« 代表オマーン戦(6/7 @マスカット) | トップページ | ナビスコ終了 »

2008年6月 8日 (日)

速報ナビ名古屋戦

 完全に消化試合となってしまった今日の一戦。注目はボンテと若手の出来です。
スタメンは、
FWー高原・エジミウソン
MFー山田・相馬・細貝・梅崎・高橋
DFー堤・坪井・堀之内
GKー加藤
サブー都築・内館・岡野・ボンテ・山田直・達也・セル
 前半、中村からのスルーパスから、一度は加藤が止めるが、こぼれ球が相手にこぼれて失点。中盤のプレス弱く、そこからサイド攻撃をくうパターン。
 浦和も中盤いいかたちで攻めあがるが、シュートまでいかず。エジミウソンに当て、高原・梅崎が追い越していくが、サイドにボールがいい形で繋がらず、攻撃に厚みが無い。
高橋は序盤に、いいかたちでの突破あったが、その後は音無し。閉塞感漂うなか前半終了。
 後半から、エジミウソンに代えて達也投入。達也投入でリズムをつかみ、梅崎のボレーで同点。その後、達也のシュートで逆転したかに見えたが、直前の高原のオーバーヘッドが反則取られノーゴール。この時間帯に逆転できなかったのが大きかった。
 ボンテ投入するが、集中力をきらしたかのように4連続失点。浦和のDFは杉本のスピードについて行けず。また、覇気も見られず、全く情けない内容。
北側の弾幕は試合終了を待たずに片付けられた。

|

« 代表オマーン戦(6/7 @マスカット) | トップページ | ナビスコ終了 »

コメント

自分は車で外出していて、NACK5で中継を聞いてました。
2点目は山田の軽率なプレーからの失点らしいですね。
浦議でも書きこまれたたし、中継でも水内がはっきり名指しで言ってました。
自分は去年辺りからずっと思ってたのですが、ここ数年は本当に山田の軽率なプレーが目立ちます。
山田のところでボールを奪われて失点というパターンが特に多いんじゃないですかね。
歳をとれば、若い時のように思い通りに体が動かなくなるので、ベテラン選手はプレーに慎重さが要求されると思います。
そろそろ、山田を外すのが現実的になってきていい時期だと思います。

投稿: kobatake | 2008年6月 8日 (日) 19:21

山田は軽率というより、判断が遅い。だからプレーが寸つまりになってしまう。ただ、その山田を脅かす若手が出てこないのは寂しい。
今、浦和でレギュラーをとりやすいなら右サイドだと思います。

投稿: ホイチョイ | 2008年6月 8日 (日) 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報ナビ名古屋戦:

« 代表オマーン戦(6/7 @マスカット) | トップページ | ナビスコ終了 »