« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

代表ボスニア・ヘルツェゴビナ戦(1/30@国立)

 岡田ジャパンの第2戦、チリ戦は酷評を受けつつのスコアレス・ドロー、今日は何とかすっかと勝てればと思っていました。私が実際テレビをみたのは、ちょうど中澤が1点目をいれてから。

 スタメンは、

FWー巻、高原

MFー大久保、遠藤、中村憲、啓太

DFー内田、阿部、中澤、駒野

GKー川口

山岸に代わって大久保が起用された。巻が怪我をして、山瀬に交代。この交代がききました。

 後半に入ると、CKからフリーの山瀬の放ったシュートに中澤があわせ先制点。2点目は、2列目から駆け上がった山瀬へ大久保がパス、山瀬はGKとの1対1を冷静にきめる。交代の播戸がうしろにすらしたボールを、またも2列目から駆け上がった山瀬が3点目を決める。

 山瀬は全得点にからむ活躍でした。岡田監督が意図していた「接近・展開・連続」がかいま見られた試合でした。相手のボスニアのコンデションがあまりに良くなかった点を割り引いても、啓太・阿部・中澤の守備は安心してみていられたと思います。

 3次予選を前に、とにかく良い勝ち方が出来たのが、何よりの収穫。高原は相変わらずコンデション上がらず。まあ、3月の開幕までにあわせてもらいましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

明治製菓は浦和のスポンサー?

 今日の日経の吉田記者の「フットボールの熱源」に「何のために食べるのか」と題して食育活動に取り組んでいる柏の普及部が紹介されている。
 その中で、明治製菓の支援を受けて、2年前から本格的に食育活動を始めたとのこと。あれ?ちょっと待って下さい!明治製菓は浦和のスポンサーではないの?浦和のメイン・スポンサーなのに、同業の柏の下部組織とはいえ、支援するのはいかがなものか?
 Jのスポンサーは、基本的には同業は1社が原則ですよね。埼スタでエンジェル・パイは売っていないですよね。新聞紙面からの情報で、浦和の下部組織も明治製菓から支援を受けているとか、柏は費用を支払ってお願いしている?この辺の事情を分からすに、調べもせず勝手気ままに書いている私に問題ありますが・・・・・・
 少しばかりの違和感を感じざるを得ませんでした。まあ、小さなことには余り拘らなくていいですか。

 さて、代表はボスニア戦です。岡田ジャパンがコンセプトとする「接近・展開・連続」をどれだけ実践出来るか注目が集まります。前試合て゛は酷評された岡田ジャパンですが、どのくらい修正できたか?
 でも、本番の予選を前にボスニアのような大男軍団とやる意味は?大久保を使ってみて下さい。前試合は決定機をはずしまくったが、大久保が入ることによって攻めが活性化した。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

伸二ドイツに出発

 ブンデスリーガのボーフムから獲得オファーを受けた伸二は、昨日現地での最終メディカルチェックのため、ドイツに出発した。検査に問題がなければ正式契約し、そのままチームに合流する。
 1月初めに練習参加した際には左足首の怪我の影響で契約に至らなかったが、治療と調整で状態はかなり回復しており、「まずは検査に合格しないと。ゴーサインが出れば一気に進むと思う。」と、明るい見通しを示した。
 伸二の移籍は、正式には決定しておらす゛、先日のキックオフ2008でも、8番は三都主が付けることが正式に決まっており、万が一今回の移籍が不調に終わった場合、30番台の大きな番号を付けることになる。こんなことはないと思いますが、万が一の場合に備えて28番を残して置いてもよかったのに。
 しかし、この2年間のプレーやオジェックとの確執、今回の移籍でのチームの対応を見ていると、真剣に引き留めを行っていたとは思えず、ひょっとしたら戦力外になっているのではと思わざるを得ませんでした。今回の移籍が決まれば、伸二は浦和に戻ってくることはないのではと思わずにはいられません。最後の別れになるかもしれません。非常に寂しいことです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

背番号決定

  昨日のキックオフ2008は、私は行きませんでしたがどうでした?福袋は何が入っていたのですか。Tシャツが1000円、タオマフが500円とか格安で販売していたようですね。レッドボルテージでは定価販売、昨日のようなファン感謝デーで在庫処分する、ブランドイメージを維持するには上手い戦略ですね。
さて、新加入選手の背番号が決まったようです。
7−高原
8−三都主
17−エジミウソン
21−梅崎
25−近藤
 5番は、とりあえず欠番のようですね。去年、細貝が3をつけた流れからすれば近藤が付けてもいいし、阿部が回ってもいいと思ったが、外国人DFのために空けておくということですかね。
 エジミウソンの17は少し意外な感じがしました。ワシントンの21の印象が強すぎるからでしょうか。オフィシャルに出ているエジミウソンの写真ですと、ちょっとふっくらし過ぎのような気がします。
G Kユニも発表されていましたが、黒のユニかっこいいですね。サードユニを黒で作って欲しいですね。
 これで、一応背番号も確定したようですので、今年のレプリカには何番を入れるか、検討しましょう。伸二派の私としては、何番を入れようか非常に迷うところです。フタバスポーツとか、フットボール・パークを回って情報収集をしてみましょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

2008スケジュール

2008年の試合スケジュールをまとめて見ました。私のPCテクですと、この表をつくるのだけで半日がかりの作業。疲れました。遠征の日程など考えてみました。

J/1節 2008/03/08(土) 14:00 日産 横浜FM
J/2節 2008/03/15(土) 14:00 埼スタ 名古屋グランパス
ナビ① 2008/03/20(木) 16:00 埼スタ ヴィッセル神戸
ナビ② 2008/03/23(日) 17:00 西京極 京都サンガ
J/3節 2008/03/30(日) 16:00 埼スタ アルビレックス新潟
J/4節 2008/04/02(水) 19:00 日本平 清水エスパルス
J/5節 2008/04/05(土) 13:00 エコパ ジュビロ磐田
J/6節 2008/04/13(日) 16:00 埼スタ 鹿島アントラーズ
ナビ③ 2008/04/16(水) 19:00 駒場 京都サンガ
J/7節 2008/04/20(日) 14:00 埼スタ 大宮アルディージャ
J/8節 2008/04/26(土) 16:00 西京極 京都サンガ
J/9節 2008/04/29(火) 16:00 埼スタ コンサドーレ札幌
J/10節 2008/05/03(土) 19:00 ホムスタ ヴィッセル神戸
J/11節 2008/05/06(火) 16:00 埼スタ ジェフ千葉
J/12節 2008/05/10(土) 14:00 等々力 川崎フロンターレ
J/13節 2008/05/17(土) 14:00 埼スタ ガンバ大阪
ナビ④ 2008/05/25(日) 19:00 豊田 名古屋グランパス
ナビ⑤ 2008/05/31(土) 19:00 ホムスタ ヴィッセル神戸
ナビ⑥ 2008/06/08(日) 15:00 埼スタ 名古屋グランパス
J/14節 2008/06/28(土) 19:00 国立 柏レイソル
ナビQF① 2008/07/02(水) 19:00    
J/15節 2008/07/05(土) 19:00 埼スタ FC東京
J/16節 2008/07/12(土) 18:00 大分ビ 大分トリニータ
J/17節 2008/07/17(木) 19:30 埼スタ 東京ベルディ
J/18節 2008/07/21(月) 18:00 埼スタ 川崎フロンターレ
J/19節 2008/07/27(日) 18:30 鹿島 鹿島アントラーズ
ナビQF② 2008/08/06(水) 19:00    
J/20節 2008/08/09(土)   埼スタ 柏レイソル
J/21節 2008/08/16(土)   味スタ FC東京
J/22節 2008/08/23(土)   埼スタ ジュビロ磐田
J/23節 2008/08/27(水)   国立 東京ベルディ
ナビSF① 2008/09/03(水)      
ナビSF② 2008/09/07(日)      
J/24節 2008/09/13(土)   埼スタ 大分トリニータ
ACLQF① 2008/09/17(水)      
J/25節 2008/09/20(土)   NACKスタ 大宮アルディージャ
ACLQF② 2008/09/24(水)      
J/26節 2008/09/28(日)   瑞穂 名古屋グランパス
J/27節 2008/10/01(水)   駒場 京都サンガ
J/28節 2008/10/04(土)   フクアリ ジェフ千葉
ACLSF① 2008/10/08(水)      
J/29節 2008/10/18(土)   埼スタ ヴィッセル神戸
ACLSF② 2008/10/22(水)      
J/30節 2008/10/25(土)   新潟ス アルビレックス新潟
ナビ決勝 2008/11/01(土)      
ACL決勝① 2008/11/05(水)      
J/31節 2008/11/08(土)   未定 コンサドーレ札幌
ACL決勝② 2008/11/12(水)      
J/32節 2008/11/22(土)   埼スタ 清水エスパルス
J/33節 2008/11/29(土)   万博 ガンバ大阪
J/34節 2008/12/06(土)   埼スタ 横浜FM

