« ナビ京都戦を前に | トップページ | 身の丈経営 »

2008年4月16日 (水)

速報ナビ京都戦

F1040045  ナビの予選通過には絶対に落とせない試合。同組の京都・名古屋が何気に調子がよい。また、神戸も侮れない。
 スタメンは、
FWーエジミウソン・高原
MFー山田・啓太・相馬・細貝・梅崎
DFー阿部・闘莉王・坪井
GKー山岸
サブー堀之内・岡野・内館・平川・堤・永井。
F1040046  前半は、鹿島戦の激闘の余韻からか動きがわるい。闘莉王は今日はリベロの位置に戻る。
 右サイドで山田が林にプレゼントパスしてしまい、あっさり失点。その後、ポールはキープしているが、相手ゾーンに入るとスピードダウン。相馬、梅崎のコンビによる崩しも見れない。エジミウソン、梅崎のシュートも単発。しかし、高原が動きまわりスペースは出来ている。惜しいシュートもある。闘利王のロングフィードから、左サイドでポールを受けた梅崎が、シュートし相手DFに当たりゴールし同点で前半終了。
F1040047  後半に入ると、京都はパウリーニョを入れて3トップにしてくる。浦和は山田を下げて4パックで対抗する。前回の教訓はいかされていました。
高原の粘りから、エジミウソンのオーバーヘッドなど、高原もらしいプレーを見せだし、ゴール間近と感じさせた。
 しかし、京都も相応のチャンスをつかんでおり、試合は攻め合いの様相を呈する。
浦和はお決まりのように永井を投入。永井は好調をキープしており、ゴールポストをたたく左足ミドルもあった。永井にボールが渡ると何かが起こる予感。しかし、京都も決定機あったが正確さを欠く。
 ゲルトの3枚目のカードは、堀之内投入の闘莉王大作戦。しかしながら、今日は結果出ませんでした。
 今日の采配で?だったのは、山田→岡野の交代、攻撃的ということだろうが、この交代によりかえってピンチの招いていたような気がしました。また、梅崎いい動きをしていたが、途中でガス欠となり、永井との有効的な絡みも見られず。
 やはり、問題は山積みという感じでした。まあ、山あり谷ありです。一歩一歩前進していくことが、今の浦和には重要です。

|

« ナビ京都戦を前に | トップページ | 身の丈経営 »

コメント

今日はさすがにエジ代えて、高原と永井のコンビという選択しもあったのでは?岡野の投入も微妙でした。ナビスコ優勝の筋書きが消えてしまいそうで、悲しいです!
アレー司~

投稿: さいもん | 2008年4月16日 (水) 22:12

あの失点はいただけないですね~。
このグループって、個人的には死のグループと思ってます。。
絶好調名古屋、今年の台風の目(と自分では思ってます^^;)の京都と神戸。
どこも点が取れるチームなので、レッズが点を取れないと厳しいですね。

投稿: kobatake | 2008年4月17日 (木) 00:48

予選勝ち抜けが非常にピンチですね!

投稿: ホイチョイ | 2008年4月17日 (木) 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報ナビ京都戦:

« ナビ京都戦を前に | トップページ | 身の丈経営 »