« 開幕間近! | トップページ | 株安・円高の負の連鎖 »

2008年3月 3日 (月)

今季の予想

 昨晩のNHKのサンデースポーツを見ていましたところ、Jリーグの今季の予想をしてました。
 その中で、視聴者アンケートによると、優勝チームは浦和50%、G大阪・鹿島各15%、川崎5%というような結果になった。
 浦和は高原を始めする積極的な補強、厚い選手層が評価された格好です。ポンテが不在となる期間の中盤の構成に不安を残すが、アレックスの復帰により山田が真ん中で使えるのは大きい。移籍した梅崎には期待するが、いきなり梅崎頼みにならないとこがよい。伸二・長谷部の穴は大きいが、現有の戦力で十分戦える。
守備陣は去年とかわらないし、高原・エジミウソンの2トップがチームにはまるかだ。
 G大阪も、ルーカス・水本ら補強し、安田ら若手の台頭もあり、戦力的には浦和にひけを取らない陣容だ。しかし、遠藤の代わりがいないのが弱点、遠藤のパフォーマンスの低下とともにチーム力も低下する。
 鹿島は、大した戦力補強もしなかった。選手層も、浦和・G大阪に比べると薄い。ましてやACLが入ってくる。予選で、あっさり敗退すれば問題ないが、ノックアウト・トーナメントに残り、中東勢と戦うことになれば、去年の川崎の二の舞は必死。岩政・大岩のバックアッパーがいないのもつらい。
 逆に今季脅威になりそうなのが川崎!とにかく、ジュニーニョ・チョンテセ・フッキの3トップは強烈。先日の練習試合でも瓦斯相手に3点取って圧勝。ACLにも出場せず、国内の試合に専念出来るのも強みです。しかし、売りの3トップが全員外国人というのは寂しい。
 後は、清水・磐田・名古屋あたりが、これらに続くと思われます。

|

« 開幕間近! | トップページ | 株安・円高の負の連鎖 »

コメント

自分も記事とほとんど同じ考えです。
主力抜きでパンパシを制したG大阪の層の厚さ、試合巧者健在の鹿島は侮り難いが、ACLで勝ち進めばスケジュールに潰されて、必ずリーグ戦に影響が出てくるはず。
優勝はまず無理にしろ、早々に敗退はしないでほしいもの。
やはり脅威なのは、川崎の攻撃力。
起点は憲剛になると思うので、とにかくここを潰したい。
この4チームの先頭集団に付いてこれるチームは、まだわかりませんね~。
去年よりかなり化けたサッカーをしないと、この4強に割って入ることは出来ないでしょう。

個人的な根拠なし予想としては、FC東京と名古屋辺りはそこそこやりそうな予感はあります。

投稿: kobatake | 2008年3月 3日 (月) 11:17

私はレッズを筆頭に、ガンバと川崎の三つ巴を予想!ガンバはバレーとルーカスそして二川で見せたパンパシの強さは半端ないですね!ACLとリーグ戦を勝ち抜く戦力が整ってます!レッズは本当のところどうなのか?ナビスコの戦い方が後半失速しないポイントになると思います。

投稿: さいもん | 2008年3月 3日 (月) 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今季の予想:

« 開幕間近! | トップページ | 株安・円高の負の連鎖 »