 まずは、前半戦。4月2日(水)の日本平は厳しいですね。期の始まりですし、予定も立てにくい、これは欠席決定。4月5日のエコパの磐田戦、13:00試合開始が微妙ですね。当日出発のバスツアーでまにあうか?

 3,4月は京都との試合が3試合もある。うち、アウエー2試合でナビは日曜の夕方なので、これは欠席、しかし4月26日のリーグ戦は日帰りも出来そう出し、これは行きたいですね。チケットがとれとかどうか、これが問題だ。

 GWの神戸遠征これも諦めて、5月31日のナビスコには行きたい。ホムスタでの試合で、まだホムスタはいったことない。これは、昔の中央サッカー場だったところですよね。地下鉄の湾岸線でいけばよいわけですね。

 名古屋は、ナビが豊田で、リーグ戦が瑞穂。ナビは日曜の夜でこれも欠席。瑞穂はチケットとれるのかい。7月12日の大分も、これも欠席ですな。7月26日の日曜の18:30開始の鹿島戦。これは、嫌がらせとしか思えない。鹿の国からの脱出には、時間掛かるわけで、翌日のこと考えると毎年楽しみな鹿の国への海外旅行が出来ない。

 8,9月は、ナビスコ・ACLの決勝トーナメントが始まるが、リーグの遠征的には、近場が多い。ここは、大宮の泣くスタ・千葉のフクアリのチケットとてるかどうかだな。V東京・柏のアウエーは国立なのは有難い。V東京は、ホーム・アウエーとも平日開催。

 秋になると、やはり過密日程。9月ー7試合、10月ー6試合、11月ー6試合特に、9月13日から10月8日までは、週試合の8連戦が続く。(ACLの勝ち上がり前提。)

 11月もきつい。ACLの決勝の間に札幌遠征がはいるわけです。札幌はシーズンオフで、パック旅行でも安くいけそうですね。出来れば、2泊3日でいきたいですね。

 スケジュールもそうなんですが、一番の心配はチケットが確保できるかですね。はこの小さいスタジアムでの開催は憂鬱ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月26日 (土)

代表チリ戦(1/26@国立)

 岡田ジャパンの注目の第一戦。接近から展開をはかり、高い位置からプレスをかけるという戦術がどれほどなのか、見所でした。

FW-高原・巻

MF-遠藤・山岸・中村憲・啓太

DF-駒野・阿部・中澤・内田

GK-川口

以上の先発でした。ただ、山岸の位置は高めで3トップに近い布陣だったような気がしました。相手のチリも、元アルゼンチン監督のビエルサが就任して、サラスとかサモラノではなく、若手中心の布陣でした。

 見所は、内田とチリの13番の争いでした。チリは左サイドからの攻撃が中心で、13番がいいクロスを上げてくる。これに、代表初スタメンの内田がどう対応するかが、興味がありました。チリの13番の方に、1日の長がありましたが、内田はこれに臆することなく、高い位置取りをしていました。上がりのタイミングがあわないこともありましたが、長い距離を走り日本の攻撃の活性化の努めていた。加地の定位置だが、攻撃に魅力のある内田の出現は頼もしいもの。

 FWは相変わらず決定力ふそくで、高原は調整不足が明らか。巻も見せ場は作るが、PAでカニバサミを食らいながらPKをもらえないのはどうなの?

 遠藤・中村もオシムの時より、シンプルにボールをさばいていたのはよかった。啓太は、髪の毛を短くしたのが目に付いたくらいで、チリがあまり効果的な攻めをしてこないからか、目立たない。

 大久保が入ると、急に攻撃は活性化する。大久保も、決定機は3度あったと思うが、あのヘッドは決めないといけない。矢野・山瀬は中途交代するがさして、大勢に影響なし。

 1試合のみで、感想はのべられないが、意図しているサッカーを展開しようとするのは理解できるが、接近している時にボールを奪われるとピンチになる。少ないタッチでボールをうがしている、展開が速く面白い、ただボールの動きに選手がついていけないというか動き出しが緩慢なようなきがする。高原にボールが渡ると、急にスピードがダウンするので、高原はゴール前に張っているが良い。

 まあ、次の試合をみてから判断しましょう。今日の韓国の主審はへたすぎ!TV中継がテレ朝からフジに変更になるが、角澤の絶叫調のアナウンスを聞かなくて良い分だけ良かったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伸二ボーフムに移籍

 伸二のブンデスリーガのボーフムへの移籍が確実となった。伸二を完全移籍で獲得するため、条件提示を含めた正式オファーを出したことが24日、明らかになった。伸二は浦和と来年1月まで契約しているため、両クラブが移籍金で合意する必要がある。

 1月初めに練習参加したときは左足首のけがが懸念され、いったん帰国した。攻撃の配球役を探しているボーフム側が、復調の見通しが立つと判断して交渉が進展した。現在沖縄で自主トレ中の伸二は、クラブ間の合意を待って渡独する準備をしている。

 06年に大いに期待されての浦和復帰でしたが、怪我に悩まされ続け本来のプレーは出来なかった。06年に、C大阪・鹿島戦あたりの出来を見ると、W杯に参加してそのまま、また欧州へ移籍してしまうのかな、と思っていましたが、W杯でも思うような活躍が出来ず、その後は怪我の連続で不本意はシーズンを送った。オジェックに変わってからは、起用法をめぐりオジェックと争ってしまった。まことに、浦和に復帰してきた2年間というものは伸二にとっては、本当に不本意はシーズンだったと思います。

 移籍金は浦和が国内の規定通りに要求すれば5億円を超えそうとのことですが、やはり今の伸二に1.8億円の年俸を払うのは、今の浦和でも厳しいということですね。マーケット・バリューがありそてに照らせば、明らかに伸二の年俸は高いですものね。トップ下が出来る長谷部もぬけ、伸二もいなくなってしまうのは痛いが、でも、昨季の後半は怪我とはいえベンチに入らず、オジェックとの確執、チームがそれほどの慰留をしないところを見ると、今期の構想に入ってどうか怪しいところ。

 非常に残念は別れですが、環境を変えてプレーすることは、伸二にとってもいいことではないでしょうか。怪我さえ完治すれば、まだまだ充分に日本を代表するプレイヤーだと思いますので、この移籍が伸二のとっても良い移籍であることを望みます。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

KICK OFF 2008

 KICK OFF 2008の詳細がオフィシャルに発表になりました。

13:30 レッズレディース新体制発表

14:00 新加入選手公開記者会見

14:45 新加入選手ミニトークショー

15:20 REDS TALK

16:00 終了

以上の予定のようです。予定を見ると、新加入選手の挨拶が中心のようですね。えーと、これですと背番号の発表はレッズ。フェスタまで持ち越し?となると、新しいレプリカは、まだ注文できないということですか。

 レッズ・フェスタは開幕に1週間前の日曜日に開催のようですが、こんな直前で大丈夫ですか。まあ、代表選手との絡みで、日程的にここしか取れなかった。ちょっと、選手にとっては辛いですね。これで、いつものゲームとかやるの?

