« 長谷部移籍&大将コーチ就任 | トップページ | 来期のホーム開幕戦決定 »

2008年1月17日 (木)

金子・杉山の意見について

 浦議をはじめとして、いろいろなとこで意見が出ているようで何も今頃という感じで申し訳ないのですが、彼らが標準としているのが、欧州のようですが、欧州が一番なのですか?欧州が世界基準なのですか?

 浦和には、浦和スタイルがあるべきだと思うし、彼らのように欧州が世界基準という感覚であるなら、浦和のスタイルを批判して欲しくないな!

 かつて、浦和がJ2に降格したとき、村上龍は「欧州の基準ならば、J2に降格が決まってWE ARE REDSは無い」とニュース・ステーションの中で発言したのを記憶している。当時、村上龍はヒデの太鼓もちと化して、ヒデを世羽とかいう主人公にみたて、天使のなんとかという、読むに耐えない本を出版しましたね。私は、村上龍の小説は好きでした、デビュー作の「限りなく透明に近いブルー」、「テニス・ボーイの憂鬱」、なんといっても傑作は「愛と幻想のファシズム」でした。しかし、それ以降、テニス・F1・スキーときて、とうとうサッカーにきて、ヒデに取り入るのもお上手でした。サッカーを題材にフィジカル・インセントシティーでしたっけ、そんなものを書くようになって堕落しましたね。(その後、JMMを発刊し、持ち直してはいますが)

 村上龍が発言したのを、思い起こしました。彼は、映像を見ての発言でしたよね、少なくても、ファイナル5を全て見ていたら、あのような発言はしない。大将のVゴールが決まって、J2落ちが決定し、サポに申し訳程度に挨拶して、ロッカールームに引き込んでしまった。選手達にして見れば、針のむしろだし、恒例の最終戦の場内一周などやりたくない。

 駒場には、「これで終わりかよ!」という怒声が鳴り響いた。しかし、ツッチーの「サポが待っている、もう一度グラウンドに行こう」選手達は辛かったろうが、場内一周となった。もし、出てこなかったら暴動になっていたでしょう。あれで、選手もサポも救われた。浦和のサポは水に落ちた犬を助けた。選手も、サポも同じレベルなんだ、同じ仲間なんだ、それでWe Are Redsが巻き起こったと思います。

 今回の、空気を読んで応援をしろ、同じ応援をダラダラやるな?ロング・コールのことを批判しているの?確かに、私もロング・コールは好きではない。それは、継続するのに体力が必要で非常にきついからです。でも、なんでやるのと問われれば、ロング・コールが出るのは思うに選手にとっても、胸つき八町で非常に厳しいとき。選手と同じレベルでもって、サポもコールしたいから、選手もきつい時に、サポもきついロング・コールで応援する、と私はロング・コールの意味を思っている。それを、欧州スタイルが絶対みたいな感じで批判するのは全く持って的はずれだと思うし、なにも欧州スタイルを浦和に持ち込む必要もない。浦和は浦和のスタイルでもって応援すれば良いだけのこと!

 確かに、浦和の応援は世界に誇れる素晴らしいものである、というような風潮でもってマスコミに取り上げられていましたので、このような記事が出てくるのは、ある意味健全とは思いますし、出る杭を叩こうとするのが出てくることも止むを得ないことだと思います。あのよう記事をかかれた方々につきましては、かなりの意見がでていると思いますので、是非ともまた意見を述べてください。そこから、欧州スタイルと浦和スタイルで何か新しいものが出てくれば、これまた面白いことだと思いますので・・・・・・・

|

« 長谷部移籍&大将コーチ就任 | トップページ | 来期のホーム開幕戦決定 »

コメント

言わせておけばいいですよね!浦和スタイルをコツコツとやればいい。そのうち欧州が日本を浦和を真似る時が必ず来る!

投稿: さいもん | 2008年1月17日 (木) 13:38

欧州かぶれは逝ってよし。

投稿: ホイチョイ | 2008年1月18日 (金) 23:48

自分はあまり興味がないのでコメントしませんでしたが、Yahooの掲示板でも結構話題(ほとんど批判)になってますね。
それでも、言わせておけばいい程度しか思ってませんが(笑)

投稿: kobatake | 2008年1月20日 (日) 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金子・杉山の意見について:

« 長谷部移籍&大将コーチ就任 | トップページ | 来期のホーム開幕戦決定 »