« 速報横浜FM戦 | トップページ | 第1節を終えて »

2008年3月 9日 (日)

第1節 横浜FM戦(3/8@日産)

P1030415  高原・エジミウソン・アレックス・梅崎と大型補強をして、その補強の効果がどれほどなのか、期待して観戦に行ったわけですが。戦術的な熟成はまだまだなのだという感想を持ちました。そりゃそうだ、ワシントン・長谷部・伸二そして去年のMVPのポンテもいないわけですからね。去年からの積み上げが無い状態で、こと攻めに関して言えば、1から積み上げいく、時間がかかるわけでチームの始動が、今からおもえば遅かった感があります。

P1030444

スタメンは
ーーーエジーーー高原ーーー
ー相馬ーー山田ーー平川ーー
ーーー啓太ーーー阿部ーーー
ー堀之内ー闘利王ーー坪井ー
ーーーーー都築ーーーーーー

 サブは、山岸・細貝・内館・梅崎・永井・達也・西澤。主審は吉田。

P1030428  コールリーダーは今日から変更したのですか?いつのも殺伐とした感じが余りありませんでした。また、新しいコールは良く聞き取れず拍手のみ。

 横浜も、ビジュアルをやっていたようですが、ちょっとフライイング気味で統一性に欠ける。旗を左右に動かすのはイソのおどろおどしいものを連想させてしまうので、素直に旗を掲げるだけでよかったのでは。

P1030433  前半は、双方との、そんなにガツガツ行くわけでなし静かな立ち上がりでした。横浜は、新加入のロニーとロペスと、それに山瀬の動きに注目していました。山瀬ボランチ、ロペストップ下という布陣ということでしたが、どうもその逆のような気がしました。しかし、ロペスはキープ力があるので、ロペスがキープしつつ山瀬が、ゴールに向かってボールを受けると大いに脅威を感じました。

P1030435  浦和は、エジ・高原・山田の3人でいかに攻撃のパターンを構成するかだと思いました。しかし、3人にまったくいい形でボールが入らず、周りからのフォーローも少なく、結局1人でいって力ないシュートを放つ、そんな立ち上がりでした。

 横浜は、田中隼磨からのサイドから、中央のロニーがフリーでヘッドを放つがゴール横へ外れる、決定的なチャンスでした。また、ロペスととのパス交換で山瀬がドリブル突破してロニーにスルーパスと、決定的場面を作りましたが、ロニーの決定力の無さに救われる。

P1030443  ボールがつながり出すと浦和のペースに。相馬は積極的に仕掛けるが、何かいまいち思い切りが悪いようで、縦に突破していくプレーは少なかった。平川は、前半は消えていたような印象でした。また、坪井・堀之内のCBが積極的にボールに絡んでいく。闘利王の攻め上がりは各チームに警戒されているし、浦和の今のフォーメンションで堀・坪が攻撃に絡んでいけば、サイドで絶対に数的優位を作れる。それを生かして、相馬・平川が縦に攻め上がれば、いいサイド攻撃が出来ると思いました。堀と坪の攻め上がり、これは面白い、その分闘利王の攻め上がりは自重せざるを得なくなるが、闘利王はここ一番という時に攻めあがる、この方が相手も嫌なのでないかな。

P1030452  決定機は横浜だが、主導権は浦和だが前の3人は効果的にパスを交換してということが出来ない。なかなか、ボールが来ないからボールをもらいに行く、サイドでボールを受けるような形になっていたので、厚みある攻撃は出来ない。高原・エジにはやはり中央で頑張ってもらいたい。しかし、それには今日の相手の中澤は厳しい相手でした。

 後半に入ると、高原・エジが中央でボールをキープしだすと、これに相馬なり、平川が絡み出す。エジがPA内でボールを受け強引に縦に抜け、高原にパスを出すプレーなりが出てきて、浦和のペース。かたや、横浜は前半キープを生かしていたロペスの動きが悪くなり、山瀬にボールが入らなくなるし、DF陣の奮闘で山瀬は徹底的にマークされ、思うプレーが出来ない。たまにくる、田中の単騎でのサイド突破が怖いなあと、思っていたら、坪井のクリアボールを小宮山に拾われ、ミドルを決められる。小宮山のシュートはチェックに来た坪井の足の間を抜けており、都築の反応も一瞬遅れてしまった。DFは機能して、相手にやりたいことはさせていなが、点を取られる時は往々にしてこんなプレーから。

P1030471  直後に浦和も、相手DFのクリアボールを山田が見事なボレーシュートを放つがアンラッキーにもGKの正面に。スコア的な差は、このプレーの結果でしたね。

 その後、横浜はロニーが2枚目のイエローをもらい退場、いったい何のための新外国人FWなのですかね、決定的チャンスははずすわ、イエロー2枚で退場になるわで、チームに迷惑掛け捲り。

