« 速報大分戦 | トップページ | ネガティブモードの一夜が明けて »

2008年7月13日 (日)

第16節 大分戦(7/12@九石ドーム)

 今回は試合についての振り返りはしません。何故ならそれは、現在の浦和に対して非常な危機感を抱いているからです。「崩壊への序曲!」03年のナビスコを勝って以来、果敢な経営戦略でJリーグの随一の経営内容、選手の陣容を誇っていた浦和にも、とうとう本当に完全の危機が訪れた。というか、もはや転落の坂道を転げ落ちている。転落への加速力は速い。いったん加速力がつけば止めることは、加速度の二乗の努力が必要になるわけです。浦和は、坂道を転がり出しました。

 それは、中断前からの流れをみれば明らかです。ゲルトの就任、闘利王のボランチという奇策でなんとか、シーズンはじめからの悪い流れを止めることには成功したが、その後が悪かった、それは悪いなりにも、個人の力に頼り結果が出てしまったことに起因する。中断前にリーグ首位はあまりに出来すぎだし、鹿島・G大阪がACLで調子を崩したかと言うことにもよるが、完全に現状に満足してしまった。

 ナビでの敗戦も、主力組が代表・U23に取られたからという、安直としか思えない判断により、戦力補強を行うでもなく、故障上がりのロビー・アレを起用。結果は目を覆いたくなるような内容。ナビを戦う中で問題は明らかになっていたと思います。

 運動量の少なさ。動かない闘利王がボランチは無いでしょう。DFラインも前でうろちょろして、敵の中盤選手に積極的にアタックしない選手はどうかと思います。攻めにしても、流れの中でボールに絡んで欲しい。セットプレーで絡むなら、今までのリベロのポジションでいいのです。ボランチの相棒にかかる負担は大変です。細貝は必至に動いて(浦和でのレギュラー取り、U23があり、モチベーションが高かった。)闘利王のボロが出なかった。啓太に代わると、啓太は前に出て攻めに加わる部分は啓太の弱点であり、それが闘利王とボランチを組むことにより、啓太の弱点も浮き彫りになることに。闘利王・啓太がDFに吸収されてしまいますと、中盤スカスカの前後分断の糞サッカーになってしまいます。

 やはり、長谷部の穴がここにきて一気に出てきましたね。長谷部のように、ボールに絡みながら攻めが出来る。前に、出来れば自分でドリブル突破ができる、そんな選手が必要ではないでしょうか。

 DF陣の劣化の激しさ。坪井にしても、堀之内にしても、浦和の堅守を支えてきた選手の劣化が激しいと思います。2人とも足元の危なさは、昔から指摘されていました。それが、今年は明らかに相手チームから狙われています。相手FWに前からプレスを掛けられると、ボールをつなげなくなり、前へのクリアが精一杯そんな光景が目に付きます。闘利王をDFに戻して、安定したDF陣の構築をお願いします。

 攻めに関して言えば、何故運動量がなく、かつ前線での基点になれないエジミウソンをシタメンで使い続けるのか?確かに今までの浦和のエースFWはエメ、ワシと怪物級の選手でした。彼らと比較するのは余りに酷かもしれないが、ならばもう少し献身的に前からプレスを掛けたり、動きまわることでマークをずらしたり、スペースを作ったり、ポスト役をこなし見方の上がりを待ったり、つぶれ役でニアに突っ込んでもいいし、そこそこ点は上げているもののやはり、物足りなさは否めない。やはり、決定的なのは運動量の少なさ。でも、なぜゲルトはエジミウソンのスタメンに固執するのだろう?やはり、スタメン確保の裏契約か何かあるのか?

 梅崎・細貝の運動量、阿部の頑張りを褒め称える人は多い。でも、彼らのプレーは必要最低限なのではないか。むしろ、それが出来ない浦和の中心選手のほうに問題があるのではないか。

 とにかく、①DF陣の整備、②運動量の足りない選手はスタメンから外す、少なくともこれだけはやって欲しい。ゲルトに変わり、絆創膏を張るくらいの軽い治療法でなんとなく、対処してきて、一応の結果も出してきている。しかし、そろそろ根本的なところでの対処が必要なのでは?勝ち点29で一応の首位だが、降格圏の16位の勝ち点は19、わずか10しか違わないのだよ、去年は10差があった鹿島に最後に逆転されているのです。今年は問題はないと思うが、このまま過ぎれば来年は間違いなく厳しい戦いが待っている。そうならないためにも、今こそ本当に対策が必要だと思います。

 しかし、愛すべき浦和の為、応援はします。だが、今日だけは思いきっりのネガティブ・モードにならざるを得なかった。気持ちを切り替えて、前向きで行きましょう。でも、この雰囲気、00年少し具合が悪くなってクビッツアを呼んだころと似ているような気がしてなりません。

|

« 速報大分戦 | トップページ | ネガティブモードの一夜が明けて »

コメント

やはり闘莉王をDFに戻すこと。まずは守備から建て直すこと。これに尽きると思います。闘莉王も自分がボランチであることでバランスが崩れていることに気付いていないのか?気付いていてあんな調子なら、スタメン外してもいいと思う。
梅崎が目立つ、達也が目立つというのは、動かないで手を抜いている奴がいるから。
とにかく守備!守備!

投稿: さいもん | 2008年7月13日 (日) 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第16節 大分戦(7/12@九石ドーム):

« 速報大分戦 | トップページ | ネガティブモードの一夜が明けて »