 人気が上がってくると、しょうがないかもしれないが、だんだん選手との距離は遠くなってしまいますね。かつて、駒場でやったころころは、前日の大雪で選手が出店とかをやっていたのを記憶しています。気軽に選手と触れ合えたが、こうはもう行きませんね。

あと、サポーターズバックって気なったのですが。バックなのに何ゆえ、S,M,Lとサイズがあるの?ひょっとして、以前レッドボルデージで売っていた福袋のようなもの?だとしたら徹夜組が続出?

【2008サポーターズパック・SALE商品の販売ついて】
<サポーターズパック> ※数に限りがございます
◆サイズ:S・M・L・XL(レディースMサイズのみ)
◆価格:10,000円(税込み)
*一人でも多くの方にご購入頂けますよう、サイズを問わずお一人様1点までのご購入とさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

岡田ジャパン

 岡田ジャパンの強化合宿が終了した。26日のチリ戦、30日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦をへて、2月6日のW杯アジア3次予選初戦のタイ戦となる。
 初選出組では、田代・安田らは外れ、岩政・内田は残った。でも、田代は巻・矢野より上のような気がする。岩政は闘莉王が怪我の為の選出かと思うが、序列としては中澤・闘莉王の次になったか。しかし、闘莉王はまた怪我だそうで、代表とは本当に縁が薄いな。
高原の評判もあまりよろしくない。
 先日の練習試合でも、高原の元にボールが来ない。エースなのに信頼されていないのは明白。FWはボールが来なければ、シュートさえ打てない仕事だが、まさに高原はチームから総スカン寸前だ。それというのも、今回の合宿は、高原に振りまわされっぱなし。20日、岡田監督から「高原以外のコンディションはいい」と名指しで調整遅れを指摘されると、翌21日には焦って自主トレーニングで2時間のハードワーク。それがたたって翌22日、午前の練習中に痛みを訴え、午後の練習を回避して指宿市内の病院に直行した。精密検査の結果は異常なし。それに安心したのか、この日の練習試合には、「自分の試合勘を取り戻すため」と出場を直訴した。これではマッチポンプといわれても仕方がない。
FW陣のサバイバルは最激戦区。調子がいまいち上がらないがうえの行動なんでしょうが、そんなに焦らなくていい。高原は実績はナンバーワン、今のシーズン開幕前に必死になるのは、当落線上の選手、J開幕までに間に合わせてくれれば十分です。

J チームが続々とキャンプインするが、浦和は2月11日からグアムキャンプがスタート。札幌なんか、21日からスタートで少しばかり始動が遅いのが気になります。G大阪は、グアムの後わいはーで合宿かよ。うらやましいぜー!宮崎でキャンプをはるチームは7チームで最多。これも東国原効果?
今日は、Jの前期日程が正式発表される予定。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年1月23日 (水)

今シーズンの目標

 今季の目標が、昨日クラブから発表になった。テーマは「強くて魅力あるサッカー」「前進」だそうです。キャッチコピーは「GO FORWARD HAND IN HAND」で、日本だけでなく、アジアそして世界での挑戦を見据え、ファン・サポーターの皆様、ホームタウンの皆様と手を取り合って、前を向き力強く進む決意を表したものだそうです。
 そういえば、昨期はクラブとしての目標、そして結果に関する総括も、公の場所で論じられることもなかったような気がします。目標は、リーグ2連覇とACLの予選リーグの突破で、リーグ戦は残念だったが、ACLを優勝したからいいじゃん、てこんな感じ?犬飼前社長からも、この点は指摘されていた。
 2008シーズンの目標はアジア連覇と、国内での闘いを通じて、浦和レッズの地位をより確かなものにすることです。優秀な選手たちに、国際経験を持つ新加入の選手を加えて、この目標に到達することに全力を傾けます。
 ということのようですが、ACLの連覇は分かるが後半のくだりはいまいち分かりにくい。この点は直接オジェックの口から話させるのかな。
 また前期の反省にたち、ホームでの戦いはよりアグレッシブに、とりわけ攻撃面に関しては、より速く、そして創造力あふれるものにします、と述べています。その意気込みは選手補強を見ても十分に感じられます。また、戦術なり選手起用はオジェックの口から直接聞きたい。
 また、育成とサッカークラブとして世界基準を備えたインフラ整備を訴え、バイエルン・ミュンヘンとの提携強化で結んでいます。チームとしての、コンセプトがはっきりした点、クラブとしてもやはり去年の攻撃に関しては問題意識を持っていたようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

NFLスーパボウルへの道

 NFCチャンピオンシップのグリーンベイ vs NYジャイアンツを見ました。いい試合でしたね。試合が行われたウィンシコン州グリーンベイの気温は、-24℃、こんな厳しい条件の中で試合をするのは異常ですね。

 でも、やはり強いチームが勝つ。NYジャイアンツは、入れるべきFGを外したが、オーバータイムで、47ヤードのこれまで決めたことの無い最長のFGを決めて勝った。

 ファーブには、スーパーボウルに入って欲しかったが、オーバータイムでのインターセプトは余りに痛すぎ。

 試合終了後、イーライを称えるファーブが印象的でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チキン!

 大宮が今期の浦和とのホームの試合をナック・スタで行うことにしたらしい。

 ええ加減にせ~よ。お金より地の利?はあ??埼スタを使った場合、33000名くらいの入場者ですと、おそらく赤字なのですか。ナックスタはせっかくネーミングライトも購入してもらい、埼スタ使うより経費が掛からないのでしょう?それならそうと、はっきり言えばいいのにね。はたまた、ゲッターのためのナック・スタ開催かい。でも、こんな運営していたらサポはついてこないし、他サポからは馬鹿にされるよ。そうか、基本的に大宮の場合、親会社におんぶに抱っこだから、入場収入なんて意味を持たないのですね。

 でもたぶん、ナック・スタにしてもホームジャックされるのでは?それと、大挙して押しかける浦和サポのコントロールは出来るのか。恥を晒さないためにも、埼スタが良かったのではないの?

 浦和戦のチケットの販売方法はどうするの?なめないほうがいいよ。地の利なんて、おそらく働かない思うし、よほど考えてチケット販売しないと、だめだな。この1戦のためにシーチケを買うと猛者もいるのでは?私的にも、ナクスタの対戦は、おそらく最初で最後だと思うので気合を入れて入手には当りたいと思います。(栗鼠戦自体来年以降はしばらく見れなくなると思うので・・・・・・そうだよ、早くJ2に行ってくれ!しばらくはJ2のままでいいから!!本当に目障り。)

 それと、新しいチームバスを5000万円の大枚をはたいて新装したらしいが、どうなんですかね。まあ、今シーズンの目玉になるはずだった巻にも逃げられ、今シーズンの先行きも非常に明るいようですね。一応、同じさいたま市ですので、敬意は他チームよりは払っていますし、リスペクトしていますよ。せいぜい、頑張ってね!!