 オジェックは、その後、山田→永井、堀之内→達也と去年のオジェックでは考えられような攻撃的な選手交代に出る。数的優位といっても相手DFの数は足りているわけで、横浜のPA内は、人でラッシュ状態、この中で点を取るのはさらに厳しい状態に!なぜか。闘利王は攻めあがらず、それもそうだ、5トップになったらそれこそスペースは無くなるわけだ。梅崎なり中盤の選手をいれて、FWのどちらかを交代させ、そして闘利王作戦に出た方が良かった気がする。中澤を中心とする横浜FMのDF陣を打ち破れず、まんまと逃げ切りを許すことに。

 結果からすれば、やはりワシントン・ポンテがいないのは厳しい。だって彼らがいれば、彼らにボールを渡して個の力に頼れば、そうあなた任せのプレーに頼っていれば、結果を出していてくれていたわけで、それが昨シーズンまでだったと思う。今シーズンは組織でもって相手を崩す、その方が見ていても面白いサッカーであることは間違いないし、オジェックはそちらを志向していることも十分に伺い知れる。その方が、浦和のサッカーを進歩させると思う。

 今日も、闘利王を上がりを封印して、堀なり、坪が攻撃に積極的に絡んでサイドで数的優位を作ろうとしていたし、阿部の積極的な上がりでトップを追い越す動きをしていたと思う。しかし、そこにボールが入っていかない。それは、もしそこでボールを奪われたらピンチになるわけで、そこまで選手たちはリスクを犯せないと考えているのだろう。やはり、それを可能にするのはチーム戦術の熟成と成功体験じゃないかなあと思います。それをやるには時間かかると思います。だって、去年までの成功体験を一度ご破算にして、最初からやり直しですものね。何も、去年までものを踏襲すればいいじゃん、そんだけの面子はいるだろう。闘利王が口にした不満というのはこの辺にあると思います。

 リーグ戦は、まだ先は長い。昨日の敗戦で決してあわてる必要はない。幸いなことに、4月に強豪との対戦の前にナビスコが入っているし、それを通じて3月は建て直しを図って欲しいい。しかし、ポンテ・アレックスが復帰してくるまでは、しばらくは苦戦が続くと思いと思います。しばらくは辛抱をすることを覚悟しておいた方がいいと思います。

 

|

« 速報横浜FM戦 | トップページ | 第1節を終えて »

コメント

現地で観戦している間、他人任せのゲームにしていない?と感じ、結局自滅で落ち込んで帰宅。
浦議の殺伐とした内容にウンザリし、ウロウロしていたらこのブログに辿りつきました。
冷静に昨日の試合を振り返ることも出来ましたし、自分の気持ちも前向きなれました。
シーズンは始まってばかり。ここからの追い上げを見せて欲しいです。
しかし、レッズは一度チームを壊して作り直す時期に来ているのかもしれませんね。

投稿: KANAREDS | 2008年3月 9日 (日) 12:47

早くも不協和音が出てるみたいですね。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/urawa_reds/?1205046402

最後の方で、闘莉王があからさまにつまらなそうにプレーしてたところ見ると、信頼できそうな記事。
KANAREDSさんのような作り直すという前向きな考え方には同意。
いくら、いい選手が揃っているとはいえ、「チームとしての方向性が、まだできていない」状態でシーズンに突入して、リーグを制覇できるほどJは甘くない。
ポンテが戻るまで、どれだけ先頭集団についていけるかが、優勝争いに加われるかのカギでしょう。

投稿: kobatake | 2008年3月 9日 (日) 16:25

KANAREDS さん ようこそ!

状況としては05年のエメが抜けたあとの状況に似ていますね。あの時は後半追い込んで2位、天皇杯優勝でしたね。焦らずにチームの骨格をきっちり作って欲しい。
しかし、チーム内から不協和音が出てるのはよろしくないな。

投稿: ホイチョイ | 2008年3月 9日 (日) 18:34

開幕からチーム内の不況和音がでているのは、深刻ですね。大将が今回コーチとして加わわっても、これではこの先不安です。コーチ陣は第一次オジェック時代のメンバーが多いので、逆になかなか監督に言いたいことが言えないのでしょうか?精神論ではないですが、キドの時は「監督の為に頑張る」「監督の為に優勝する」とかそういう気持が心の底にあり、それだから苦しい試合でも勝てたのではと思います。思い返せば、第一次オジェックの時もそうだったと思う。
システムがどうだというより、先ずはバラバラになった選手達の気持ちを一つにする雰囲気をつくるべきではないかと思います。是非大将に頑張ってもらいたい。まだ初戦!長丁場だから、今のうち膿を出して、優勝に向けて早く立ち直ってほしいものです。

投稿: さいもん | 2008年3月10日 (月) 21:10

今の浦和の状況は日銀の総裁不同意人事と同じ政策不在の不況。誰か、議論をまとめて前向きな方向に纏めて欲しい。
大将の声が全然聞こえてこないのは残念!

投稿: ホイチョイ | 2008年3月12日 (水) 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第1節 横浜FM戦(3/8@日産):

« 速報横浜FM戦 | トップページ | 第1節を終えて »