« 第9節 札幌戦(4/29@埼スタ) | トップページ | 西村主審暴言事件 »

2008年5月 1日 (木)

単独首位

 昨日は、Jリーグ9節の残り2試合が行われた。鹿島は、神戸に一時勝ち越しを許すが、しぶとく引き分けに持ち込む。G大阪は2度の勝ち越しを守りきれず、ロスタイムに大宮に逆転ゴールを喫して、痛恨の敗戦。
 この結果、浦和は勝ち点で名古屋と並んだか、得失点差で、名古屋を上回り、単独首位に立つ。開幕2連敗した時から考えれば、良くこの時期に首位になれたものだ。
 鹿島はこれで、ACLを含め5試合勝ち星から見放される。マルキーニョスは復帰するが、DF陣はレギュラー3人が故障で厳しい状態が続いている。
 浦和も、ACL優勝後、4試合勝ち星無しはあったが、5試合はなかった。浦和の場合は、シーズン終盤で、ACL優勝後でモチベーション維持していく上でも厳しい状況であったが、鹿島はまだシーズン序盤でまだまだ弱音を吐く状況にはない。他チームのことでよくわからんが、ひょっとすると、ACLで引き分け、このまま沈没なんてシナリオもあり得るのでは?選手層が薄い上、これだけレギュラーが負傷離脱していれば致し方ないか。でもACLを取るという事は、そういうことを乗り越えて行くことだ。
 G大阪は、さらに重症。攻撃陣が売り物ですが、得意のパスサッカーが研究されてしまっている。また、相変わらず失点が多い。シジクレイの穴が埋めきれていない。山口ー中沢のCBが弱い。3バックにするなどのシステム変更が必要か。
 中断まで、神戸→千葉→川崎→G大阪と4試合続くが確実にこなして行くことが重要だ。

|

« 第9節 札幌戦(4/29@埼スタ) | トップページ | 西村主審暴言事件 »

コメント

確かに結果だけを見ると、無得点で開幕2連敗したチームとは思えないですね。
予想以上にACLの影響が早く出た鹿島、開幕前は警戒してたものの始まってみればイマイチのG大阪と川崎、ここにきて連敗の名古屋。
どのチームも安定感に欠けてるので、今年はまだまだ荒れそうですね。
何回も書いていますが、明らかに去年より点の取れるチームに仕上がっている神戸、大宮、京都辺りからしっかり勝ち点3を取ることが混戦状態から抜け出すカギのような気がします。


投稿: kobatake | 2008年5月 1日 (木) 12:30

ただ秋口に調子を崩すとそのままドボンだが、この時期だと建て直しが効く。それがいまいち怖い。

投稿: ホイチョイ | 2008年5月 1日 (木) 22:55

今の段階で首位だからポンテが戻ってきたら独走かもしれませんね!まずはゴールデンウイークを文字通りにしないと。それにしても巨人はよわいね~!大型補強が全く機能しないのは問題です。

投稿: さいもん | 2008年5月 1日 (木) 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単独首位:

« 第9節 札幌戦(4/29@埼スタ) | トップページ | 西村主審暴言事件 »