« さいたま新都心に出勤 | トップページ | 山岡家@上尾 »

2008年6月13日 (金)

U23カメルーン戦

 北京五輪に出場する日本代表とカメルーン代表の親善試合が行われた。平日の開催とはいえ、国立で行われたにもかかわらず、観客は15560人と寂しい限りでした。
 内容についても、寂しい限りでした。確かに、身体能力でまさる相手に対して、スピードで対抗していたとは思いますが。
スタメンは
FWー森本
MFー本田・谷口・梅崎・梶山・本田
DFー田中・水本・吉田・森重
GKー西川
細貝とセルはベンチ。
 前半、日本は谷口を経由してサイドに振ってていうプレーは効果的。谷口は当たりでも、体格に勝るカメルーンに負けていなかった。
 谷口が競って落としたボールを梅崎が追いついて、絶好のクロスをゴール前の森本へ。流しこめばいいだけであったが、シュートはポスト左にそれる。その後も、左からのクロスに合わせた梅崎のシュートもGKにセーブされた。
 カメルーンの攻撃も、CKから至近距離のヘッドを打たれるが、西川が鋭く反応し止める。西川は、キックも正確で、谷口を狙ったキックでチャンスを作っていた。
 後半は、すいませんまたスリーピング・モードに入ってしまう。
セルは起用されたり、終了間際に水野のFKはパーをたたいたが、結局スコアレスドローに終わる。
 五輪代表発表前の最後のテストマッチで、カメルーン相手に競り負けない強さと守備の連動性は見せてくれたが、やはり、最後の点を取るところに課題を残した。2年前のチーム発足以来、約80人の選手を代表に呼んだが、思うような結果は出ず。最後はオーバーエイジに求めることになるか。

|

« さいたま新都心に出勤 | トップページ | 山岡家@上尾 »

コメント

ワールドカップ予選やユーロをやってる最中とあって、注目度は低かったですね。
いつもなら早めに仕事を切り上げてかえるんですが、自分もあまり興味がなく(どうせ、勝てないんだろ程度)普通に残業してました。
スコアレスドローはなんとなく予想通りでした。
オーバーエイジは今のところ大久保、遠藤辺りっぽいですね。

投稿: kobatake | 2008年6月13日 (金) 09:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: U23カメルーン戦:

« さいたま新都心に出勤 | トップページ | 山岡家@上尾 »