« キッチン・ジャワ@川越クレアモール | トップページ | 携帯電話のシェア »

2008年4月 7日 (月)

5節を終えて

 5節を終えたところで、案の定というか鹿島が首位に立っている。去年の終盤からの調子をそのまま維持している。
 5連勝でN得点14、失点2は、他チームを圧倒している。オリベイラ監督の采配も見事。ACLでの戦いを意識して控え選手の使い方がうまい。千葉戦でも、今後の連戦を考えてFWを2枚替え、代わった2人が得点を上げるのだから恐れ入る。
 去年のオジェックのような選手固定の戦い方はしていない。控え選手を出すことにより、チームの活性化を図る、控え選手のモチベーションも上がる、結果を残す、選手層も厚くなるという好循環にはまってきている。
 しかし、そんな鹿島にとっても今週は正念場。水曜日のACL北京戦、日曜日の浦和戦の連戦だ。鹿島はリーグ戦5連勝、ACL2連勝だが対戦相手に恵まれきた側面はある。今週はライバルとの勝負。もし、ここで負けるようなことになれば、今までの連勝は何?という状況に陥ります。だから、浦和は絶対に勝たねばいけない。
 磐田戦後も闘莉王1人にやられたみたいな声が多いが、決してそんなことはないと思う。高原は以前チームにフィットしているとは言い難いが、梅崎・エジミウソンはフィットしてきた、また、開幕戦以来ドタバタとしていたDF陣だが、堀之内・堤が落ち着いてプレー出来るようになってきた。しかし、清水戦も磐田戦も立ち上げりにいきなり失点し、その後も暫く相手のペースとなる。ここは是非注意したいところ。そして先制点が欲しい。まずは、水曜日の北京戦を見てみましょう。

|

« キッチン・ジャワ@川越クレアモール | トップページ | 携帯電話のシェア »

コメント

前にも書きましたが、今年の優勝はアレ&ポンテが戻るまでにどれだけ首位に離されずに持ち堪えるかがカギでしょう。
鹿島に関しても、怪我人が2、3人出てくればいい若手がいるとは言え、絶対に選手のやりくりが厳しくなってくるはず。
レッズにとって、今はまさに耐える時期なんだと思います。

投稿: kobatake | 2008年4月 7日 (月) 11:07

まだ序盤。結果も出れば越したことありませんが、若手の活用でチームの底上げをドンドンやってほしい。

投稿: さいもん | 2008年4月 7日 (月) 21:36

ただ、何気にオリベイラがターンオーバーを採用している、見ていて悔しい。

投稿: ホイチョイ | 2008年4月 8日 (火) 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5節を終えて:

« キッチン・ジャワ@川越クレアモール | トップページ | 携帯電話のシェア »