« パソコン・リカバリー | トップページ | パソコン・リカバリー中② »

2008年2月24日 (日)

代表東アジア選手権vs韓国戦

 東アジア選手権の決勝となった韓国戦。怪我人続出で、選手が15人の中でのやり繰りとなるが、相手は韓国、勝利という結果が一番必要です。韓国も、パクチソンらの海外勢はいないので、レベル的には日本と同じで1.5軍同士の戦いというところですか。

FW-田代
OMFー遠藤、山瀬、橋本
DMF-啓太、中村
DF-加地、今野、中澤、内田
GK-川口

フォーメーションは、1-3-2-4で、橋本と中村の位置は逆のほうがいいような気がするが、田代がどんだけ頑張れるかがポイント。しかしながら、前半の試合が落ち着くまえに、今日も失点を許す。左サイドから崩され、ヨムギフン?にボレーを決められる。クロスを上げられるプレー、シュートを打たれるプレーとも淡白で体の寄せも甘かった。立ち上がりは、韓国ペースでその流れの中で先制されてしまう。

 今野が人につられ、そのカバーに中澤が入ってしまい、そのずれをつかれた。中澤の相棒のCBは阿部・今野と本職のCBでなく、闘利王なり岩政とのコンビが必要になる。

 4バックで来ると予想していた韓国は3バックで、1トップの田代が徹底マークされて攻めあぐねた。それでも、前半は特別な指示はなし。選手に自主性を求めているとはいえ、無策に映った。立ち上がりの失点も、裏を返せばしっかりした形ができていないから。

 後半に入って安田を投入して流れを変えようとする。CKから、内田が繋ぎそのボールを山瀬がダイレクトで豪快に叩き込みで追いついたが、FW矢野と播戸を次々に投入するパワープレーは実らなかった。「結果として負けていない。進歩の余地があるとポジティブに考えたい」という言葉は強がりに聞こえました。

 コンディション不良の高原に加え、大会直前に巻、大久保、阿部が相次いで離脱。今大会は限られた戦力の中でのテストも兼ねていた。加地を左サイドバック、安田は中盤で起用し、ダブルボランチも試した。それぞれ一定の成果は残したが、肝心の結果はついてこなかった。「人生で得られないものはなにもない。具体的に何かは分からないが、経験して何かを得ていく」。ただし、1.5軍で望み選手の底上げになったし、安田・内田はA代表でもやっていけるメドが立ったのか。そのくらいで、選手にも花がない中、余りに実りのない大会だった。

|

« パソコン・リカバリー | トップページ | パソコン・リカバリー中② »

コメント

欲を言ったらキリがないので、ベストメンバーじゃない上に怪我人続出の中では、よくやった方だと思ってます。
不運だったのが、前田と安田でしょう。
使えるメドが付いたところで、怪我。
収穫はホイチョイさんと同じで内田と安田。
でも、内田はまだシュートを躊躇するところがあるように思えます。
山瀬とのワンツーで裏を取ったときに、余計な小さいドリブルを入れたため、韓国DFが間に合う結果になりました。
あのへんでしょうね、もう一皮剥けるのは。
もはや、山瀬は不動になりつつありますね。
スタメンで大久保をあの位置に使うのは、もう無いかもしれませんね(大久保がダメというんじゃないですけど)

投稿: kobatake | 2008年2月24日 (日) 13:06

山瀬は絶好調ですね。開幕戦が余計に楽しみになってきた。
内田は、いいですよね。浦和にも10代の若手は出てこないか。

投稿: ホイチョイ | 2008年2月24日 (日) 17:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表東アジア選手権vs韓国戦:

« パソコン・リカバリー | トップページ | パソコン・リカバリー中② »