« 開幕戦へGO! | トップページ | 第1節 横浜FM戦(3/8@日産) »

2008年3月 8日 (土)

速報横浜FM戦

 さあ、やったきました2008シーズンの開幕戦。アウェイでの開幕前に浦和が勝ったのは?あれ、私の記憶では、えーと少なくとも2000年に入ってからはないですよね。それ以前は……浦和に開幕戦が割り当てられることが多く、ケースとして余りなかったということで……
 開幕戦のスタメンは
FWー高原・エジミウソン
MFー相馬・平川のサイド、山田トップ下、啓太・阿部のボランチ
DFー堀之内・闘莉王・坪井
GKー都築
サブは梅崎・永井・達也内館・西澤・細貝・山岸
主審は吉田。
 前半、浦和はなかなかボールの落ち着きところがない。しょうがないので、高原・エジミウソンが下がってボールを受けに来るから前線が薄くなってしまう。
ボールのポゼッションは浦和だが、決定機は横浜、田中ハユマからのクロスにフリーのロニーが放ったヘッド、山瀬からロニーへのスルーなどピンチがあったが、ロニーの決定力の無さに助けられる。
 後半に入ると、高原・エジミウソンが中でボールを受けれるようになると浦和のペース、平川・相馬のサイド攻撃も効果的。
 横浜はロペスの運動量が落ちて来ると、山瀬にボールが渡らなくなり、得点の匂いはないなと思っていると、クリアボールを拾われ小宮山にミドルを決められる。直後、浦和にも同様のチャンスあるが、山田のシュートはGK正面。今日の結果はその差です。
 ロニーが2枚目のイエローカードで退場すると、オジェックは、永井・達也と入れるが、攻め手の数を増やしても有効とは限らない。そのまま横浜にまんまと逃げ切られる。
 監督はやり方を随分変えてるように思える。個人頼みからの脱却を図ろうとしているのは分かります。そして、その方向性が正しいことも理解出来るが、如何せん準備の時間が少ない。前半戦は苦戦するかもしれない。まあ、辛抱、辛抱!

|

« 開幕戦へGO! | トップページ | 第1節 横浜FM戦(3/8@日産) »

コメント

今日はまだ試合を見てないのでよくわかりませんが、今回はしっかりキャンプもはれたはずなのに!システムをいじるのは去年同様大変かと思う。

投稿: さいもん | 2008年3月 8日 (土) 18:24

kobatakeさんも、さいもんさんも、>
そんなに悲観的にならなくても良いのでは?オジェックが何か変えようとしているのは感じました。1/34です長~い目で見てゆきましょう。
でも、高原+エジミウソン<ワシントン

投稿: ホイチョイ | 2008年3月 8日 (土) 19:14

自分もさいもんさんと同意見です。
準備期間は十分にあったはずです。
それで、これでは悲観的にもなりますよ・・・(泣)
山田のところを替えるなら、本職の梅崎でしょう。
残りの交代枠を使わなかったのも、相変わらず意味不明。
これで、J相手では去年から4(5?)連敗中ですよね?
今のサッカーでは、高原・エジが調子を上げて、個人技でなんとかしてもらわないと厳しいのでは?

投稿: kobatake | 2008年3月 9日 (日) 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報横浜FM戦:

« 開幕戦へGO! | トップページ | 第1節 横浜FM戦(3/8@日産) »