« IPアドレス固定 | トップページ | 代表オマーン戦(6/2 @日産ス) »

2008年6月 2日 (月)

W杯3次予選

W杯の足元3次予選は、今月の残りの4試合が行われる。日本は、今日と土曜日にオマーンと連続で対戦する。
3次予選は、2位までが最終予選に進めるわけで、バーレーンに敗戦を喫した日本としては、オマーン戦は、出来れば2連勝、悪くても1勝1分けで乗り切りたい。そのためには、今日のホームでの1戦が重要です。

スタメン予想は、
FWー大久保・玉田
MFー中村俊・松井・長谷部・今野
DFー長友・闘莉王・中澤・駒野
GKー楢崎

おそらくオマーンは、その辺を見越して、貝のようにガチガチに守りに入ってくると思われます。壁の前でパスをいくら回しても何も起こらない。中村、松井に預けたらPA内に攻め込むこと。そして、積極的にシュートを狙うこと、パスは回れど点は入らないという展開は避けて下さい。
後は、セットプレー、中村俊と闘莉王・中澤の2人が揃った。セットプレーで取った得点を守りきる。そんな展開が見えてくる。
実力的には、日本が圧倒的に有利です。しかし、韓国はホームでヨルダン相手に、2−0の圧倒的に有利な状況から、結局2−2の引き分けになった。何が起こるか分からないのがW杯予選です。
岡田監督に代わって半年、そろそろ選手達が、ピッチで何をしたいのか、選手自身で活路を開く時に来ている。

|

« IPアドレス固定 | トップページ | 代表オマーン戦(6/2 @日産ス) »

コメント

自分もホイチョイさんとほとんど同じ考えで、やはりセットプレーが鍵を握ってると思います。
オマーンなんぞ雑魚だとは思ってますが、ガチガチに守られた時にそれをこじ開ける力が日本にあるかというと?マークがつくので、そのパターンでドローは避けたいところです(まさか、バーレーン戦のようなことはないとは思いますが・・・)

投稿: kobatake | 2008年6月 2日 (月) 10:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯3次予選:

« IPアドレス固定 | トップページ | 代表オマーン戦(6/2 @日産ス) »