないで欲しい。坪井は、次節は試金石になると思う。奮闘を期待したい。

|

« 今日は東京V戦 | トップページ | DF陣ピンチ! »

コメント

わかりますね~、なんか違うんですよね。
達也と高原の2トップに期待したんですけど、勝ちはしたものの内容は期待外れ。
この2トップが本当の真価は発揮するのは、トップ下がポンテの時なんですかね。

心配していたディフェンスですが、案の定のフッキに崩されて失点。
わかっちゃいるけど、止められないって感じですね(-_-;)

エンゲルスは何で闘莉王を前で使うんですかね。
闘莉王を前に置けば、DFの時よりもっと点が取れるとでも思っているんでしょうか?


投稿: kobatake | 2008年7月18日 (金) 12:24

闘利王ハットトリックも別にDFでもとれた内容。闘利王が得点王というのは、それはそれで面白いが、浦和サポやめます。

投稿: ホイチョイ | 2008年7月19日 (土) 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第17節 東京V戦(7/17@ 埼スタ):

« 今日は東京V戦 | トップページ | DF陣ピンチ! »