« オールスター日韓対抗に | トップページ | PCクラッシュ? »

2008年2月21日 (木)

代表東アジア選手権vs 中国戦

 怪我人続出で先発メンバーをどうするか注目されました。
FWー田代
MFー山瀬、安田、遠藤、中村、啓太
DFー駒野、今野、中澤、内田
GKー楢崎
 北朝鮮戦での見た上の課題だったのは、両サイドとFWに起用されたがボールがほとんど回って来なかった田代でした。その課題としたところで、きっちりと先制点を叩き出す。左サイドを駒野が積極的に突破し、ニアに田代が詰めこぼれたボールを山瀬が豪快にゴールネットに突き刺す。決して華麗な攻めではないが、こうした泥臭い攻めの方が点になる。
 田代は、高さと強さで中国DF陣に勝つ。前半は田代をターゲットにしたロングボールが多くなる。その後はボールが行ったり来たりの大ざっぱな展開になり、危ないクロスが日本のゴール前を再三横切るが、楢崎中心に冷静に対応する。楢崎は久しぶりの代表戦だったと思うが、顔面を蹴られた場面もそうだが、非常に落ち着いたプレーが目についた。
 後半に入ると、落ち着いてボールを繋ぐ戦術に切り替え、足元達者な遠藤・中村が相手をいなし一本調子の中国を軽くあしらう。この辺から、スタジアムの雰囲気も日本に対するブーイングから、中国チームのだらしなさに対してブーイングが出るようになり、中国選手は頭に完全に血が登ってしまったようで、プレーが非常に荒くなる。
 逆襲から裏に抜け出した安田が相手GKのジャンピング・キックをくらい退場、相手GKはイエロー。あのプレーならレッドでPKでしょう。
 北朝鮮の主審が厳しい笛を吹かないと分かると、中国はさらに調子にのりラフプレーを連発する。啓太も羽交い締めからパンチを喰らう。
 終了間際の田代のシュートはオフサイドではないでしょう?手前側の中国選手がもどりおくれていました。その後、選手交代を交え、長いロスタイムも過ごし、中国に完勝。追加点を奪えなかった課題は残るが、中国とのレベルの差は明らか。

|

« オールスター日韓対抗に | トップページ | PCクラッシュ? »

コメント

まさに同感です。
酷い試合でした。
「アウェイの洗礼」の一言で片付けられない内容。
前に飛び出したのに、なぜか横に蹴りをは放つGK。
ライン際の攻防でキレて、喉元を衝くDF。
微妙どころか完全なオンサイドをオフサイドと判定する線審。
中国のファウルを日本のファウルを取る主審。
Yahooの掲示板も怒りの書込みが多かったです。
「韓国も対日感情があるのに強いのはなぜか?」の書き込みに「韓国は大人で、中国は子供だから」というレスには、思わずうなずいてしまいました。
あと、初戦から思ってましたが政治的な対立があるカードに第3者的な国の審判は起用しないのは、いかかがなものかと・・・。
日韓国W杯で韓国vsイタリアの笛を吹いたモレノみたいな判定ばかりで、腹が立ちました。
田代がオフサイドを取られた時は、トンマージのシュートを思い出しましたよ。
最後に一言
「ふざけるな!サッカーを侮辱、冒涜するな!!!」


投稿: kobatake | 2008年2月21日 (木) 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表東アジア選手権vs 中国戦:

« オールスター日韓対抗に | トップページ | PCクラッシュ? »