« 明日の展望 | トップページ | 第7節 大宮戦(4/20@埼スタ) »

2008年4月20日 (日)

速報大宮戦

 名古屋勝って、鹿島・G大阪引き分けという状況で今日は勝ち点3を是非欲しいところ。去年、勝ち星を上げられなかったさいたまの弱いチームとしては、大宮が守備一辺倒なチキンな戦術ではなく、普通の戦いをしてくれるのを望むところです。
 栗鼠も、イソと同じタイミングでマスゲームをやってくれましたね。悪いとこは真似しなくてもいいのよ。
スタメンは、
FWーエジミウソン・高原・永井
MFー相馬・平川・細貝・闘莉王
DFー阿部・堀之内・堤
GKー都築
サブー坪井・岡野・内館・達也・梅崎・山田。
主審は扇谷
 啓太体調不良で欠場。山田はとうとうスタメン落ち、達也がサブに復帰。前半、前の3人は3トップ気味に行くのか思ったか゛、ボランチとの距離感の問題、中盤にスペースがあきすぎで、ボールの落ち着き所が無い。しょうがないから、高原・永井がボールをもらいにくる。
 大宮に2ラインを作らてしまうと、スペース無くなってしまう。しかし、大宮のDFラインの裏にはスペースがあり、そこをいかにつくかということが今日の課題。永井は盛んに裏をつこうとするが、パスの出し手とのタイミングが合わない。阿部からの1本だけだったか。高原は間違いなく調子が上がっています。中央をドリブルで駆け上がり、惜しいシュートを放つ。
 大宮にも、これしかないというタイミングでカウンターを食らう。しかし、なんとか無失点で前半を乗り切る。
 後半に入っても、大宮の2ラインを崩せず。デニマルのポストに当たったシュートがゴールしていれば大宮の戦術とおり。狭いスペースでのつぶしあい、肉弾戦の様相を呈する。こうなると、得点はセットプレーか、こぼれ球が偶然に入る事しか考えられなくなる。つまらん試合展開となってしまった。
 梅崎・達也の2枚替えするが、互いにスペースがあってなんぼの選手。今日は高原残し、高原の1トップでやってもよかたのでは?回りの選手があまりに攻めの工夫が無さすぎ。こんなことなら、闘利王大作戦をずっとやったほうが効果的かと思えてしまう。
 結局、大宮戦後のコメントはいつも同じになってしまう。つまらん試合だった!

|

« 明日の展望 | トップページ | 第7節 大宮戦(4/20@埼スタ) »

コメント

今日の高原はあのシュートでフッ切れたのか、とても良かったと思います。エジは代えても高原は残すべきでした。今日は闘莉王と平川がお粗末でした。特に闘莉王は全く運動量なし!良いとこ取りだけしようとしてるにしか見えませんでした。本来のポジションに戻さないと代表に呼ばれなくなると思います。平川なんて何やってるんだか!仕掛けるプレーってあっただろうか?あと細貝はボールを持ちすぎてはカットされるし。それにしても大宮相手にこんな試合ではね。でも大宮は小林大悟が戻り、両外人もキープ力攻撃力あり、残留争いどころではなく、いいとこにくるのでは?と感じさせるサッカーしてました。戦術についてよくよく議論してほしい。!

投稿: さいもん | 2008年4月20日 (日) 17:13

確かにつまらない試合でしたね。
チャンスらしいチャンスも高原の一人で突破してシュートと永井のバー直撃のヘディングシュートのみ。
試合後、「レッズは前の3人と後ろの7人が別々にサッカーをしている」と大宮の監督が言っていたらしいです。
結局、前3人で攻めるってのはオジェックの時から変わってないのかな?(そういう方針?)
エジを追い越して闘莉王が決めたゴールみたいなプレーをもっと期待してたんですが、今日はそういうのがほとんどなかったような気がします。

投稿: kobatake | 2008年4月20日 (日) 20:13

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報大宮戦:

» [浦和レッズ] J1第7節 ホーム 大宮戦 [flexiblog]
J1第7節 ホーム 大宮戦 Scoreless Draw ダービーマッチとなった一戦は、両者得点無く0-0の引き分け。 もっともっと、何かできただろう。 そう思わせるレッズの試合内容だった。 今年の俺たちは挑戦者。 次のアウェイ京都戦はスカッとした勝利を手にしたい。 ...... [続きを読む]

受信: 2008年4月21日 (月) 01:01

« 明日の展望 | トップページ | 第7節 大宮戦(4/20@埼スタ) »