« IE7へアップデート | トップページ | 水温上昇 »

2008年6月18日 (水)

ユーロC組予選最終戦

 ユーロのC組の予選最終戦が、日本時間の今朝行われました。
注目はイタリアvsフランスの対戦、お互いオランダに大敗、ルーマニアに引き分けで、今日の一戦の結果いかんでは両チームとも、予選敗退のピンチでした。予選突破には、お互い勝利するしかなく、攻撃的な布陣で臨むことに。
 イタリアの1点目が全てでしたね。中盤からのフィードをトニがPA内でファールを受け、DFアビダルは一発退場のレッドでPKを得る。これをピルロがきっちりゴール左上に決める、フランスは数的不利で攻めるしかない。
 しかし、フランスはアンリ・ベンゼマのFWの動きがいまいち。アンリは代表チームで輝きを失うのは何故だろう?システムの問題、それとも本人のメンタル面か。また、フランスは開始早々にリベリの負傷退場で失ったのも大きかった。リベリと交代で入ったのがジダンの後継者と言われるナスリ、しかしアビダルのレッドでナスリも交代せざるを得ない、戦略的選手交代も一枚に限られてしまった。
 後半、イタリアもトニはこんなものだろうが、カッサーノの起用がいまいち分からない。しかし、デロッシのちょん蹴りからのシュートを、アンリが余計な足を出して、見事にコースが変わりゴールイン。フランス側すれば全く余計な足を出してくれたと言うことか。
 勝負は、この1点で決まり。アネルカ交代出場するが大勢に影響なし。やはり、前半のフランスDFアビダルの退場が大きかった。
 オランダvsルーマニアは、1位突破を確定してあるオランダはスタメンを9人入れ替え、完全に消化試合モードでしたが、それでも交代選手はしっかりと結果を出して、2−0と実力通りの勝利。ルーマニアもムトゥー頼みでは、決勝トーナメントに進出するには、いささか物足りない。
 この結果、準々決勝はスペインvsイタリアの一戦となる。イタリアは、ピルロ・ガッツゥーゾが累積イエローで出場停止。これは痛い。

|

« IE7へアップデート | トップページ | 水温上昇 »

コメント

やはり、オランダは層が厚い。
主力温存でもこの結果。
攻めも守りもバランスがよくて、今のところ優勝候補№1ですね。
イタリアが勝ったので、ルーマニアは勝つしかなかったわけですが、こうなるとイタリア戦でムトゥのPKをブッフォンに止められたことが響きました。
フランスはアビダルの退場が響きましたが、2列目のタレントがリベリだけではちょっと辛い。
ジダンの後継者と言われてるナスリをもっと見たかった。
スペインvsイタリアはF.トーレスとビジャの2トップをイタリアが抑えられるかですね、厳しいかな(^^;)

イタリアの2点目、触ったのはアンリみたいですよ。

投稿: kobatake | 2008年6月18日 (水) 09:41

アンリのアシスト?
それにしてもレッドはなんで夕張でキャンプなんですかね?経済効果はいかほどでしょうか?

投稿: さいもん | 2008年6月19日 (木) 07:50

ポルトガルとオランダの戦い見たかったが、ポルトガル負けてしまいましたね。オランダもころっと足元すくわれる可能性もありますね。
となると、ドイツ・イタリアですか。

投稿: ホイチョイ | 2008年6月21日 (土) 11:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロC組予選最終戦:

« IE7へアップデート | トップページ | 水温上昇 »