« J2チーム数増加 | トップページ | ユーロとW杯アジア最終予選 »

2008年6月26日 (木)

J1再開

 W杯アジア3次予選のため中断していたリーグ戦が再開された。昨日行われたのは、ACLの為に未消化たった、鹿島vs大分、G大阪vs京都の2試合が行われた。
 結果は、両試合とも上位の鹿島・G大阪が1−0で勝利する。両チームとも、6勝4分け3敗の勝ち点22で、首位の浦和とは勝ち点差4の4位、5位の順位となった。負け数は、浦和と同じ3なのですね。
 浦和は前半戦の残り4試合は、柏→瓦斯→大分→東京Vとの戦いとなり、後半戦に入ると、いきなり川崎→鹿島との戦いとなる。7月の戦いはハードなものになりそうです。過去、ホット6と言われた真夏の戦いを失敗した経験もありますので、特に暑いと集中力は途切れがちになります。しっかりと集中して戦うことが重要です。また、負傷者も復活してくるわけですが、コンビネーションも重要です。
 ただ、不幸中の幸いと言いますか、ナビスコは敗退しているので、真夏の過密日程は避けられます。リーグ戦で確実に白星を積み上げて、9月のACLに突入出来ればいいと思います。

 J2は、広島が抜け出しました。2位との勝ち点差も10に広がった。以下の争いは、予想不能で〜す。鳥栖、草津が何気に健闘してますね。草津のホームは正田醤油スタジアムでしたよね。もし、J1に昇格したら、浦和とはどこのスタジアムでやるのだろう?やはり国立?

|

« J2チーム数増加 | トップページ | ユーロとW杯アジア最終予選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J1再開:

« J2チーム数増加 | トップページ | ユーロとW杯アジア最終予選 »