 しかし、困った奴らだな。

オレンジ色したチキンな奴ら、ホーム・タウンの変更を考えたら、といってもいまさらナックスタのホーム変更は出来ないか。でも、埼スタの南側が不浄にもオレンジ色になっているのだよね。この際、赤くしましょう。

|

2008年1月21日 (月)

長谷部移籍

 昨日の天気予報では、雪の予報で2年振りの積雪も予想もされていたが、どうやら天気予報はハズレでしたね。吐く息も白くならず、そんなに寒くもない?
 長谷部のウォルフブルグての移籍会見が開かれたようです。10年までの契約で、背番号は13に決まったようです。背番号13は、かつては「原爆機」といわれたゲルト・ミューラーがつけ、最近では新皇帝のバラックがつけており、ドイツでは意味のある番号です。
長谷部に寄せられる期待の大きさの裏返しかと思います。早ければ、今月末のドイツ杯から出場の予定だそうで、活躍を期待します。
 今週末は、キックオフ2008やら代表チリ戦で、そろそろ開幕戦に向けて始動が始まります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

水草水槽

最近の水草水槽の様子です

P1030339 P1030340

リシアは盛んに気泡を出しており、これが水草水槽の醍醐味です。よろしかったら、写真をクリックして見てください。実は、11月末に巻きなおしをしましたが、もうバッコン寸前です。石で、バッコンを押さえているのがお分かり頂けるかと思います。来週は巻き直しをします。

ボルビティスも、盛んに気泡を出しており、また深緑の新芽も出てきており、非常にいい感じですね。実は、ボルビティスは成長が遅いため、トリミングの世話が余りいらないので、水槽の調子がいい時は、本当に扱いやすい水草です。しかし、水槽の調子を崩すと、黒髭君に覆われてしまし、手のつけようが無くなる。

この時期は、水温も上がらず水槽を管理するには絶好の季節=水草が一番綺麗に見える季節です。これが、気候が良くなると同時に水槽の水温が上がりだすと、バランスが崩れ手のつけようがなくなる。水温が上がるにつれてCO2の添加量を増やすといいの?その辺のコツがまだ掴みきれていない。

P1030341

P1030342

次は、ミクロ君です。ウェンディーロブとナローリーフです。両方とも、気泡を出して、本当にいい感じです。ウェンディー君も、成長は遅いので、この季節は本当に綺麗になる、8月に丸坊主にしてようやくここまで回復しました。少し密集しすぎですから、トリミングが必要ですね。

ナロー君もいい感じですね。新芽が出来きており、こちらもいい感じ!しかし、こっちも密集しすぎで、そろそろ株分けも必要か。来週は少し、時間を費やして手入れをしましょうか。

しかし、良く考えると、物ばっかで、底床に直接植え込んでいるのは、ブリクサと光景のCypバランサエだけ、残りは成長の遅いものの巻物ばっかりです。ボルビ×3、ウェンディー×2、ナロー×1、リシア沢山、石付アヌビアス(小)×3こんな感じです。でも、ボルビとミクロではショップ価格では、3~5000円くらいに立派に育っていると思いますので、20000円くらいの価値はありますか。(笑)

P1030343 .

.

.

.

.

最後は、私のアクア・ライフをともにしているステルバイ君です。立派に育っています。もう一匹いたのですが、去年昇天されました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

阪神大震災から13年

 阪神大震災から、はや13年過ぎました。なぜか、私も神戸には何の縁もゆかりも無かったのですが、リーマンの悲しいサガ。転勤を命じられ、神戸勤務しているさなか地震に遭遇してしまいました。 神戸勤務の間は、まったくといっていいほどJには興味はありませんでした。

 さて、95年1月17日は、3連休明けだったと思います。前々日は、のんびりと吉川カントリーでゴルフをしていました。帰りの中国自動車道で夕焼けの色が、おかしいとかそんな会話をしていました。しかし、あんな地震が襲ってくるとは、思いもよりませんでした。

 17日の午前5時46分に地震はやってきました。当時、私は兵庫県伊丹市の社宅に住んでいました。地震が起こった時は、当然寝ていましたが、気がついたのは音でした。ものすごい地鳴りがおそってきて、その後物凄い揺れに襲われました。

 伊丹の社宅でしたので、最初は飛行機が墜落したのかなと思いました。その後は、何がなにか全くわからなくなりました。揺れがおさまって、一段落したところで、これは地震だったのだなときずきました。

 しかし、しがないリーマンとしては、会社のことが心配でした。テレビを見ると、神戸市内は火事で大変なことになっておるようです。当然電車等の公共機関は止まっていたので、自家用車で神戸を目指しました。まずは、伊丹から南下して湾岸沿いのR43号を目指しました。R43号で武庫川をわたりましたが、R43号は通行不能になり、また北へ下りR2号をめざす。R43号を通行できなくなったのは当然ですよね、だって、そう上を高架で走っている阪神高速が倒壊してしまったから。後で現場を見ましたが、不謹慎ですが笑いしか起きませんでした。だって、だれが高速道路が倒壊することなど、想像できましたか?

 R2号も西宮を過ぎると、夙川あたりで動かなくなってしまい、一路さらに北へ。六麓荘あたりをとおり(六甲山の麓あたりは岩盤がしっかりしているようで、被害はあまり無かったようです)、なんとか元町のオフィスの到着したのは、3時ごろ。当然オフィスに到着してもやることは、何もなし。当日は、これにて解散。

 それからが、地獄でした。神戸かた大阪方面へ移動できる道路はR2号だけで、そこに神戸を脱出する車が集中。翌日の朝になっても、芦屋川あたり。ガソリンを無くなってきてしまし、どうしよもなく中央分離帯の芝生地帯に車を乗り捨てることに。

 阪急が、西宮北口まで運転を再開したとのことで、約8キロくらい、あるって2時間くらいの距離を移動する。伊丹の社宅にたどりついたのは、翌日の午後5時でした。

 その教訓として、あのくらいの大地震が起こったら、会社に行くなんてことを考えたら駄目。まずは、家族の安全を確保して、次は地域の方々の安全の確保です。無理して、会社にいっても何もすることはありません。無理して、出勤して2次災害に遭遇する可能性もあります。絶対に無理はしてはいけません。

 また家族とも、災害が起こった時の対応について決めておく必要はありますね。当時は、携帯の出始めで固定電話も通じないが携帯は通じたという事象はおこった。携帯は、比較的楽に連絡とれた記憶がおります。しかし、現在ではそうもいかんでしょう、正月のハッピーニューイヤーで通じなくなってしまうくらいだから。

 とにかく、1社会人として、何をなさなくてはならないか。これを行動の基準にしておくべきです。会社にいくより、地域で災害にあい、救出を求めている人がいたら、まずは救出を最優先するべきです。それと、家族は一番大事にするべきです。あのような大災害が起こったら、絶対に会社なんかに出勤したらダメです。2次災害にあう危険もあるわけですから。実家の母親とは12時間近く連絡がとれず、その時のことは今でも責められます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

インサイダー取引

 NHK職員3人が、インサイダー取引をした疑いで証券取引等監視委員会の調査を受けたと発表した。3人は昨年3月、牛丼のゼンショーが回転寿司のカッパ・クリエイトをグループ化するという情報を、公開前に職員専用の情報端末で閲覧し、カッパ・クリエイトの株式を1〜3単位購入し、翌日売却して、10〜40万円の利益を得たと言うもの。
 ちょっと小遣い稼ぎの為にやってしまった行為なのかも知れないが、これは紛れもない犯罪行為です。まして、NHKと言う準公務員で放送に携わると言う、極めて公共性の高い職にあるなら、通常より相当高い倫理観を持って仕事につくべきです。コンプラなんて、最近良くいわれますが、そんな安っぽいものではなく、職業倫理観の問題だと思います。公共性に高い職にあるなら「李下に冠を正さず」です。
 NHKでは、こういうインサイダー情報が情報端末を通じて報道番組に携わる5000人の職員が閲覧出来るらしい。そして、今回の3人も職員は互いに面識もなく、職場も別々ということ。今回の一件は氷山の一角ではないか言うこと。他の件も含め徹底的に調査して欲しい。しかし、NHKの経営改革が叫ばれいるなか、就業時間中にインサイダー情報を利用して、小遣い稼ぎのために株取引をする。全くもって信じられないし、考え方が余りにさもしい!

