« モダンなサッカー | トップページ | ギョーザ問題 »

2008年2月 7日 (木)

代表タイ戦(2/6@ 埼スタ)

P1030362  過去の経験からして苦戦するW杯予選の第一戦ですが、天候も雪混じりと気象条件も厳しい中での戦いとなりました。スタメンは、前の親善試合をベースに
FWー高原、大久保
MFー山瀬、遠藤、中村憲、啓太
DFー駒野、阿部、中澤、内田
GKー川口
 4パックの啓太の1ボランチ、2トップでスタート。
立ち上がりからボールを圧倒的に支配し、20分過ぎに大久保が倒されて得た、ゴール前のFKを遠藤が直接決めて先制。日本の壁の作り方が良かったのか、GKは反応出来ず。
P1030370  しかし、その直後のプレーでタイにミドル・シュートを浴び同点。ループシュートの出来損ないのようなシュートに川口が反応出来ずという感じでしたが、後で見てみると無回転でドロップしてるのね。出会い頭のような失点でしたが、あそこは絶対に点を与えてはいけないところ。DFラインと1ボランチであるがゆえの、MFとのスペースを衝かれてしまいましたね。
 前半は、その後も攻め続けるが得点出来ず。ゴール前まではいい型で迫るが、フィニッシュが不正確。また、両サイドがいい型でボールがでるが、不正確かつおじぎするようなクロスばっかり。サイドの人材不足は嘆かわしい。
 後半に入っても日本のベース、山瀬のゴールライン際からの強引な突破から、相手のクリアボールが中村に当たり、こぼれ球を大久保が反応しゴール。
 その後、タイに退場者がでてタイはクリアが精一杯で、日本の寄せの早さにボールを繋ぐことすら出来なくなる。
 3点目はCKから、中澤らしいヘッドが炸裂。巻、播戸、羽生と選手交代。大久保はFWからトップ下に回されるが出来はイマイチ。FWでのがむしゃらのプレーの方が良い。
ロスタイムに巻が、CKからヘッドを決めて、4−1で試合終了。
 いつも苦戦する初戦に快勝したのは良かったが、高原は調整不足で、ゴール前で絶対的な存在になるFWが不在なのが痛感される。 また、両SBの攻めは目を覆いたくなりました。今日のように実力差のある相手には、もう少し攻撃な選手を投入しても良いのでは?と言っても、攻撃的選手がいない?

 また、中盤も緩急の緩の選手ばっかり、遠藤・中村憲もそうだし、中村俊輔もそう。プレースタイルがかぶるMFは1人でよいと思われる。急のMF選手で言うと、山瀬に、松井となるのか。緩の選手で中盤は固めて欲しくない。

 啓太も、ボールを刈り取るとこまでは良かったが、その後つなぎのパスで自軍で結構ミスパスをしてたような気がする。タイ・レベルだと致命的なミスにならなかったが、これでは先が思いやられる。中澤・闘莉王でCBを組むなら、1ボランチは阿部が適任のような気がする。

 アジア・レベルなら、間違いなく守備はトップレベルです。後は中盤での急の選手の発掘だと思います。そういう意味からいうと、個人的には大久保のトップ下には期待しているのですが

PS.前半終了直前のCK前にハーフ・タイムに入ってしまったわけだが、ファミリー席から「それはねえ~だろ!!」と野次を飛ばしたら、周りの子供達から降り返られ、顔を赤くしてしまった情けないおっさんがいました。誰とは、言わないが・・・・・

|

« モダンなサッカー | トップページ | ギョーザ問題 »

コメント

相変わらずの両サイドでしたね(笑)
駒野の関しては右足に持ち替えてのクロスも悪いし、中に切れ込んでのシュートは枠に飛ばないし、三都主が代表復帰したら、間違いなくベンチでしょう。
内田は前半にユニホーム引っ張っちゃってファウルを取られちゃった惜しいプレイがありましたけど、あれを7:3くらいの割合でやらないと・・・。
今は仕掛けないでアーリークロスというのが、ほとんど。

テレビで失点シーンを見て思いましたが、ゴールを決めた奴がボールを受けた瞬間、
「あ!こいつ撃つ!」
と感じましたね。
でも、あの失点は事故のようものでしょう。(浦和が食らった久保のシュートと同じ)

投稿: kobatake | 2008年2月 7日 (木) 10:32

雪煙る現地で、かつ南から見ていたら、ループの出来損ないシュートに川口反応できずと思いました。川口は、あの寒い中たまにしかボールが来ないなか、短パンでプレーしていましたが、ジャージをはいて守ったほうが良かったのでは。

投稿: ホイチョイ | 2008年2月 7日 (木) 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表タイ戦(2/6@ 埼スタ):

« モダンなサッカー | トップページ | ギョーザ問題 »