« 私の履歴書 | トップページ | 雪の1日が明けて »

2008年2月 3日 (日)

長谷部ブンデス・デビュー

 長谷部が、移籍したフォルフスブルグでブンデス・デビューを果たした。当初の予定より、膝の故障で遅れたが無難にデビューをはたした様子です。概ね 無難なデビュー戦だったようですね。

攻守に奮闘!長谷部 堂々デビュー

 浦和からドイツ・ボルフスブルクに移籍したMF長谷部誠(24)が2日、アウエーでのビーレフェルト戦でデビューを果たした。長谷部は1―0の後半開始から3―5―2の左ボランチで出場すると、シュートこそなかったものの攻守に奮闘し、1―0の勝利に貢献。上々のデビューを飾った。

 長谷部がいきなりデビューした。冬季中断明け初戦のビーレフェルト戦に後半開始から登場。背番号13がブンデスリーガに夢の第一歩を記した。

 身ぶり手ぶりを交えて周囲とコミュニケーションを図り、巧みなポジショニングで何度も相手パスをカット。壁パスなどで攻撃にも積極的に絡んだ。1月19日の入団会見では「自信がなければ来ていない。高いレベルでプレーすることで成長できると思う」と決意表明。その言葉通り、デビュー戦にもおくすることなく堂々とプレーした。

 準備期間は短かった。チームは1月中旬までポルトガル合宿を行ったが、長谷部はその後に契約。マガト監督は前日会見で「フィジカルがまだ出来上がっていない」と早期デビューに慎重な姿勢を示していたが、26日の練習試合で負傷した左ひざも順調に回復。早々と出番がやってきた。

 環境の変化にも無難に対応した。「言葉や食事も変わるけど、それも含めてチャレンジ」。ドイツ入りする機内でドイツ語を勉強するなどピッチ外のことにも好奇心旺盛に取り組んだ。バイエルンMでリーグ優勝を経験しているマガト監督にも好印象を持った。練習時間を前日の練習後に発表し、アウエー戦はベンチ入り人数よりも1人多く帯同させて直前に外す。常に緊張感がある環境の中で練習に取り組めることを歓迎した。

 ドイツから代表復帰も狙う。昨年12月の岡田ジャパン最初の代表候補合宿に参加。代表に後ろ髪を引かれる思いもあったが、「ドイツで試合に出れば、また呼んでもらえるかなと思う」と前を向いて日本を後にした。次戦は初ホームとなる9日のデュイスブルク戦。その後はボーフムのMF小野、フランクフルトのMF稲本との日本人対決も待つ。06年W杯開催地から10年W杯南アフリカ大会へ。ボルフスブルクと10年6月までの契約を結んだ長谷部の挑戦が、いよいよ始まった。

|

« 私の履歴書 | トップページ | 雪の1日が明けて »

コメント

スパサカ中に映像がでたものの、後半から登場という情報と、長谷部がアップから上がり、さあ登場というシーンだけでした。でも元気そうで何よりでした!スカパーではやっていたんですかね?フェイエでの伸二のデヒュー戦は伸二の柔らかいパスが印象的でしたが、長谷部はどうだったんでしょう?

投稿: さいもん | 2008年2月 3日 (日) 14:50

ブンデスリーグ(どこの国のリーグでも同じですが)のチームって、上位チーム以外は自国プレーヤーが多いってイメージがあるんですが、ボルフスブルグって調べてみるとかなり多国籍軍ですね。
昨日の出場メンバー(途中出場含む)だと
ドイツ:4
スイス:1
チェコ:1
ブラジル:3
パラグアイ:1
ボスニア・ヘルツェコビナ:1
モンテネグロ:1
日本:1
不明:1
余談ですが、ボスニア・ヘルツェゴビナ国籍のFWエディン・ゼコは21歳で192㎝の長身ストライカー、将来ががかなり期待されていて、アーセナルが狙ってるそうです。
先日の日本代表戦でも召集はされていたんですが、ボルフスブルグ側が召集を拒否したみたいで来日しなかったらしいです。

投稿: kobatake | 2008年2月 3日 (日) 22:13

長谷部と伸二の対決が見ものですね。直接対戦はいつ?

投稿: ホイチョイ | 2008年2月 4日 (月) 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長谷部ブンデス・デビュー:

« 私の履歴書 | トップページ | 雪の1日が明けて »