 でも、この記事を読む限り、NHKって相当楽な職場?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

来期のホーム開幕戦決定

 来期のホーム開幕戦の日程が決定しました。

浦和は、開幕戦は3月8日(土)にアウエーの横国で横浜FMとの対戦となります。また、ホーム開幕戦は3月15日(土)に埼スタで名古屋との対戦となる。

 横浜とのアウエー開幕戦は、J1復帰後、これで3回目となります。02年の開幕戦は、新横浜駅に集合して横国まで、行進したことを思い出します。道中の、川原で「贈る言葉」を合唱したのには笑いました。その年は、ウィルの1発にやられたし、04年も松田が退場したにも関わらず負けてしまった。開幕横国の勝利はありませんので、今年こそは勝って勢いをつけましょう。

 残りの日程の正式発表は、24日のようですが、某巨大掲示版によると、浦和の日程は、、4~5節は東海アウエーの連チャンで、清水・磐田戦、GWは京都・神戸のアウエーとなる。後期は、30,31,33節がアウエーで新潟・札幌・G大阪となる。結構、見所あるというか、楽しみは日程になりそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 千葉の主力選手が相次いで移籍している。オシムのじいちゃんが築いた礎が揺らいでいます。背景には、オシム色をうすめている、経営陣に対する不信があるようです。

01年 酒井(名古屋)、山口(G大阪)
02年 佐藤寿(C大阪)
05年 村井・茶野(磐田)
07年 阿部(浦和)
08年 羽生(瓦斯)、水本(G大阪)、水野(セルティック)、山岸(川崎)、佐藤勇(京都?)

とまあ、あげればこれだけの選手が移籍してしまっている。育成した選手を放出して移籍金を稼ぐのも一つの戦略ですが、これだけの選手が揃えばいいチームが作れる。J1でも、結構いい成績を残すのでは。

 J2に落ちそうで落ちないチームでありましたが、今回ばかりは本当にやばそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

金子・杉山の意見について

 浦議をはじめとして、いろいろなとこで意見が出ているようで何も今頃という感じで申し訳ないのですが、彼らが標準としているのが、欧州のようですが、欧州が一番なのですか?欧州が世界基準なのですか?

 浦和には、浦和スタイルがあるべきだと思うし、彼らのように欧州が世界基準という感覚であるなら、浦和のスタイルを批判して欲しくないな!

 かつて、浦和がJ2に降格したとき、村上龍は「欧州の基準ならば、J2に降格が決まってWE ARE REDSは無い」とニュース・ステーションの中で発言したのを記憶している。当時、村上龍はヒデの太鼓もちと化して、ヒデを世羽とかいう主人公にみたて、天使のなんとかという、読むに耐えない本を出版しましたね。私は、村上龍の小説は好きでした、デビュー作の「限りなく透明に近いブルー」、「テニス・ボーイの憂鬱」、なんといっても傑作は「愛と幻想のファシズム」でした。しかし、それ以降、テニス・F1・スキーときて、とうとうサッカーにきて、ヒデに取り入るのもお上手でした。サッカーを題材にフィジカル・インセントシティーでしたっけ、そんなものを書くようになって堕落しましたね。(その後、JMMを発刊し、持ち直してはいますが)

 村上龍が発言したのを、思い起こしました。彼は、映像を見ての発言でしたよね、少なくても、ファイナル5を全て見ていたら、あのような発言はしない。大将のVゴールが決まって、J2落ちが決定し、サポに申し訳程度に挨拶して、ロッカールームに引き込んでしまった。選手達にして見れば、針のむしろだし、恒例の最終戦の場内一周などやりたくない。

 駒場には、「これで終わりかよ!」という怒声が鳴り響いた。しかし、ツッチーの「サポが待っている、もう一度グラウンドに行こう」選手達は辛かったろうが、場内一周となった。もし、出てこなかったら暴動になっていたでしょう。あれで、選手もサポも救われた。浦和のサポは水に落ちた犬を助けた。選手も、サポも同じレベルなんだ、同じ仲間なんだ、それでWe Are Redsが巻き起こったと思います。

 今回の、空気を読んで応援をしろ、同じ応援をダラダラやるな?ロング・コールのことを批判しているの?確かに、私もロング・コールは好きではない。それは、継続するのに体力が必要で非常にきついからです。でも、なんでやるのと問われれば、ロング・コールが出るのは思うに選手にとっても、胸つき八町で非常に厳しいとき。選手と同じレベルでもって、サポもコールしたいから、選手もきつい時に、サポもきついロング・コールで応援する、と私はロング・コールの意味を思っている。それを、欧州スタイルが絶対みたいな感じで批判するのは全く持って的はずれだと思うし、なにも欧州スタイルを浦和に持ち込む必要もない。浦和は浦和のスタイルでもって応援すれば良いだけのこと!

 確かに、浦和の応援は世界に誇れる素晴らしいものである、というような風潮でもってマスコミに取り上げられていましたので、このような記事が出てくるのは、ある意味健全とは思いますし、出る杭を叩こうとするのが出てくることも止むを得ないことだと思います。あのよう記事をかかれた方々につきましては、かなりの意見がでていると思いますので、是非ともまた意見を述べてください。そこから、欧州スタイルと浦和スタイルで何か新しいものが出てくれば、これまた面白いことだと思いますので・・・・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

長谷部移籍&大将コーチ就任

 長谷部の移籍が決定したらしい。移籍先はブンデスリーグのウォルフスブルグ。ウォルフスブルグは18チーム中11位につけている。
 当初、長谷部はセリエAのシエナに移籍先に上がっていたが、どうもこのチーム、長谷部よりも一緒に付いてくるジャパン・マネーが欲しがったようなふしがありました。ウォルフスブルグは、長谷部の実力を評価し、即出場を示唆するなど、条件面でも良かったのが決め手になったようです。04年にJのベスト・イレブンを取ったものの、05年から浦和が守備重視になってから輝きを少しずつ失い気味で、故障もあったが、一時の爆発的なドリブル突破も影を潜めてしまった。代表では、同じのタイプの中村憲にレギュラーを奪われた。この移籍をキッカケに、さらなるステップアップを期待します。

 また、浦和は大将のコーチ就任を発表した。どうやら、トップ・チームのコーチに就任するようです。大将にとっては、初めてのコーチ就任で、ユース・サテで経験を積んでからと思っていましたので、少し意外な気がしました。
 去年は、オジェックと選手間の意志疎通が上手く行かず、オジェックに対する不満は、問題が表面化した以外にも結構合ったと思います。監督と選手のパイプ役、岡野もベンチに居ながらこの役をこなしてきましたが、やはり補強が大型化すれば、岡野だけで抑えきれなくなってしまう。このへんの役割が大将に求められてくると思います。
 また、大将にはコーチとして監督を補佐することはもちろんだが、監督就任を打診されても対応出来るだけの経験を積んで欲しい。なんと言っても大将は浦和の宝なんだから、監督就任を望んでいるサポーターは数多い。それと、「負けないよ!」は勘弁して下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

サッカー高校選手権

 サッカーの高校選手権は流通経済大柏が、藤枝東に4−0で快勝し、初優勝を果たした。
 赤のユニフォームに前ロゴが黄色で、浦和のACLユニフォームを思い起こさせる。相手がサッカー王国の古豪復活の藤枝東で、藤枝東も山田・赤星の出身高校で、両チームとも浦和に親近感のあるチーム同志の対戦でしたね。
 しかし、結果は流通経済大柏の圧勝でした。ワンタッチのバス交換、高い位置からのプレス。ボールを奪えば、FWが作ったスペースに2列目から攻め込んでくる。エースの大前は、全ての得点に絡んだ。得点の匂いを感じて、ポジションを取る。ストライカーに必要な資質を備えていました。清水に入団するようだが、持って生まれた才能は楽しみです。ただし、小柄なのが難点か。
 藤枝は、流通経済大柏の速く高い位置からのプレスに、中盤のボール支配を完全に封じられた。流通経済大柏の寄せが早いため、なんとか前を向いても、サイド・前線とも生きたボールは供給出来ずに、逆にボールを奪われ逆襲を許した。本当に、流通経済大柏の貫禄勝ちでした。監督のコメントも、その自信に裏打ちされたものでした。
 最近の15回の大会で千葉県代表の優勝は5回目、隆盛する千葉県勢の力強さを示した。また、藤枝は34年振り、静岡代表としても12年振りの晴れ舞台でしたが思わぬ大敗。さて、埼玉県勢はどのくらい栄光の舞台から遠ざかっている?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

Do It Your Self!

