« 不祥事相次ぐ | トップページ | レグザに外付けHDDをつなぐ »

2008年5月22日 (木)

ACL予選終了

 ACL予選の最終節は昨日行われた。G大阪に続いて、鹿島もノックアウト・シリーズへの進出をきめた。日本勢は、浦和を含め3チームがノックアウト・シリーズに進出することになった。
 ACLを勝ち抜く難しさが今年も出ました。G大阪は、ライバルと見られた全南とメルボルンにアウェイで、乱戦の末に勝ったのが大きかった。しかし、1試合残して勝ち抜けを決めており昨日の一戦は若手中心の消化試合でした。。
 鹿島は、対戦相手にも恵まれ、北京との一騎打ちを制しての勝ち抜けとなった。北京との直接対決は1勝1敗としたため、決着は最終節までもつれ込んだ。鹿島はタイとベトナムのチームに大勝したが、これが曲者で、この戦い方を引きずったため、リーグ戦では7試合勝ち無しと苦戦に陥った。この原因は、過密日程により故障者が続出したことが一番大きかったが、戦い方の違いからくることにもよった。鹿島は北京以外のチームに大勝し、得失点差25と格下にもぶれのない強さを示した。しかし、これは相手DFがザルであったためで、その感覚でJリーグチームのDF陣に望んでも、攻めは荒くなるだけで結果が出なかった。戦い方は、全く違うわけで極端に言えば、ターンオーバー制をしいて、メンバーを全く変えて戦う方法もありましたね。

 一方、他組はA組ークルブチ(ウズベキスタン)、B組ーサイパ(イラン)、C組ーアルカラマ(シリア)、D組ーアルカドシャ(クウェート)、E組ーアデレード・ユナイテッド(オーストラリア)となりました。
 ノックアウト・シリーズの組み合わせは25日に決まる?ようですね。本当の戦いはこれからです。

 来年以降のACLの方式が改められます。予選出場チームが28から32に拡大し、前年度優勝チームのシードがなくなる。賞金も4倍増の2億円超に増加する。
 また、日本からの出場チームは4チームになる見込みで、リーグの上位3チームと天皇杯優勝チームになる見込みです。また、韓国・中国からも4チーム、オーストラリアから2チームとなる見込みでタイ・ベトナムから1チームずつ?

 予選は、8グループに分かれて行われ、上位2チームがノックアウト・シリーズに出場し、一回戦は1位チームのホームで一発勝負、QF・SFはホーム&アウェイ方式で行われ、決勝は中立国で一発勝負になる。

|

« 不祥事相次ぐ | トップページ | レグザに外付けHDDをつなぐ »

コメント

まずはガンバとアントラーズの予選突破に賛辞を贈りたい。来年からは予選免除もなくなるので、またまた大変なことです。組み合わせで日本勢同士に最初からならないことを祈ります。

投稿: さいもん | 2008年5月22日 (木) 20:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL予選終了:

» ベトナム関連リンク [ベトナム関連リンク]
ベトナムが今注目されています。中国に続く新興国です。 [続きを読む]

受信: 2008年5月22日 (木) 10:52

» 【サッカー】 ショック!韓国プロサッカーはB級、日本はA級〜アジア・プロリーグ実態評価報告書 [究極の宗教 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1211382129/ [続きを読む]

受信: 2008年5月22日 (木) 13:17

« 不祥事相次ぐ | トップページ | レグザに外付けHDDをつなぐ »