« ユーロとW杯アジア最終予選 | トップページ | W杯アジア最終予選 »

2008年6月28日 (土)

呑龍@川越

旧川越街道を本川越から蔵造りの街へ向かう途中、連雀町の交差点を過ぎて脇道へ入ったところ。F1040063

.

.

.

.

.

.

.

.

とろりポークカレー600円

.F1040062

.

.

.

.

.

 カレー専門の中華料理店、表現が少しおかしいでしょうか?しかし、本当にそうなんです。構え・名前は完全に中華料理屋なのですが、取り扱いしているのは、カレーだけなのです。さらに、カレーもとろりポークカレーのみです。
 テーブル席2つに、カウンター席が5つくらい。席に座れは゛黙っていても、カレーが出てくるわけですが、一応並みか大盛かを聞かれます。大盛は100円増しですが、凄い量ですので、初心者は間違っても大盛は頼まないで下さい。1日20食くらいの限定というか、ライスが無くなると終了になるようです。たから、実は大盛を注文されるのは嫌のようです。大盛を頼んで食べ残しでもするようなら、以後出入り禁止となります。
 カレーのルーですが、かなりの時間のかけて煮込んでいるのがわかります。豚こま肉を煮込んでいるらしいが、豚こまは原型を留めておらず、最初食べた時は挽き肉が入っているのかと思ったくらい。また、野菜もそう、特に玉ねぎでしょうね、これが何とも言えない甘みを出している。
 香辛料もかなり手がこんでいると思います。最初、一口食べた時は野菜を煮込んだ甘みとあいまって、辛さはそう感じない。しかし、辛さがじわっと来ますね!手がこんでいます。秘訣は時間をかけて煮込んでいること。開店している時間より仕込みの方が圧倒的に時間が掛かるようです。

|

« ユーロとW杯アジア最終予選 | トップページ | W杯アジア最終予選 »

コメント

物価上昇のおり、値が上がるんでしょうかね?上がるとまた奥さんのリアクション楽しみです!

投稿: さいもん | 2008年6月28日 (土) 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呑龍@川越:

« ユーロとW杯アジア最終予選 | トップページ | W杯アジア最終予選 »