« 第14節 柏戦(6/28@国立) | トップページ | 攻撃的チームが勝つ! »

2008年6月30日 (月)

ユーロ決勝

 ユーロの決勝は今朝行われた。スペインが、1−0でドイツを下した。
映像は今晩ゆっくり見るとして、やはりスペインは強かった。無敵艦隊が44年振りのユーロ制覇、攻撃的な魅力的なサッカーを見せてくれました。今までですとスペイン選手は、リーガ・エスパニョーラで活躍し、国外に出て行くことは少なかったと思います。しかし、最近は、Fトーレス、セスクらはプレミアで活躍しています。
 決勝点は、Fトーレスで、スルーパスに反応したFトーレスは、ドイツGKとラームがかぶってできた一瞬の隙を見逃さなかった。ドイツの高さある攻撃も、かわしてスペインの完勝と言っても良かったのでは。

 今大会のスペイン見て、思ったのですが、中盤にタレント多いチームなので、ワントップで、場合によってはFWではない選手を起用していましたね。浦和も参考に出来ないか。
運動量の少ない選手は外して、運動量の多い選手で中盤を構成する。あと、4バックの採用。メンバー的には
FWー高原
MFー永井・ポンテ・梅崎
ボランチー啓太・細貝
DFー堤・阿部・闘莉王・平川
こんな、1−3−2−4のフォーメーションでどうでしょう。えっ!細貝は故障中だし、昨日言っていたことと違う?大目に見て下さい。しかし、深い危機感は昨日と変わりません。ゲルトやフロントの、対応の遅さが致命的にならないように切に望みます。

|

« 第14節 柏戦(6/28@国立) | トップページ | 攻撃的チームが勝つ! »

コメント

生で見るつもりはなかったんですけど、結局最後まで見ちゃいました。
結果、徹夜で眠いです~。

スペインの強さが目立ちましたね。
中盤のイニエスタ、シャビのバルセロナコンビとボランチのセナが素晴らしい。
1人でもいいから欲しいですね(笑)
ドイツは後半ほとんどチャンスらしいチャンスを作れなかったので、クラニーとゴメスを投入した時点で同点に追いつくまでひたすらパワープレーに持ち込んで欲しかった。
終盤スペインはゴール前に上げる余裕すら与えていなかったんで。

結果以上にスペインの強さを感じる試合でしたけど、今までの試合と較べる特にこれといった波乱もなかったので、悪い言い方をするとちょっとつまらない試合だったかも。
あと1、2点はスペインの得点を見たかった。

投稿: kobatake | 2008年6月30日 (月) 10:08

早朝3時に起きて観ました。
私は昔からドイツファンでしたが完敗でした。でもいっそ清々しい感じです。
ドイツは予選リーグから戦前の予想に反して、試合内容はいまいちでしたが決勝まできて0:1。今回は勝てませんでしたが「最後に勝つのはドイツ」と言うのも頷けます。
スペインも優勝候補にあげていたのですが予想以上に強かった。海外で活躍している選手も多いからメンタル面も強くなってるし。
レッズの参考にですか?う~ん。個人のレベルがあそこまで行ければね。でもフォーメーションと人選は賛成です。

投稿: JUN | 2008年6月30日 (月) 14:36

昔、チキが取れたころが懐かしい。

投稿: ホイチョイ | 2008年6月30日 (月) 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ決勝:

« 第14節 柏戦(6/28@国立) | トップページ | 攻撃的チームが勝つ! »