 何気に忙しい一日でした。まずは、朝からHONDAのディーラーに、新春特別価格¥2000での、オイル交換へ行く。今日が最終日でしたので、午前中にもかかわらず結構混んでいました。それと、冷却水の交換も3年していないので、冷却水を買いにホームセンターまで、2㍑480円×2の一番安いものを買ってきました。今日は、ちょっとかったるいし、寒いかったので、交換はまた別の日に行います。

 午後からは、ヤマダ電機に行く。実は、PCが4年目に突入して、今年の年末くらいには買い替えをしたいのですが、ちょっと偵察へ。今年の春モデルが店頭に出てました。今のPCはCPUはセレロンで、メモリーが256Mしかないのが致命的。全然、処理スピードが遅い、エクセル立ち上げるにも時間かかるし、エクセルと画像処理ソフトを同時に立ち上げると、フリーズ気味になってしまう。春モデルですと、C2Dの2Gのノートが165000円で10000ポイント還元でさらに値引きしますよ、とのことで大きくぐらっときましたしたが、ここはじっと我慢の子でした。

 新しいPC購入するのもいいが、HDD交換とメモリー増設し、もう少し使い続けるのもいいかななんて思って見てみると、120Gの引越しソフトが着いたものが16800円で、メモリーは512Mが5980円でした。ネットで購入すると、もう少し安くなると思いますので、20000円あれば、いまのPCも少しはパワーアップできますかね。前2台のPCも、HDDがクラッシュして泣く泣く買い替えでしたが、今回はもう少し頑張ってみましょうか。HDD交換に必要なHDDケースを500円で売っていましたので、買ってきました。HDDケースを使うのと、外付けHDDで交換するのはどっちがいいのですかね?少し、情報を集めて実際に自分でやってみよう!

 レテール物だと、バッファローかアイオーデータになるが、引越しソフトがバッファローがAcronis、アイオーデータがHD革命が附属してきますが、どっちがいいのですかね?確か、昔外付けHDD買った時に、引越しソフトの体験版がついていたような気がするが、これでもいいのか?バルク物だと7~8000円でHDDが買える。

 また、レグザ用のネットワークHDDの500Gが22800円で売っており、これにも少しこころ動かされました。基本的に、私はDVDに焼いて保存するということは、面倒くさくて出来ませんし、今のコピーワンスのDVDならなおさらです。

 そうそう、金子*二宮の対談が浦議あたりで話題になっていますが、金子に対しては開いた口が塞がりませんので、コメントは差し控えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

代表W杯予選タイ戦のチケット購入

 浦和戦が見られるまで、サッカーが見れなくなるのも寂しいので、日本代表の試合が、1月末から3試合あるので、家族で見に行こうということになりました。でも、この時期なのにすべてナイターなんですよね。寒いので私的には、余り気乗りがしませんでしたが、ファミリー席なら4人で4000円だからということで観戦することに。

 親善試合2試合が国立で、W杯予選タイ戦が埼スタということで、どれにするかということでしたが、まあ真剣勝負を見に行こうというこで、2月6日の埼スタの試合に決めていました。

 その試合のチケット発売日が昨日でした。雨が降っているし、PCで取れるかどうか不安でしたが、10時に予約操作すると、ファミリー席があっさりと、いとも簡単に取れました。代表戦の人気は落ちているのですね。ファミリー席も、そのコストポフォーマンスの良さゆえに人気があるはずなのですが、当日がウイークデイということもあるのでしょうね。やはり、これからは「クラブの時代」ということなのでしょうか。

 昨日、チケットを取る中でローソンがぴあみたいに、システム利用料210円と発券手数料105円を取るようになりましたね。今まで、ローソンはエル・アンコールのカード会員になっておけば、カードの年間手数料1575円払っておけばよかったが、今年からはそ以外にも手数料を搾取するようになる。今回の、ファミリー席は4枚組なので、1260円も余計に手数料がかかることに。

 ぴあに比較すると、会員の事前サービスの数でも、明らかに劣る。01年より会員となるが、恩恵にあずかったと思ったものは、02、03年のナビの決勝戦だけ。また、どのチケットが事前サービスでやるか告知のしかたも悪く、HPを良く見てないとダメ。手数料の引き落としは秋だったような気がするので、それまで様子をみますが、サービスの向上が見られないようでしたら解約します。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

高原正式移籍決定&新ユニフォーム

 日本代表FW高原直泰(28)が11日、浦和と正式に3年契約を結び、埼玉スタジアムで加入会見を行った。背番号は『7』に決定し、ユニホーム姿も披露した。

 ようやく、正式発表となりました。しかし、本当に高原が浦和にくるとは信じられなかった。クラブも、そう思っていたことは昨日の中村GMの会見からもわかりますね。しかし、高原の気持ちが伝わってきてからの動きはGOODでしたね。

高原は、「浦和での環境は自分のステップアップにつながる。日本代表のために戻ってきたのではない、もちろん延長線上に代表のことはあると思います。でも、いつも言ってますけどクラブあっての代表だと思うし、クラブでいかに力を発揮して結果を出すのかが、すべて上につながっていくと思いますので、そういった意味では浦和でプレーできるということは自分にとっては良いことなんじゃないかと、自分で判断して移籍の話を進めてもらいました。」

 背番号は空いている、5・7・25・26の中から何となく7を選択したとのこと。高原が愛着のある19はウッチーがつけているし、32あたりかと思っていましたが、少し以外な感じがしました。

高原選手の会見内容

中村GMの会見内容

 浦和は、高原加入会見に合わせて08年の新ユニホームを発表しました。背番号7を付けた高原がモデルとなってお披露目された。デザイン、色に大きな変化はないが、サポーターの声援と期待を背負って戦うという意味を込めて、背番号の上下に縦のラインが入った。左胸には04年の第2S優勝と06年のリーグ優勝を示す星の間に、昨年のACL優勝を表す大きな3つ目の星が加えられた。

200801118617451n1_2

080112st20080112051_mde00124g0801_2
080112st20080112053_mde00256g080111

.

.

.

.

.

.

.

.

デザイン的には咋シーズンのシンプル・デザインを継承。襟口がゆったりと、黒になったのと、正面の背番号が真ん中になった。袖口のヤタガラスは鹿の方へ行ってしまったため、Jのワッペンとなる。背面には、黒白の縦ラインが入り、マンU型となる。ナイキはマンUの型を流用してくる?ワッペンの☆は3個で、真ん中はACL優勝で大きくなる。何か、私的には襟くちのところのデザインは微妙に思います。ですが、今シーズンの戦闘服なので買います。さてと、どこで買いますか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

うどん好き!

