« 第7節 大宮戦(4/20@埼スタ) | トップページ | 伝える力 »

2008年4月22日 (火)

川崎戦チケット発売を前に思う

 5月10日のアウェイ川崎戦のチケットが、そろそろ発売されるわけですが、ローソンのLE会員向けの先行抽選販売がありました。結果は、残念ながらはずれ!確か、去年の川崎戦はローソンの先行で、手数料なしで取れました。
 しかし、ローソンはぴあと違い手数料を取っていなかったが、今年から手数料を取るようになる。一枚当たり、システム利用料525円、決済手数料210円、発券手数料105円で合計840円なり。自由席の小中は800円だから、チケットより手数料の方が高くなってしまうということ。
 どうなんですかね、この方法。手数料払ってチケットを入手する確率が上がるなら良いが、今回は外れました。サービス的な向上もさほどないようですし……。
 まあ、こういうシステムで販売すればゲッター対策にはなり、結果的にチケットが欲しい人が入手しやすくなる?と考えたいが、やはり納得がいかない、人の足元を見やがってという感覚におそわれる。チケット販売会社は、リスクを取ってチケットを買い取ることはやっていませんよね。であるならば、これはビジネスモデルとしては成り立たないような気がします。

|

« 第7節 大宮戦(4/20@埼スタ) | トップページ | 伝える力 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川崎戦チケット発売を前に思う:

« 第7節 大宮戦(4/20@埼スタ) | トップページ | 伝える力 »