« 埼スタ到着 | トップページ | 第2節 名古屋戦(3/15@埼スタ) »

2008年3月15日 (土)

速報名古屋戦

08年のホーム開幕戦は名古屋との戦いとなりました。闘莉王の怪我で、雰囲気的には暗いムードがさらに高まる中、今日必要なのは勝ち点3です。
 スタメンは
FWーエジ・高原
MFー相馬・平川・山田啓太・細貝
DFー堀之内・坪井・阿部
GKー都築
サブは永井・達也・内館・梅崎・堤・西澤
主審ー扇谷
 前半は浦和のペースで始まったかに見えた。高原・エジがキープしてサイドが上がってくる。しかし、決定戦をつかむわけでなく、攻撃の層は薄い。
 そのうちに、名古屋のサイドからのクロスにヨンセンがヘッドを決める。名古屋は玉田・ヨンセンのコンディションはかなり良い。玉田のサイドに流れる動き、ヨンセンの高さに浦和のDFは完全に負け。
 浦和の攻撃は次第に尻すぼみ。細貝の元気さが目立つくらい。決定戦もカウンターから高原から細貝に渡った場面くらい。
 後半から高原に代わり永井。永井が入ることにより、ボールのまわりは良くなったかに思えたが、永井のポジションがいまいち中途半端。啓太・相馬のミドルなど惜しい場面もあるが、完全に相手を崩しきった場面はなし。
 梅崎を啓太に変える。扇の要を失ったかのように、これでまたバランス崩す。代えるなら山田だと思います。
 梅崎もドリブルで積極的に相手につかっかるが、相手にボール奪われるケースが多い。
線審の中途半端なオフサイドのフラッグをセルフジャッジして、やらずもがな失点。これで勝負の趨勢は決する。
 後味の悪さだけが残った一戦。いよいよ暗黒の世界に踏み入れたか?
幸いことにG大阪、川崎のライバルも苦戦している。

|

« 埼スタ到着 | トップページ | 第2節 名古屋戦(3/15@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報名古屋戦:

« 埼スタ到着 | トップページ | 第2節 名古屋戦(3/15@埼スタ) »