今日は食い物ネタで。

  去年の秋に、飯能にある「古久屋」といううどん屋に出会った。ここの、お勧めは肉汁もりのつけ熱麺。今までの私の常識だと、もりは冷たい汁で、水でさらした冷たい麺を頂くものと思っていた。これだと確かに麺自体の旨さを味わうにはいいのかもしれないが、飽きがくるし、つけ汁の旨さを味わうには適しているとは言い難い。
 古久屋の肉汁つけ熱麺は、麺のコシがしっかりしているから、熱い麺でもノビた感じはない。つけ汁もしっかりと煮込んだ豚バラ肉、椎茸、ネギが入っており、これだけで十分におかずになる。これにきざみネギと七味唐辛子をかけて食べる。うまい、あっという間に完食です。最後につけ汁を茹で汁で割って飲む。まさに至福の一時です。これで630円は安い!
 また、日高に「だるまや」といううどん屋がある。ここは最近改築したようで、小綺麗な店構えです。ここの肉汁つけ熱麺も、結構行ける。しかし、古久屋に比べると麺の含水量がやや多く、つけ熱だと麺が少しのび気味、つけ汁に天かすが混じっているが、これがつけ汁の旨みを吸い取ってしまっているところが、ちと残念。だが、レベル以上のおいしいお店です。
 川越笠幡の「大助」もいけます。前の2店に比べると無骨で、量も多いのでガテン系ですかね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

高原帰国

 高原が昨日、日本へ帰国した。6シーズンぶりの国内復帰だが、「どのチームでも勝つために全力でプレーしてきた。それはチームが変わっても同じ。」と抱負を語った。
 メディカル・チェックの後に正式契約を行う運びですが、「契約書にサインするまでは何があるか分からない。日本代表にも強い思いがある。良い体調を維持して、まずは自分が代表に残れるように結果を出したい」と前向きに語ったようです。
高原、期待していますよ!まずは、浦和で結果を出すように!!

 水野は、どうやら英国から労働許可証がおりるようですね。日本代表で一定の試合数に出場することが求められるが、セルティックは特例で認められた。これで、水野の移籍は決定的になる。しかし、千葉は水野以外にも、巻・水本らも移籍を考えているらしい。余所のチームながら、ここまで一気に選手層が薄くなってしまって大丈夫でしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

移籍情報③

 今日は浦和に全く関係ない移籍情報について。
水野は、中村俊輔が所属するスコットランド・リーグのセルティックが、移籍を目指しているという情報が流れている。
 水野と言えば、一時は浦和への移籍が噂されたが、結局浦和は高原を筆頭にした大型補強の前にいつの間にか話は立ち消えになってしまった。
 何でも、両クラブ間では移籍について合意に達し、今日にも労働許可証が発行される見通しだという。水野の代理人も「ビザの問題が残っている」と、労働許可証が取得出来れば移籍が決まることを認めた。
 英国では労働許可証を得るには日本代表で一定の試合に出場していることが求められる。水野はこの要件を満たしていないが、セルティックは労働許可証取得に自信を示しているという。
 確か、アレックスが02W杯の後にプレミアに移籍を目指しましたが、この規定のため労働許可証が降りませんでしたよね。セルティックは何か秘策でもあるのか?
柳沢が、鹿島から京都に移籍することが決まったらしい。柳沢は、若手の台頭で出場機会が減っており、J1復帰した京都で復活に賭ける。まあ、頑張って下さい。地元にもカッターレ富山でしたっけ!新しいチームが出来てJ加入を目指しているらしいので、近く将来故郷に錦を飾ることを希望します。
 昨日、浦議を見ていたら栗鼠が大原の隣あたりに練習場を作る計画があるらしい。お願いだから、止めて下さい。本当に粘着質ですね。作るなら、産業道路脇の土呂辺りに栗鼠の公園がありますよね、あのあたりは如何で御座いましょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

今季のユニフォームは?

 高原の移籍も決まり、シーチケの代金も振り込み済み(シーチケ保有の方は今週が締め切りですので忘れないように!)、今月中には、今季の前半戦のスケジュールも発表になる。
 ところで、今季のユニフォームはどうなるのですか?全体的なデザインは、マンUのような赤を基調にしたシンプルなものに変わるという噂もありますね。
 確か、明治製菓・DHLなどの大ところのスポンサーとの契約は2年だったと思いますので、大きな変化はないと思われます。胸のザバスがキシリッシュあるいはカールに変わる?キノコの山・タケノコの里は、まさかないだろうな。
 DHLは、去年はメディアに露出される機会も多く笑いが止まらなかっただろう。今季のACLは、予選がないから、万が一ノックアウト・ステージ1回戦で負けてしまったらガックリだろうな。ても、去年でもとは取れている?DHLは、ACL用で、カップ戦は違うのでしたっけ。すまん、うろ覚えで書いてしまった。
 大きな変化がないから、今年はDHLを買おうか。そうだ、袖のワッペンはヤタガラスからJに変わりますね。ACLのチャンピオン・チームのワッペンはないのだろうか?
 いかんね、今日のエントリーはろくに調べもせず、準備不足が丸出し。すいませんm(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

ネタ枯れ②

 今朝の日経に、年金制度改革に関する日経独自の研究会の報告書が載っている。現状では、少子高齢化や保険料未納問題で制度維持は難しくなってきてある。
 日経の報告書の特徴は、基礎年金の財政運営を社会保険料方式から税方式に移行するように求めている点である。基礎年金の給付総額の財源を全て消費税でまかなう、このため税率を5%前後引き上げ、保険料は廃止する。全体での負担は変わらないようにするということのようです。制度の持続性と無年金をなくすのが狙いです。
 未納問題や消えた年金で制度に対する信頼性も低下し、世代間での不公平感も高まり、現在の制度は早晩行き詰まるのは、目に見えていますが、政争の具に使われ、抜本的改革は先送りになっている。
 年金改革を進めると同時に欠かせないのは、生産性の向上や政府・企業部門の効率化を図り、日本経済の成長力を保っていくことが重要です。気がつけば途上国、こんな風にはなって欲しくないが、日本の個人金融資産もキャピタル・フライトしており、危機感を持たねばならない時期に来ているのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

移籍情報②

 高原の移籍もほぼ決定のようで、クラブからの正式発表は、高原との正式契約を終えてからになるようです。クラブも高原に対してはVIP待遇で迎えるようです。契約は、伸二のときと同じで、オープンのかたちで高原にサインをもらうらしい。いずれにせよ、来週にはクラブから正式に発表するようです。

 移籍金が2.4億円。今野なんかに4億円も出すのから比べたらまさに、コスト・パフォーマンスのいい獲得が出来ましたね。まさか、高原が浦和に来るなんて、暗黒時代の浦和からすれば考えられないことですね。

 また、伸二の移籍は厳しいようですね。やはり、移籍は故障をしっかり直してからの話となると思います。これだけ、故障が長引くと伸二でも、つらいものがあります。今回の移籍騒動も自らの体調不良を知らしめいた感があり、非常に伸二にとってはつらい練習参加でした。まずは、焦らずに怪我を完治させて欲しいと思います。

 長谷部は移籍先をシエナとヴォルフスブルクの2つのチームに絞り、今週10日までには結論を出す見込み。ヴォルフスブルクのマガトー監督は「長谷部は即戦力ですぐに使う。」という高評価をだしているようです。

日刊スポーツによると、高原獲得で浦和の大型補強終了とのことだが、外国人枠がまだ1人空いており、ここに大物外国人を獲ってくることもありえますよね。しかし、これは前半の成績みて、夏の時期になりますか。

 ①来期のスタメンを予想しますと、3-5-2がベースになるでしょう。

ーーー高原ーーーエジーーー
ーーーーー梅崎ーーーーーー
ーアレーーーーーーー山田ー
ーーー阿部ーーー啓太ーーー
ーー坪井ー闘莉王ー堀之内ーー
ーーーーー都築ーーーーーー

 ②こんなのもあり?

