« 大勝軒@武蔵高萩 | トップページ | 代表バーレーン戦 »

2008年6月22日 (日)

ユーロ・オランダ敗れる!

 ユーロの準々決勝、オランダvsロシア戦が行われました。断然も優勝候補であったオランダに注目は集まったわけですが、ヒディング率いるロシアにやられましたね。もともと、ユーロは過去8回の大会で、予選を全勝で通過したチームが優勝したのは、フランスだけということだが、今回のオランダにはそのジンクスは通じないないと思えるくらいの、圧倒的な強さで、3戦目は以降の戦いを考えてメンバーを落としたが、それでも勝ってしまう強さを発揮していました。

 オランダは、スタメンはイタリア・フランス戦と同じメンバーで、ロッベン、ファンペルシーはベンチからで、スーパーサブ的扱い。ロシアは、2トップのアルシャビンとパブルチェンコに並べ攻撃的な布陣でオランダに挑む。攻撃的なオランダに、守備的でなく攻撃的にいく、このへんがヒディング・マジックと言われるような采配でした。ロシアは、サイドはきっちり固め、オランダ得意のシピードのあるサイド攻撃を許さない。サイドが上がったスペースに、2トップが流れて、CBを誘い出しての勝負を試みる。

 スピードに難のあるオランダCBは、スピードあるロシアのアタッカーにかなわない。サイドから、結構危険なクロスが上がる。ロシアの方が完全に主導権をとっていました。CKの数も圧倒的ロシアで、オランダはいいところがない。

 先制したのはロシア。サイドからのクロスにパブルチェンコがあわせる。オランダは細かくパスを繋ぐが、ロシアの守備は堅く、逆にカウンターをくう展開になり、オランダも工夫なくミドルを狙うという展開で、ヒディングの思ったとおりの展開となる。

 後半に入って、ファンペルシーを出すが、展開はそうも変わらず。ロシア勝利かと思った公判40分に、スナイデルのFKをファンニーステルロイが意地のゴールを決めて同点となる。オランダは意地を見せて延長突入。

 延長戦は、中2日のロシアに対して、オランダの主力は第3戦目を休んでおり、オランダ有利かと思うが、先に足が止まったのはオランダ。2点目は、カウンターからアルシャビンがオランダDFをかわして、GKの頭こしのクロスを決める。3点目も、アルシャビンがスローインからのボールを決める。ロシアは優勝候補のオランダに対して、守備的にならず真っ向勝負を挑み、それに完全に力勝ちした。ヒディングの采配も立派でした。

 これで、予選1位のチームが3チームとも準々決勝で敗退。そう、華のあるポルトガル、オランダが敗退してしまったのは、全く残念。この流れでいくと、イタリアがスペインに勝つ?でも、ユーロの本大会に出てくるチームには差がほとんど無いということか。どこが勝ってもおかしくない。だらか、ギリシャやデンマークのような伏兵がかってしまう大会もあるわけだ。

|

« 大勝軒@武蔵高萩 | トップページ | 代表バーレーン戦 »

コメント

波乱の連続ですね。
今日の明け方の試合、唯一予選3連勝で残ってたスペインがPK戦の末、イタリアを降したようです。
前回のギリシャみたいにトルコ、ロシア辺りが旋風を巻き起こしますかね~。
それにしても、ヒディングって本当にすごいんですね(笑)

投稿: kobatake | 2008年6月23日 (月) 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ・オランダ敗れる!:

« 大勝軒@武蔵高萩 | トップページ | 代表バーレーン戦 »