« 死神の精度 | トップページ | 坊主へ! »

2008年3月23日 (日)

ナビスコ② 京都戦(3/23@西京極)

 開幕から3戦、無得点負け、去年の11月の川崎戦のワシントンのPK以来7試合、公式戦では得点のない浦和です。神戸戦は負けたといえ、選手のゴールへ向かう執念はみえ、状態は良化しています。今日は、その部分は是非とも結果としてほしいところです。

 スタメンは、
ーーーエジーーー永井ーーー
ー相馬ーー梅崎ーー平川ーー
ーーー山田ーーー細貝ーーー
ーー堤ー堀之内ーー坪井ーー
ーーーーー都築ーーーーーー
サブは、岡野・内館・西澤・達也・高崎
主審ー村上

浦和は、神戸戦と同じスタメンです。前半は、積極的にボールを奪い行こうとして、それを、エジミウソン・永井に単純に預け、サイドへまわす。シンプルな攻めに徹しました。プレスが、今日は有効にきいており、神戸戦で浦和が受けたようにボランチのとこで、浦和のプレスが利いており京都は攻めの形ができない。

 浦和は、右サイドで平川→梅崎のクロスから、エジミウソンがゴール。続いて、平川からのクロスを、梅崎が頑張ってシュート、跳ね返りをエジミウソンがシュートをきめ、2-0となり久々にスッカとした勝ち方が出来るかなと思った瞬間、京都のロングスローをクリアというか、すらした山田のボールは相手の目の前に転がり、1点返される。

 しかし、前がかりになる京都の隙をついて、永井の右サイドからのクロスに合わせた惜しいシュート。そして、左から相馬が頑張ってクロスを上げ、相手DFに当たるがこぼれ球をエジミウソンが決めてハット・トリック達成。これは、絶対に勝たねばいけない展開だし、雰囲気としても良かった。

 後半、京都は田原を入れて3トップにして、シジクレイDFに入れて3バックにする3-4-3の布陣とする。これが、まさにピタリと当たる。立ち上がり、いきなりロングスローからのクロスをヘナギに決められる。また、相手のシステム変更に対応できないうちに失点してしまい、同点とされる。その後も危ない展開が続く。

 3トップに3バックで、DFが外に引っ張られたスペースに佐藤勇人なり、アタリバが飛び込んできて、いつやられてもおかしくない展開でした。

 浦和は、永井が怪我をしたのか、達也と交代、相手のシステム変更に対応するため、西澤を平川と交代。相馬ー堤ー堀之内ー坪井の4バックとして、ようやく相手の勢いをとめることに。そのご、エジに代えて高崎投入。

 持ち駒からすれば、若手を使わざるをえなかったかもしれないが、ゲルトの選手交代は積極的で、若手投入も新鮮味がある。こうやって、若手は育てていくものなのか。

 その後は、両チームとのグタグタとなり、得点が取れそうだが取れず、3-3のまま乱戦の幕が引かれることとなる。

 今日は勝たねばいけない試合。しかし、敗戦続きで選手にも自信がなかったのか?後半の展開を考えれば負けなくてよかったと考えざるを得ない試合ですかね。はあ~、辛抱はしばらく続きそうだ。だけど、確実にチーム状態は良くなっていると思います。

|

« 死神の精度 | トップページ | 坊主へ! »

コメント

惜しい試合でした。でもまだ序盤!今のうちに若手を育てるのは後半に絶対効いてきますよ!むしろ今調子いい方がおかしいかもしれません。これからですね!

投稿: さいもん | 2008年3月24日 (月) 07:31

初得点したし、ナビスコだけど初の勝ち点。
確実に前進してますね。
オジェックだったら同点に追いつかれた時点で、どうすればいいかわからなくて、そのまま逆転されていたと思う。
試合は見てないんですが、坪井がダメダメらいしいですね。
そんなに酷いんでしょうか?


投稿: kobatake | 2008年3月24日 (月) 18:32

坪井はメンタルの面が多いのでは?

投稿: ホイチョイ | 2008年3月26日 (水) 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ② 京都戦(3/23@西京極):

« 死神の精度 | トップページ | 坊主へ! »