« 植田ジャパン | トップページ | 速報ナビ名古屋戦 »

2008年6月 8日 (日)

代表オマーン戦(6/7 @マスカット)

 W杯の3次予選のマスカットで行われたオマーン戦、38度という酷暑の中、しかもひが落ちきらぬ現地時間5時のキックオフ。日本でのTV中継の関係?か、なにもこの時間にキックオフする必要は無かったと思うのですが。
 スタメンは、
-----玉田-----
中村俊--大久保--松井
--長谷部--遠藤---
駒野-闘利王-中澤-内田
-----楢崎-----

 2日のホームの対戦では大勝しているので、今日は負けなければ良い試合。選手たちにもその辺は分かっており、また、暑いこともあり、前目からプレスすることもなく。試合は、淡々と進む。 前半12分、サイドを突破され、フリーの中盤の選手にミドルシュートをくらい、あっさり失点。
 怪我が心配された闘利王ですが、先発出場。暑さからか、選手の動きは少ない。中村にボールが渡っても、フォローが少ない。負けてはいけない試合での、序盤での失点はやってはいけないが、いまいち集中を欠く。
 中澤のCKからのヘッド、大久保のヘッドなど絶好機はあったが、シュートはGKにふさがれる。攻撃は、暑さからのペース配分を考えてか、厚みがありません。スリーピング・モードに入りそうな退屈な展開になる。
 後半、玉田のPA内の突っ込みから、PKをえて遠藤がキッチリ決める。その後、闘利王のチャージをPKを取られてしうが、楢崎がキッカーを動きを読み切って見事にセーブする。
 その後は、相変わらずのグタグタの展開となる。大久保の、相手GKを蹴ってのおろかな退場があるが、その後相手DFが松井をどついて退場。10対10の対戦となる。日本は山瀬を入れて、攻撃の展開はかるが、これも不発に終わる。アウエーで、勝ち点1を取ったのが今日の収穫。

 直前に見た、植田ジャパンとは大違い。あっけないくらいの淡白さでした。

 

|

« 植田ジャパン | トップページ | 速報ナビ名古屋戦 »

コメント

自分がやってるわけではないのでわかりませんが、暑さのせいであそこまでサッカーが変わってしまうもんですかね~?(勿論、芝とかもありますが)
大久保の失態で終わったと思いましたが、相手も松井をどついてくれたおかげで10対11にならずに済みました。
10対10でもあれほどですから、やられてた可能性が高い。
それと闘利王のPK。
あれはその前のプレーで完全にクリア出来なかった駒野が悪い。
駒野がクリアに行こうとしたときに相手選手が来てたんで、「おいおい、そんな余裕もってて大丈夫か?」と思って見てたら、案の定相手選手にあたってクリア出来ず。
向こうも勝てなかったのは痛いですけど、環境でここまで影響されてしまうなら、ぜひ勝っておきたかった試合でした。

投稿: kobatake | 2008年6月 8日 (日) 19:28

大久保はあまりにアホですね。最近はそのアホさ加減は少なくなってきたと思いましたが、こんな場面でやってしまうとは・・・

投稿: ホイチョイ | 2008年6月 8日 (日) 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表オマーン戦(6/7 @マスカット):

« 植田ジャパン | トップページ | 速報ナビ名古屋戦 »