« 携帯電話のシェア | トップページ | ACL予選 »

2008年4月 9日 (水)

太陽と北風

今週末の、浦和vs鹿島戦はJリーグ前半戦を占う意味でも大きな一戦となる。鹿島がこのまま突っ走るか、はたまた調子が上がらなかった浦和が、順位を上げてくるか、大きな分かれ目だと思います。何か夕刊フジで、太陽と北風と題して興味のある記事を載せていました。
オジェックに代わって監督に就任したゲルトは、磐田戦で途中交代した高原についても、運動量は戻ってきた、調子が上がらないのは怪我による影響として、信頼を寄せている。
また、得意の攻め上がりを解除された闘莉王は、磐田戦ではFWという位置で奮闘。
オジェックの固定選手起用法に代表されるような戦い方からすると、柔軟性に富むゲルト采配。選手の意向を汲み取り、選手に対する信頼感をおいての起用法で、これで選手のモチベーションも高める、いわゆる太陽政策ですね。

かたや、鹿島のオリベイラ監督は、調子の上がらない選手は起用しないという、厳しい北風政策でチームを引き締める。確かに、これだけ連勝が続くと選手起用、戦略とか固定的になりがちだが、ターンオーバー制の採用で、ACLでの過密日程を乗り切っているし、交代した選手も結果を出している。

さてさて、この2人の監督、軍配はどちらに上がるでしょうか。

|

« 携帯電話のシェア | トップページ | ACL予選 »

コメント

どっちも監督のやり方としては、ありと言えばありなんですね。
オジェックみたいな選手の調子関係無しに固定で、若手飼殺しっていうのは絶対に無しですけど(^^;)
スケジュール的にはきつくても、勝ったら勝ったで勢いは付いちゃうんで、北京には頑張ってほしいですね。
せめて、引き分けには持ち込んでほしいな。

投稿: kobatake | 2008年4月 9日 (水) 16:28

オリベイラもに軌道乗るまで時間がかかったことを考えると、ゲルトは凄いと思います。本当にこれでいいの?と思いながらも、連勝する中で、チーム内の連携が深まると思います。まずは鹿島に競り勝つ事!これに尽きると思います。

投稿: さいもん | 2008年4月 9日 (水) 21:04

あーあ、鹿島勝てしまった。つまらん。収穫は内田の怪我くらいか。

投稿: ホイチョイ | 2008年4月 9日 (水) 21:17

なんだかんだいって勝つのは、やっぱり強い証拠。
決めたのはリーグ戦では控えのダニーロか・・・。
オリベイラ、監督してますね~。

投稿: kobatake | 2008年4月 9日 (水) 22:47

いやー恐れ入りました。アゴも宇宙人ぶり発揮して、PK押さえたみたいだし。今週は楽しみだ。

投稿: さいもん | 2008年4月10日 (木) 07:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽と北風:

« 携帯電話のシェア | トップページ | ACL予選 »