« 伸二移籍? | トップページ | 高原フランクフルトと契約解除 »

2008年1月 4日 (金)

仕事始め

 今年の正月休みは6日あり、かつ浦和の試合もなかったため、久々にゆっくりした正月でした。そのわりに、三が日のアルコールの消費量は、1日平均ビールのロング缶1本と、いつもと変わらず。正月用に買い込んだ焼酎、ワイン、シャンパンには手をつけませんでした。
 うちは家族で初詣に行くと、良くないことが起こるというジンクスにより、家でゆっくり過ごし駅伝三昧でした。 箱根駅伝は壮絶でしたね。総合優勝した駒大、久々の往路を制した早稲田、見ごたえありました。
 しかし、途中棄権が3校も出てしまった。関東の大学生の大会で決して全国大会でない、どうなんでしょう、レベル的にはそんなに高くないと思います。しかし、大会への注目度は高くマスコミにも取り上げられる機会が多いから、ギリギリのところまで戦う、しかも、各校の実力が接近しているなら、焦りが出て無理をしてしまう。また、監督車の導入もどうなのかなという気がします。監督車から「男だろ・・・・・・・・・」みたいな檄が飛んだら、選手だって自分のペース以上で突っ込んでしまいます。
 結局強いチームは己の力を知り、自分の力を本番で出せるチームということ。特に、長距離走は大会に合わせ練習から、本番を見据えてやらなけばならないので、コンディションの調整も、本番で実力を出すには重要な要素になりますね。また、20km以上の長丁場なので、精神論・根性だけでは走りきれない。当日の自分のコンデションに合わせた走りを、監督から言われるまでもなく、自分で判断する力の求められる。
 箱根駅伝は、走る距離が20㎞以上のところを大学生が走るので、フラフラになりながらタスキをつなぐ選手が、見所の一つと、不謹慎にも思っていましたが、今大会を見ていて、その考えは改めます。ただ、実力があり、コンディション調整も万全に行った選手が、力ますに本番で自分の実力を出した者が勝つ。そこは、プラスでも、マイナスでもない。

|

« 伸二移籍? | トップページ | 高原フランクフルトと契約解除 »

コメント

私も箱根駅伝を久々にじっくり見ました!リタイアの場面は駅伝の難しさを痛感しました。それにしても往路の5区!あれは狂ったようなコースですね!走っても走っても登りなんて、足腰にきますよね。それにタスキリレーの重圧とあの大勢の沿道の観衆。棄権が3チーム出るなんて、それだけ大変なレースだったんでしょう!でもリタイヤした選手はどうなるんだろう?とそればかり思いがめぐってしまいました。
でも本番で勝てる力が本当の強さなんですかね?レッズも今回の長いオフで息切れしない体力を養ってもらいたいものです!

投稿: さいもん | 2008年1月 4日 (金) 19:52

やはり食事が大事!ビバ!肉汁のつけあつ。

投稿: ホイチョイ | 2008年1月 7日 (月) 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事始め:

« 伸二移籍? | トップページ | 高原フランクフルトと契約解除 »