« 太陽と北風 | トップページ | 欧州チャンピオンズリーグ »

2008年4月10日 (木)

ACL予選

 ACLの予選リーグが半分終了した。日本勢はともに勝ち、予選組のトップに立った。
 G大阪は、アウェイでメルボルンに乱戦の末に、4−3で逆転勝ち。G大阪らしい、攻撃力が出てきて調子を上げてきた。G大阪は初戦のチョンブリに、引き分けに持ち込んだのが大きい。G大阪以外の3チームは、1勝1敗の3すくみ状態で、G大阪と引き分けたチョンブリが、勝ち点4で同組2位という予想外の展開。
 G大阪は、現在の調子が上がってきていること考えれば、余程のことがないかぎり予選通過でしょう。勝ち点4上げればまず間違いのないところ。
 鹿島は、同組のライバル北京国安に鹿島らしい勝ち方で勝利。相手が前半に退場者を出したのに関わらす、攻めあぐねたが1点取って勝利。しかし、その後、アジアン・クオリティーの判定により、PKを与えてしまう。しかし、曽ヶ端がセーブしてしまう。あれって、キッカーが蹴る前に動いていなかった?家本さんでなくてよかった。
 鹿島は、これで3連勝で予選通過は確実。今日の勝利は大きい。残り3試合は主力温存のターンオーバーで戦える。ACLで経験積めるというのは大きいと思う。鹿島の誤算は、内田が怪我したくらい。佐々木・興梠と若手もしっかり使ってきたし、小笠原も肉離れ寸前と言いながら、余り影響を感じなかった。
 はっきり言って鹿島は強い。特に狡猾な試合運びは相変わらず。浦和が先制点を取らねば苦しい展開となる。簡単に逆転勝利を与えてくれるような相手でないことは確かです。

 そんな中、川崎の関塚監督が体調不良で入院、優勝候補に上げられながら、成績が上がらないでストレスがたまったことでしょう。ゆっくり休養して下さい。

|

« 太陽と北風 | トップページ | 欧州チャンピオンズリーグ »

コメント

まあ他のチームがどうだとかも重要ですが、レッズはレッズとして今できる事に集中しよう!我々も!

投稿: さいもん | 2008年4月11日 (金) 00:00

ガンバは、なんとか勝ってる感を感じる。
アウェイとはいえ、点取られ過ぎ。
決勝トーナメントでああいう試合をホームでやろうものなら、致命的になりそうですね。

投稿: kobatake | 2008年4月11日 (金) 13:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL予選:

« 太陽と北風 | トップページ | 欧州チャンピオンズリーグ »