ーーーーー高原ーーーーーー
ーエジーー梅崎ーーー永井ー
ーーー阿部ーーー啓太ーーー
ーアレー坪井ー闘莉王ー山田ー
ーーーーー都築ーーーーーー

 ③ポンテが復帰してくれば、4-4-2

ーーー高原ーーーエジーーー
ーー梅崎ーーーーーポンテー
ーーー阿部ーーー啓太ーーー
ーアレー坪井ー闘莉王ー山田ー
ーーーーー都築ーーーーーー

これは、いずれも伸二・長谷部を考慮しないでの、フォーメーションで2人がいればさらに、バリエーションは増えてくると思われます。いずれにせよ、勝負強い浦和+見ていて楽しいサッカー、を今期は是非とも希望します。それには、4バックの採用が必要で、ある程度リスクをとった攻めが必要と思われます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

高原フランクフルトと契約解除

 高原の契約解除がフランクルトのサイトに発表されたようです。

 高原直泰選手がアイントラハト・フランクフルトに契約解除を求めた
今日金曜日のアイントラハト。Bruchhagen(会長)および Funkel(監督)は移籍は認めました、28歳の外国人は直ちに有効な日本のJリーグへ変わります。
その中で、彼はどこへ行くでしょう、浦和ダイアモンドのために、今後(浦和レッズや日本代表のために)。高原は、アイントラハトのための38戦のブンデスリーガで12得点しました。アイントラハト・フランクフルトは望みます。彼の幸運および成功のために、彼のその一層の将来。

 あとは、浦和のオヒサルで正式発表を待つのみというこですね。

 小野と長谷部は、情報が錯綜して二転三転しているが、どうやら浦和に残留するような方向ですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

仕事始め

 今年の正月休みは6日あり、かつ浦和の試合もなかったため、久々にゆっくりした正月でした。そのわりに、三が日のアルコールの消費量は、1日平均ビールのロング缶1本と、いつもと変わらず。正月用に買い込んだ焼酎、ワイン、シャンパンには手をつけませんでした。
 うちは家族で初詣に行くと、良くないことが起こるというジンクスにより、家でゆっくり過ごし駅伝三昧でした。 箱根駅伝は壮絶でしたね。総合優勝した駒大、久々の往路を制した早稲田、見ごたえありました。
 しかし、途中棄権が3校も出てしまった。関東の大学生の大会で決して全国大会でない、どうなんでしょう、レベル的にはそんなに高くないと思います。しかし、大会への注目度は高くマスコミにも取り上げられる機会が多いから、ギリギリのところまで戦う、しかも、各校の実力が接近しているなら、焦りが出て無理をしてしまう。また、監督車の導入もどうなのかなという気がします。監督車から「男だろ・・・・・・・・・」みたいな檄が飛んだら、選手だって自分のペース以上で突っ込んでしまいます。
 結局強いチームは己の力を知り、自分の力を本番で出せるチームということ。特に、長距離走は大会に合わせ練習から、本番を見据えてやらなけばならないので、コンディションの調整も、本番で実力を出すには重要な要素になりますね。また、20km以上の長丁場なので、精神論・根性だけでは走りきれない。当日の自分のコンデションに合わせた走りを、監督から言われるまでもなく、自分で判断する力の求められる。
 箱根駅伝は、走る距離が20㎞以上のところを大学生が走るので、フラフラになりながらタスキをつなぐ選手が、見所の一つと、不謹慎にも思っていましたが、今大会を見ていて、その考えは改めます。ただ、実力があり、コンディション調整も万全に行った選手が、力ますに本番で自分の実力を出した者が勝つ。そこは、プラスでも、マイナスでもない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

伸二移籍?

 伸二のまわりに移籍の噂が立ち上ってきた。ブンデス・リーグのボーフムに移籍の噂が流れてきている。

 今年は3年契約の3年目となるが、浦和の移籍する原因となる、足の故障だが、結局浦和に移籍しても、2年は終盤の肝心なところで怪我をしてしまい、本人としても不本意な2年を過ごしたことと思う。 去年は、オジェックと起用法を巡り問題を起こし、また、ポジションのかぶるポンテの活躍ぶりと比較すると、非常に物足りない。

 移籍については、オジェックに一任するような情報もありますね。練習に参加するということは、ボーフムから正式にオファーが来れば移籍するということですか。オジェックとの確執を考えれば、オジェックはOKを出し、ブーフムからオファーが来れば条件面での詰め、つまりクラブ間の話し合いになってしまう?

 もともと伸二も海外志向は持っており、怪我が完治し実力さえ発揮できれば、欧州でも充分に活躍できると思う。フェイエでも、怪我さえ無ければ、プレミアなりセリエAにでも移籍できたと思うのですが・・・・・・・

 来年の前半は、ポンテもいないし、長谷部も海外移籍となると、梅崎は獲得したが一気に選手層は薄くなってしまう。

 このお方も移籍。えー、出身地に出来る新しいチームに移籍するんじゃないの・・・・・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

イチロー特番

 NHKのイチローの特番を見ました。イチローというと、天才気質の孤高の人という印象でしたが、今日の番組を見て随分変わりました。
 イチローは、日米であれだけの成績を残しながら、プレッシャーには弱いと自らも語るほど。軽々と200本のヒットを放っているように見えたが、シーズン終盤に、170本のヒットを放ったころから、プレッシャーがかかりはじめる。心臓が高鳴り、全身から血の気が引き、時には吐き気さえ催すそうだ。結局、プレッシャーが解放されることしか考えず、なんとか200本を打ったのが、ここ数年のパターン。
 今シーズンからは、プレッシャーに向かって行くことを選択する。プレッシャーから逃げようとすると、楽しい野球が楽しくなくなってしまう。イチロー、自らも首位打者を取ることを公言して臨む。
 しかしながら、打率350を残したが、オルドニェスがその上をいってしまい、残念ながら首位打者は逃す。最後の最後まで競ったわけだが、残り2試合で、負けが決まる。負けが決まった後の守備についた時、イチローは泣いていた。
 イチローは言う、自分の生活を犠牲にして、応援してくれるファンがいる。そのファンの声援に応える為には、自分も何かを犠牲にしてファンに応える必要がある。それが、イチローのモチベーションになっているのだろう。
 プレッシャーに自ら立ち向かい、残念ながら結果は出なかった。しかし、イチローの姿はプロ中のプロだと思うと同時に、これだけの実績がありながら、さらに上を目指す姿勢には頭が下がりました。浦和もイチローの姿勢も見習って欲しい。去年のような悔しい思いはしたくない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

A HAPPY NEW YEAR!

 明けましておめでとうございます。また、弊ブログをよろしくお願いします。

お正月といえば、天皇杯の決勝戦ですよね。去年・一昨年と、忙しい正月を過ごしましたが、今年はゆっくりと落ち着いた、穏やかなお正月を過ごすことができました。これも、ひとえに11月にお正月のスケジュールを早々と、決めてくれた浦和にまさに感謝です。

 うぃ~あ~の中には、フライングして今日、正月早々国立で鹿島の応援に行かれた方も多かったと思います。正月から、お疲れ様でございました。

 私も、TVでしっかりと観戦させていただきました。やはり、広島は柏木が累積警告で欠場したのが大きかったですね。佐藤と平繁の2トップとの間が開きすぎでしたね。これでは、佐藤がいくらいいタイミングで裏に出ようとも、パスは出ないですよね。

 鹿島は、内田がサイドからシュートを決めて先制。鹿島のペースだが、決定力なく追加点がなかなか奪えない。広島も、駒野のサイド攻撃から、いいかたちはつかむが、決定的なチャンスはない。

 後半に入ってくると、運動量で勝る広島のペースに。このあたりから、鹿島はいつもの狡猾な戦法で持って、1点を守りきる先方に。広島は、最後は盛田を上げてのパワー・プレー。いや~、これが失敗でしたね。盛田は背が高いが、FWはまったくダメなんですよ。昔のモリッツアを見ているようでした。

 本当に鹿島らしい、素晴らしい勝ち方でしたね。いやいや、本当に素晴らしい。もう本当に2冠に値する素晴らしい勝利でした。鹿島の強さを見せてくれた、本当に素晴らしい勝ち方でした。こんな、サッカーがJを代表する、本当に素晴らしいサッカーでした。最後に、出て来た柳沢も、自らシュートを打たないで、見方にパスする。本当に素晴らしいプレーでした。こんな、素晴らしいチームと今年も戦えると思うと本当に幸せです。

 これで11冠ですか?正月から素晴らしいサッカーを見させてくれた、鹿島には心から感謝いたします。

勝者に敬意を表しつつ、今年も宜しくお願いします。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »