« 伝える力 | トップページ | 京都戦を前に »

2008年4月24日 (木)

ACL予選

 ACL予選の第4戦が、昨日行われた。勝てば予選突破が決まった鹿島だが、北京国安に0−1の敗戦、前半の失点を取り返せず初黒星。やはりアジアのアウェイは一筋縄ではいかない。ここまで3連勝の鹿島だったが、激しいブーイングにさらされ北京で初黒星を喫した。
 予選突破争いは、得失点差になりそうだが、鹿島には貯金があり、予選突破はまず間違いないところ。しかし公式戦ここ3試合で無得点で、一時の勢いが無いのも気になるところ。過密日程の正念場はこれから本格化する。
 G大阪は、危なげなくメルボルンに勝利して、勝ち点10の単独トップ。この間の鹿島戦で感じたバレー・ルーカス・山崎の距離感の問題は修正したきたようだ。
 G大阪は、去年の浦和と同じような組み合わせで、一番外地と思われたチームが健闘、直接対戦があるので2連敗はまずいが、浦和も去年は勝ち点10で勝ち上がったことを考えれば、予選突破はまず間違い無いと思います。
 日本からは3チームが決勝トーナメントに進みそうだが、組み合わせはどうなりますか?去年の組み合わせを考えれば、前年度優勝チームは、シードされ東アジアのチームとの対戦、遠征負担が無い国との対決となるか。となると、長春・アデレード・浦項の勝ち上がりチームとの対戦となるか?
 でも、韓国代表に城南一和がいないのは寂しい。リーグ戦は制したが、その後のチャンピオンシリーズで敗退したのでしたっけ?城南とは決着つかなかったし、浦和の去年のベストゲームはホームの城南戦だったと思います。対戦は楽しみだったのですが。
 鹿島、G大阪は中東遠征になると思われ、その時のチーム状態も注目です。

|

« 伝える力 | トップページ | 京都戦を前に »

コメント

そろそろ、過密スケジュールの影響が出始めたんじゃないですかね?
まあ、予選は通過するでしょうけど、しんどいのは予選を勝ち抜いてきたチームと対戦する決勝トーナメント。
ホームの試合でも、予選とは違って精神をすり減らしながら試合が続くでしょう。
あの特に戦術がないまま、選手だけの頑張りだけで勝ち取ることがどれだけ大変か鹿島も思い知ることになるでしょう(G大阪の方がそれなりに苦労してるんで、鹿島よりはわかってるような気がします。)

投稿: kobatake | 2008年4月24日 (木) 19:35

城南戦は感動しましたね!PK蹴るのが平川?ってサプライズもあったし。
それにしてもACLで日本勢の潰しあいはやりたくないですね!対戦したら鹿島サポが暴走しそうで。

投稿: さいもん | 2008年4月24日 (木) 20:47

鹿島が今からアップアップなので、中東遠征になったらどうなるんだ?それが、興味がありますね。やはり、知将オリベイラでも過密日程にはかなわないか。
それを考えると、今回の負けは大きい。あと2試合は消化試合ではないのだから。

投稿: ホイチョイ | 2008年4月24日 (木) 22:09

読み返したら、文章の後半がなんかおかしいですね(笑)
要はちゃんとした戦術があっても苦しいのに、戦術無しでそれを勝ち取った浦和はもっと苦しい思いをしたんだってことを鹿島が実感するだろうということ言いたかったのです。

投稿: kobatake | 2008年4月25日 (金) 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL予選:

« 伝える力 | トップページ | 京都戦を前に »